schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2018年07月31日

型紙モデル3号さん

介助ベストの型紙モデル3号さん。
12歳のコーギー、ソレイユちゃん(13.5kg)がフィッティングに来てくれました。

ソレイユちゃん自身は、まだまだ介助が必要な段階ではないそうですが、飼い主Aさんは過去に介護の経験があり、介助が大変だった実感があって応募してくださったそうです。

20180731_1.jpg

ベストの型紙を作りながら、「コーギーってこんなに大きかったのか〜」と驚いたくらいに、ソレイユさんはなかなかの恰幅です。
ショータイプのコーギーさんは、大きいんですって。

20180731_2.jpg

ソレイユちゃんの介助ベストは、ベージュの麻の生地に、焦げ茶のバイアスと持ち手と、なかなかお洒落な仕上がりになりました。

生地に厚みもあり、しっかりした麻なので一重です。

20180731_3.jpg

ネームは裾に。

20180731_4.jpg

こちらは完成して即日お持ち帰りいただいたのですが、メッシュタイプがちょっと調整が必要なので、手直しして、ワークショップ祭りにお越しいただく日にお渡しすることになりました。


迷子の「柴さん」の介助ベストも完成しているのですが、首輪を使用していた「柴さん」なので、D管を付けてからお渡ししたいと考えています。

20180731_5.jpg

それが終わったら、いよいよ第二段階にご応募くださったわんちゃんの介助ベストに取り掛かります。

アッくん、メグちゃん、もう少し待っててくださいね〜。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2018年07月30日

悲鳴のその後のその後

ぽちの悲鳴 の その後 のその後です。

7月24日、悲鳴から1週間。
ちょうど鎮痛剤がなくなる最後の日に、Sweet Dog@あゆりんに来てもらいました。

マッサージを学んだとはいえ、ワタシはぽち専任で 平常時のマッサージ しかしていません。
悲鳴をあげるような非常時は、触ることすら躊躇してしまいます。
痛みを訴える時、今現在体の使い方に支障がある場合、どこをどうケアしていけば良いのか?は、きちんと学んだ人から助言を得たいと思い、プライベートセッションを依頼しました。
(彼女はたくさんの学びを経て動物病院のリハビリチームのメンバーとしても活動していて、動物病院からの紹介で愛知のDog Heartさんで犬のリハビリテーションについても学んでいます。)


車椅子でも、自力歩行でも、左に回ってしまうこと。
常に左を下にして眠ること。
ごはんは催促しないけど、出されるとちゃんと食べること。
歩行の様子は、やっぱり左前肢が着きにくい感じ  etc・・・
と、今の状況をいろいろ伝えてからのマッサージです。

最初は、こんな感じで

20180724_11.jpg

二人と一匹、ちょっと神妙な顏でスタートしました。

20180724_12.jpg

が、少しずつ身体がほぐれて楽になっていくぽちの様子を見て

20180724_14.jpg

「温泉宿で按摩してもらってるおっさん、いや、女子だからおばちゃんか。」とちょっと笑いも出てきました。

20180724_13.jpg

犬は、痛いところを隠します。
でも、ずっとそれでは変なクセがつき、別の場所に負担をかけ、さらに別の痛みを呼んでしまいます。

20180724_15.jpg

だから、左右均等が良いのです。
ずっと左を下にして寝ていたぽちを、寝返りをうたせて左側のケアも。


小一時間のマッサージが終わると、ぽちさんはシュタッ!と自力で立ち上がり

20180724_16.jpg

寄りかかるものがないと左回りしかしなかったぽちが、自然な右周りもしていました。

そして、身体の下に隠していた左前肢も、外に出せるようになりました。

20180724_17.jpg

ただね、シニアってすぐに戻っちゃうんです。

だから、ホームケアが大事なのです。
月に1回のプロフェッショナルケアだけでなく、家で日常的なケアができるほうが絶対良いのです。
火急の時こそ、プロフェッショナルケアとホームケアの両方が大事なのです。

そんな訳で、Sweet Dog@あゆりんから教えられたケアポイントを、翌朝から、さっそく実践。

20180725_1.jpg

フセてもずっとかくしていた左手が、少しずつ体の外に出せるようになってきました。

20180725_2.jpg

ケア後は、ごはんの時もちゃんと左前肢を着いています。

20180724_18.jpg

身体が左に傾くので、最初のうちはベッドから立ち上がると、ずっと壁伝いに右回りをして、廊下まで出て、ドアを伝いながら大回りをしてごはんを食べに来ていましたが

20180727_1.jpg
(壁伝いに歩くので、一旦廊下に出ないとごはんの器にたどり着けないのです(^_^;))

徐々に廊下には出なくて済むくらいに小回りになり、時には食器台まで最短距離でやって来る事も♪

20180728_1.jpg


そしてラッキーなことに、土曜日は、月イチの鍼の日でした。
これもまた、良いタイミングでのプロフェッショナルケア♪
鍼の先生からもケアポイントのアドバイスをいただきましたので、今後のケアに活かしていこうと思います。

