schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年02月20日

ウチの犬と楽しく暮らすために

どんな方にハーブを学んで欲しいか・・・。
書いてはやめ・・・を繰り返していて、なかなかUpできていませんが、ぽつりぽつりと書いていきたいと思います。


20190102.jpg先日、グリーンフラスコの林先生のセミナーに参加してきました。

冒頭に医薬品と食品とサプリメントの話があったのですが、ハーブを勉強してるとね、サプリメントのCMを見て 「あれ?これって、あのハーブでいいやん。」 と思うこと、実は結構あります。
血糖値、血圧、眼精疲労、メンタル、消化器やお肌のお悩み etc・・・
最近よくTVCMで目にする、中高年男性向けの夜中のトイレ対策? なんかも。

日本の法律で、口に入るものは 「医薬品」 か 「食品」 のみです。
「医薬品」 とは、日本薬局方に掲載されているものになります。
医薬品の中には、ハーブの持つ成分を元に作られているものも多いのです。。
つまりハーブは、お薬の元にもなる成分を持つ 「食品」 なのです。
でもね、 「食品」 だから効果効能をうたってはいけないわけです。

そこんところがもどかしいところでもある訳ですが、一方でハーブが「食品」であるおかげで、ワタシたちは町のハーブショップでハーブを買い求め、愛犬のケアや、自分や家族のセルフケアにも役立たせてもらえている訳です。

となると、 「食品」 であることに感謝さえしたくなります。(笑)



愛犬との暮らしが楽しければ楽しいほど、わんこの病気や不調、老いていく姿が不安になります。
小さな不調のうちにケアをすることで、病気を遠ざける事ができる場合もあります。
老いを穏やかにサポートしたり、病気とうまく付き合っていけるようになるかもしれません。
なので、今よりもっと 「うちの犬と楽しく暮らす為に」 ハーブを役立てていただけるといいなぁと思います。
そのための一歩が、犬の植物療法です。



グリーンフラスコの林先生のブログ「統合医療実況中継」に、最近こんな記事がありました。

「意識を向ける先を間違えていないか?」

そして
「ハーブ療法を学びましょう。」


ちなみに、林先生はただのハーブショップのおじさんではなくて、薬剤師です。
ワタシが書くより説得力あるでしょう? (精油の話も、ね)

----------------

2月某日
ぽちがお世話になった、ハーブを知ってる獣医さんにご挨拶に行ってきました。

もう平気かな?と思ったけど、ぽちと通った場所なのでやっぱりちょっと切ない


2013年8月24日のぽち

しかも、時々ちょっと口が悪かったり、たまにちょっとぶっきら棒だったりする笠井先生が優しくて、泣けてしまいました。


昨日(19日)は、ニンゲン的に言うならば、ぽちの四十九日でした。
今も時々、お刺身の切り落としや、チョコレートの入ってないスイーツに目が行きます。
時々ちょっとうるっとしたり、時々ぼんやりしたりはありますが、ワタシは元気です。


スーパームーン前夜(18日)の月

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2019年02月10日

セミナーの日程、内容、再受講についてなど

幸いなことに関東での大雪予報は外れ、このあたりはうっすら車の屋根に残る程度の積雪量。

今朝は青空です。

D4D7B5EE-0AA5-4308-B652-6D77B243FAAC.jpeg

昨日、近所のスーパーに行くと、融雪剤が撒かれていました。

来店するお客さまのため、、、なのですが、この融雪剤が犬にはちょっと危険

2D17440E-6FC6-4107-B169-41AC562E5E64.jpeg
白いのは雪ではなくて融雪剤です。

お散歩の時は、気をつけてくださいませ。


さて

ぽちの和HPにて、各種セミナー
 ・犬の植物療法「愛犬と一緒にハーブはじめませんか?」・「犬への取り入れ方エッセンス編」
 ・JAMHA認定教室「メディカルハーブ検定対応講座」
 ・マルベリー&セリシンセミナー
 ・生活の木町田校での講座
の日程をUpいたしました。

HPに記載した以外にご希望の日、曜日がございましたら、調整可能ですのでお問合せください。

先日ご案内した通り、メディカルハーブ検定対応講座でJAMHA規定の修了証が発行できるのは、3月末日までとなります。
試験は受けるかどうかわからないけど、せっかくならJAMHAの修了証が欲しいかも?という方は、3月末までにご受講ください。
JAMHA認定教室でわんこ同伴可は、多分ぽちの和だけではないかと。(笑)

すごーく吠えて(もしくはわんこが不安で落ち着かないなど)セミナーの進行に支障をきたす場合は、ちょっと困りますが、そうでない場合は、ぽちの和@セミナールームは、わんこ1頭まで同伴可となります。