W先生のマッサージと鍼で、帰りの車中は爆睡のぽちさんでした。

20180727_17.jpg


そうそう。
最近、びっくり予防の目隠しに、バスタオルを活用しています。
日陰が横切るとびっくりするので、車に乗った時はソフトケージにバスタオルを掛けて、まぶしい日差しが入るのを遮っています。
だからなのかどうなのか。
ぽちさん、今のところ、車も静かに乗れています。
(もしかしたら、ちょっと痛みがあるから余計なこと(ジタバタ)をしたくないのかも?ですが。(^_^;))

セミナールームとぽちのベッドの間もサークルで仕切り、来客時はバスタオルをかけて目隠ししています。


シニアはどんなにケアしても戻りやすいを日々実感。
昨日の午後は「良い感じ?」だったのが、朝にはまた戻ってしまっていたりもします。


鎮痛剤がなくなってから、昨日までの6日間に2回ほど小さい悲鳴をあげましたが、当初の悲鳴とはレベルが違います。
まだまだ先は長いけど、こんな感じでほぼ寝たきりだった7日分を、ゆっくり焦らず取り戻そうとしています。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)の教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2018年の梅仕事(Vol.2)

今年も梅を干しました。

京ちゃん直伝、重しがいらないジップロックで作るヤツ。

6月15日に漬け、とっぷり梅酢につかって1ヶ月。

連日の「危険な暑さ」は恨めしいですが、今年の夏は、梅を干す日を迷わなくてすみました。

7月20日に干しはじめ

20180720_1.jpg

24日には完成。

20180724_1.jpg
2kgなので結構あります。

大小混ざった無選別の梅だったので、大きい梅はぷっくりと柔らかい梅に仕上がりましたが、小さい梅はシワシワに。^_^;

味見をしてみると、酢っぱ!!
少しだけ残っていた去年の梅酢と比べてみても、全然酸っぱい。

完熟梅じゃなかったことが原因なのか、ザラメを控え過ぎたのか?
(多分、京ちゃんレシピよりザラメを少なく漬けた気がします)

まぁ、夏にクエン酸は悪くなかろうもん・・・ってことで。(西郷どん?)

来年は、レシピ通りに作るとしましょうか。


-----------

で、もうひとつの例のアレ。

梅シロップを漬けたあとのシワシワ梅で梅干しモドキ・・・ですが。

冷蔵庫で1ヶ月寝かせて、試しに1個食べてみると、実が硬い!
なので、冷蔵庫から出して1週間。

20180715_1.jpg

常温で置いておくと、ちょっと柔らかくなりました。

完熟梅で漬けた干し梅みたいな柔らかさはありませんが、ザルも空いたことだしこちも干してみました。

20180724_2.jpg

ぷっくり柔らかい梅干にはなりきれていないものの、梅干しとして充分食べられますよ♪


梅酢がいっぱいありすぎても、多分消費しきれない我が家です。

ってことは、来年は完熟梅で梅シロップを漬けて、その後の梅を梅干しもどきにしても良いのかも?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)の教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2018年07月29日

いよいよ水曜日から♪

8月、ぽちの和@セミナールームではワークショップ祭りを開催します。

おかげさまで、ぽつりぽつりと日程が埋まってきており、最初のお客さまが2日にいらっしゃいます♪

一番人気は、やっぱりカレンデュラ軟膏(肉球バーム)のようです。

自分で一から材料を揃えるとなると、ちょっとお高い、、、そんなプログラムをワークショップ祭りではご用意しています。

材料がなくなったら終了となるプログラムもありますので、お早めのお申込みがよろしいかもしれません。(日程順ではなくお申込み順に材料を確保します。)

workshop_2018.jpg

いつものワークショップは、「ハーブのあんなことやこんなこと」のレクチャー付きですが、ワークショップ祭りでは「あんなことやこんなこと」のレクチャー抜きで、美味しくて・楽しくて・役立つアイテムをひたすら作って、お持ち帰りいただく形になります。

祭りなので、ちょっとお得にもなっています。

おひとりさまにつき、
1アイテムで、1750円
2アイテムで、3500円
3アイテムで、5000円(250円お得♪)
4アイテムで、6500円(500円お得♪)

組み合わせによっては、1日で4つは難しいものもあります。
その場合は、2回に分けていただく事になります。

メニューはこちら(この中からお好きに選んでくださいませ)

【クッキング】
  1. ハイビスカスコーディアル作り(クエン酸たっぷりのハイビスカスで夏の疲れを吹き飛ばそう♪)
  2. 真っ赤なピクルス作り(いつものピクルスと一味違う赤いピクルスです)
  3. ジンジャーコーディアル作り(炭酸で割るとジンジャーエール、ビールで割るとシャンディガフ)
  4. カレースパイス作り(オマケのスパイスソルトもうれしい♪)
  5. ヘンプオイルで作るヘルシーマヨネーズ(我が家のヘンプオイル使い切りメニュー。4のカレースパイスでカレー風味のマヨネーズも♪)お持ち帰り用の保冷剤・保冷バッグ付き
  6. オリジナルハーブブレンド作り(夏にオススメのブレンドを半分ティーバッグに加工して)
  7. 真っ赤な桃ジャム作り

【愛犬と一緒に食べるおやつ作り】(小麦粉アレルギーのある子にも大丈夫なメニューです)
  8. ポンデケージョ(わんこにも飼い主さんにも大人気)
  9. プリン(オーブンのいらない蒸しプリン。一度お味見するときっと作りたくなります(笑))お持ち帰り用の保冷剤・保冷バッグ付き
  10. クッキー(みちのくファームさんに出品したこともあるハーブ入りクッキーです♪)
  11. ダックワーズと卵ボーロ(ついつい手が出る)

【クラフト&ケアアイテム作り】
  12. ブレンド精油を使ったキャンドル作り(非常時用のキャンドルにも)
  13. カレンデュラ軟膏(肉球バーム)作り(やっぱり一番人気)
  14. セントジョーンズワートで軟膏作り(意外と知られていないけど、冷蔵庫に常備しておくと超お役立ち)
  15. アイピロー作り(わんこの温湿布にも使えるカバー付き♪)
  16. 夏にさっぱりコールドクリーム作り(お肌に乗せるとひんやりのコールドクリームです。カレンデュラ軟膏ではちょっと暑苦しい〜って思うあなたに。)
  17. バスボム作り(エアコンで冷えた身体を半身浴で温めてください)
  18. お散歩スプレー作り(30ml)(残念ながらこの手のものに100%はありません。でも、あるとないとでは大違い)

【その他(チャリティー)】
  19. 犬ぽんぽん作り(一度作ると結構ハマります)



犬ぽんぽん作りはみっちり3時間かかります。
犬ぽんぽんと別のワークショップをご希望の場合は、日程を分けていただくことになります。
また、犬ぽんぽん作りは、参加費用から材料費を差し引いた部分を未だ飼い主の現れない「柴さん」へのチャリティーといたします。

ぽんぽんは、結構ハマります。
ワークショップ祭りに先行して、先日お友達二人で作りに来てくださいました。

20180718_3.jpg

家に連れて帰ると、ひとりは、ご主人に大事そうにケースに仕舞われ(笑)、ひとりは早速2匹目を作られたということで、お写真を送ってくださいました♪

20180720_5.jpg
かわゆす♪

最初は何がなんだか・・・状態でグルグルグルグルですが、ジョキジョキ開いてナルホド〜と思い、やがてチョキチョキが楽しくなります。(暗号か?(笑))



作りたいものと、8月中でご希望の日程をご連絡ください。

おひとりからOKです。
MAX3名さまとなりますが、お友達と一緒ももちろんOKです。
おひとりでもお友達と一緒でも、その日は、ぽちの和@セミナールームは貸し切りとなります。

他に、こんなのはできませんか?
というリクエストがあれば、合わせてお問合せくださいませ。

お申込み&お問合せ


--------------------

台風12号が西日本を横断中です。
座間市でも「避難準備・高齢者等避難開始」発令の緊急情報メールが届きました。
このあたりは時折強い雨が降る程度で済みましたが、先日の豪雨で被災した西日本を直撃する進路予報が出ています。
早く勢力が弱まり、被害が最小限に留まることを祈るばかりです。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)の教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

2018年07月28日

犬を彫るということ

昨日は、いつものメンバーに、伊東支部長を迎えての木彫り同好会でした。

久しぶりに、Fさんの木彫り第1作目@きゅうたんに会えました♪

20180727_2.jpg
(真ん中のボステリさんがきゅうたんです)

なんかこうやって小さい動物たちが揃うと楽しくなります。

Fさんはきゅうたんとバランスを取るべく、一旦完成した黒猫さんたの小型化と、フェレットのぎんこを同時進行していたのですが、黒猫さんたの塗りが完了♪

20180727_3.jpg

うん、やっぱり大きさってなんか統一したくなりますよね。


上の写真左端は、伊東支部長のデフォルメしたルルさん。

Fさんも、伊東支部長も、Gさんも、ワタシも、みんな、自分にゆかりのある子、あった子を彫っています。

伊藤支部長の愛犬ルルさんは、先月18歳で旅立ちました。
そして、「お地蔵さまを彫るようにルルを彫りたい」と。

最初はただの四角い木片です。
その木片の中から少しずつ犬を彫り出していきます。
手のひらのなかで想いを込めて彫り進んでいくうちに、心の中にぽっかり空いた穴も、少しずつ、ゆっくり、あったかい想い出で埋められていくと思います。


さて、ワタシの寝姿ぽちさんは・・・と言うと。

20180727_4.jpg

変なところに耳を付けちゃって、どうしたもんか?と思案中。

やっぱ魔法の粉登場かなぁ・・・。


次回は8月31日(金)。
暑気払いでもやろうかと(誰ですか?いつも飲んでるでしょ?なんて言ってるのは。)話しています。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小さい犬を彫る