4月からの「メディカルハーブ検定対応講座」は、もっと犬と飼い主” 寄りの話をを盛り込んでお伝えしようと思っています。


そうそう。
メディカルハーブ検定とハーバルセラピストはどう違うの?
と時々聞かれます。
メディカルハーブ検定は、年2回開催されている試験に合格してJAMHAの会員になれば、「メディカルハーブコーディネーター」の認定がもらえます。
受験資格は、特にありません。
認定教室で学ばなくても、受験料を払えば検定は受けられます。

一方、ハーバルセラピストは、メディカルハーブコーディネーターのさらに上位資格になります。
こちらは、認定教室もしくは、認定校にて「ハーバルセラピスト」養成講座を規定回数以上受講することが受験資格になります。
独学では受験できません。



それからそれから。
犬の植物療法セミナーでは、再受講制度を設けました。
過去にぽちの和の「犬の植物療法」を受講された方で、忘れちゃったかも?ちょっと再確認したいという方は、再受講制度をご利用ください。

当初の、基礎編・実践編の2部構成で受講された方は、その後お伝えしている内容が大幅に増えておりますので、1Stepにつき2000円(レジュメ付き)となります。
現在の形、Step1〜Step4の全4回コースを受講された方は1Stepにつき1000円となります。
ご希望のStepのみの再受講も可能です。

実習をご希望の場合は、実習費を別途頂戴いたします。

セミナー受講者さまの特典も設けておりますので、お問合せください。


2019年から「シニア〜介護期に役立つハーブケア」を開催いたします。
理想を言えば、基本(Step.1 〜Step.4)を知ったうえで「シニア〜介護期」を学んで欲しいと思うのですが、今現在シニアで介護目前です!数カ月通う事はちょっと無理!というケースもあると思うので、ちょっと思案中です。


それから、2019年の『Enjoy Herb!』は、ハーブのブレンドと犬ごはんやオヤツをメインで考えております。

もう少々お時間くださいませ。



寒い日は、トイレに入る度にストームグラスの結晶が育っています。

50DB6F07-1591-41FB-8AA1-6BCBE0C3CDBA.jpeg

そろそろ、トイレから出して居場所を作りましょうかね。

86AF9B59-D981-4F57-8732-1C3EEBBC8279.jpeg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・お知らせ

2019年02月06日

介助ベスト用の生地

現在お選びいただける生地は以下になります。

赤系のお問い合わせをいただいているので、取り急ぎ赤系のみ。

B09FB437-34CD-440A-9A9C-1D0662701968.jpeg



写真左から生地の拡大写真です。

@ チェック(型紙モデルのはなちゃん(ボーダーコリー、15kg)が着用しています)
7AB62BA9-68A8-4AC5-B4FA-557E0375C786.jpeg

665788CA-0A9B-4514-9EFC-1819AE35A0D2.jpeg

A濃いめのピンク(やや紫がかったピンク)
厚手の麻、丈夫な生地です。
A9F3F061-0D5E-435D-941D-9C4FE96B5D55.jpeg

B 濃いめのピンク(Aより赤みがかった明るいピンク)
目が細かくしっかりした生地です。
EAA4EB78-2644-4974-BC11-B8532FABE1A2.jpeg

C タータンチェック
7B7BB742-BFDE-49C0-AB3C-B894BC791DA8.jpeg

D 型紙モデルの小豆ちゃん(柴犬、5kg)が着用しています
化繊なので、裏地をつける冬用向きの生地
C8A867F0-C67D-4766-830A-882BFEAE2536.jpeg

190109_1621d.jpg


お洗濯したら縮んでしまった!
を避けるため、生地は水通しをしてから裁断、縫製しております。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2019年02月05日

介助ベストの販売を開始します

昨日の暖かさから一転。
今日はやけに冷えます。(>_<)
寒暖差が大きいぶん、余計に寒く感じてしまいます。

こんな時っていつも以上に体調を崩しやすいので、飼い主さんもわんこも気を付けてくださいませ。


先日のブログで、
次回から、どんな方に植物療法セミナーをおすすめしたいかを書きます・・・
と予告しておりましたが、その前に、インフルやらあれこれで、延び延びになっていた介助ベストの正式販売についてご案内をさせてください。

vest.jpg

やっぱり気になるのは、介助ベストのお値段だと思います。

実は、結構悩みました。

わんちゃんの大きさによらず、かかる手間は同じでして、1日に1着作るのが精いっぱいです。
時給・・・なんてことを考えちゃうと、やたら高価になってしまいます。
でも本当に、介助や介護が必要なわんちゃんたちに使っていただきたいので、なるべくお手頃価格でお届けしたいと思っての価格設定にしました。

洗い替えに2枚あると便利です。
1枚目を作ってしまえば型紙は同じ物を使えますので、2枚目のご注文をいただいた場合は、少しですが割引をさせていただきます。

価格、ご注文の方法などは下記のページにてご確認ください。
 → 介助ベストの販売について(ぽちの和HP)

ご注文にあたって必要なことを思いつくままに書いておりますが、何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください。

お申込み&お問合せ


頑張るシニア、事故や病気(ヘルニアやDMなど)で日常動作がちょっと不安なわんちゃんたちへ



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・お知らせ

2019年02月02日

「知ってる」だけではもったいないよ

木曜日の夜、うっすら雪が積もった場所もあるようですが、このあたりは雪にはならず、朝起きると道路がちょっとだけ濡れていました。

0C829CC1-B579-460C-B31E-75C160E46736.jpeg
翌朝の月が綺麗でした。



インフル後、咳だけがしつこく残っていましたが、病院で処方された薬がなくなってからは、近所の漢方薬局で漢方薬を6日分処方してもらい、その後はハーブでセルフケアに切り替えています。

多分ね、なかなか抜けない咳に西洋医学的に病名を付けるなら、気管支炎とか気管支ぜんそくだと思います。
一番辛かった時は、息をすると喉の奥でゼコゼコいってたので。


ハーブは薬じゃないけど、薬の元になってる成分を持っています。
でも、ピーク時はやっぱりハーブだけでは力不足な感じがします。
中には医薬品との併用が適さないハーブもありますので、医薬品(白い薬)、漢方薬、ハーブ(緑の薬)、それぞれの特性を活かしながら、体の状態やタイミングをみながら使い分けると良いよねというのがワタシの経験から得た実感です。


のど飴にもいろいろありますが、ピーク時にワタシの咳を止めてくれたのはこれでした。

F4CD7327-A5BD-48A6-BCD7-FCACD5539CC4.jpeg

袋の左側に書いてあるカミツレとは、ジャーマンカモミールの和名です。
飴を舐めて喉が潤うことで止まる咳もありますが、ジャーマンカモミールにはプラスαの働きがあり、それが今回の咳には必要でした。

セルフケアに切り替えてからは、ジャーマンカモミールのハーブティーを濃いめに淹れ、口に含んで口腔内に行き渡らせてゆっくり飲んでいます。

結構コレが良いのです。

これはもう、「セルフケア」というより「セルフキュア」だよねと感じるほどに、、、、。

54AE492B-FA20-4889-B4DA-E05E5996D164.jpeg

それとね。
これまで、インフルとか風邪とか、熱を出したあとにほぼ必ずと言って良いほどになっていたのが口唇ヘルペスなのですが、今回は全くその気配がありません。
過去の経験から、ワタシの中に
W口唇ヘルペスにはカレンデュラW
の図式があって、熱にうなされていた頃からカレンデュラ軟膏を唇に塗っていたので、それが良かったのかも?
(しかもクロモジ精油入りだし)


ハーブは単なる嗜好品ではありません。

知ってる

だけではもったいないのがハーブです。

実践して、経験して、実感してこそ、本当に役に立ちます。

でも、なんでもがむしゃらにハーブで!
というのも違います。

それをお伝えしているのが、ぽちの和の植物療法セミナーです。



現在、ぽちの和では、ハーバルセラピスト対応講座、メディカルハーブ検定対応講座の2つの講座でNPO法人 日本メディカルハーブ協会(JAMHA)認定教室となっています。

6F2D5940-5211-4B00-8918-DD512F6E27FD.jpeg

が、もっと自由に、もっと実践的なハーブを、そして何より「飼い主さんと犬が一緒に使っていけるハーブ」を伝えて行きたいと思うので、3月いっぱいでメディカルハーブ検定の認定教室をやめようと思います。
メディカルハーブ検定は受けるかどうかわからないけど、せっかく勉強するならJAMHA規定の修了証が欲しいかも?という方は、3月中にご受講いただければ、JAMHA規定の修了証をお出しできます。

4月以降は、ハーバルセラピストコースの認定教室のみとなる予定です。
(4月以降は、メディカルハーブ検定対応講座ではJAMHA規定の修了証は出ません。)


ハーバルセラピストコースとメディカルハーブ検定の違いは?
など、もし疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。



次回から、どんな方に植物療法セミナーをおすすめしたいかを、書いていこうと思います。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・お知らせ