schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年02月27日

今年もこの季節になりました



ふんわりミモザで春色リース

3月8日はミモザの日

A3156749-11F2-4CA1-A08C-E3A03AF45C54.jpeg

ほんのり甘い
優しい香りにも癒されます


数日平置きして
乾燥したら玄関に掛けます

4CA1B273-C30F-4682-913E-62CB631C47FD.jpeg

仕上がりサイズは
外径35cm〜40cm

ミモザが手に入る時期はとても短いのですが
作ってみたい方がいらっしゃれば
ご連絡ください


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

「愛しい愛しい」を込めながら

昨日は、今年2回目の木彫り同好会。

先日買った見当ノミ(もともとは版画用らしい)がすご〜く使いやすくて、粗彫りがどんどんすすみました。

42AE855D-5B3F-49E3-8D0B-F9A7E86D5DC5.jpeg

手のひらサイズで、太くもなく細くもなくの柄もちょうど良い。

1E226E5E-639E-4386-A415-E5CFF376B662.jpeg

そうそう。
実は先月、茶柴さんから格安で電動ノコギリを譲っていただきました。

A9BB75E6-3B35-407E-B69D-47E767644CDE.jpeg

これまでノコギリで汗をかきながらやっていた作業が、かなり楽になりました♪

刀も研げば切れ味が良くなります。
道具の助けもあって、久しぶりにひたすら木片と向き合い、口数も少なく、時折沈黙もあるくらいにみんな黙々と彫り進んだ一日でした。

CA10A998-A9A2-4BE0-A60C-1766726530A7.jpeg

「なんか、ホントに木彫りの会みたいだね」(Fさん)
って、そもそも木彫りの会ですから。(爆)


寝姿ぽちは、オスワリとフセにサイズを合わせるために、だいぶ小さくなりました。

641E64F8-25C4-4A6A-870D-5D16BCBB6CE3.jpeg

途中、デッサンだけでずっと放置していた「ポケットぽち」にも浮気。

43BF9E96-C494-4806-9AAB-3538CAE37D19.jpeg

木彫りはやっぱり楽しい。
無心になれます。
木片から、無心にぽちの姿を彫り出すのです。

彫るたびに漂うクスノキの香りにも心が洗われる感じがします。

8C2C94BE-7673-4D67-92F0-65B2EE57F9BB.jpeg



そうそう。
伊東支部長のデフォルメ ルルさんも完成したそうです。

620D041E-F30C-4F0E-8312-2530E2DC95C5.jpeg

後ろ姿もむっちゃ可愛い。

EE4C80C7-1CD8-44D4-B284-2076D3904BA9.jpeg

写真だと、サイズ感がわかり難いですが、実は6.5cmあまりの手乗りサイズです。

36C4C0EF-ACBB-4E6B-9576-B3C2D3167F83.jpeg

手のひらサイズの小さな犬たち。

昨年、ルルさんが旅立ち、7月の木彫り同好会からデフォルメ ルルさんを彫り始めた伊東支部長ですが、仏さまを彫るように手のひらの中で丁寧に丁寧に彫ることが、ロスから立ち直ることにほんの少し力を貸してくれたようです。


ワタシもね。
まさに今、その最中かもしれません。


木彫り同好会、次回は3月29日です。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小さい犬を彫る

2019年02月26日

練り梅を作る

去年漬けた梅干しが、どうやら夏まで持ちそうなので、練り梅を作りました。

D563C1A0-8FEE-47D5-AE76-5D48C4A36606.jpeg

種を取って、適当に刻んで、みりんと砂糖を足して弱火にかけます。

C867DD0F-A6B3-4335-80FF-EFCD5CB67DD4.jpeg

仕上げに鰹節をパラリ。

42044EC3-1ABA-4574-9E95-8495C7DC18B2.jpeg
昆布や鰹節を入れると旨味が増します♪

煮沸消毒した瓶に詰めて完成です。
練り梅にしておくと、いろいろ使えて便利なのです♪

DB19101C-52A9-4D01-A53B-F34CA1DC3B9E.jpeg

残った種も、魚を煮るときに使ったり

C4D2E4CE-423D-4063-87C7-217DAE1836A1.jpeg

水を足してコトコト煮てとろろ昆布を入れてお吸い物にしたり、いろいろ活用できます。

32679B46-6AA9-41E1-AA50-5570AFC814B9.jpeg
(もちろん、種じゃなくて練り梅でもおいしいお吸い物ができます)

梅干しはできれば1年分漬けたい。
でも、あんまり梅酢がたくさんあっても消費しきれないので、今年は梅シロップ→梅干しを多めに作る予定。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年02月24日

花粉症におススメ♪


花粉症の方にオススメのハーブ
ネトル

ワタシも愛飲しています


フレッシュはなかなか手に入らないのですが
ハーブティーを淹れたあとの
出涸らしネトルでも
スープが作れます


題して
出涸らしネトルで簡単スープ

出涸らしネトルに

F145A1D3-12FD-4827-BA9B-A8C6ECE20863.jpeg

カップ一杯分のお湯とカップスープの元を入れ

26C10C2B-940E-4387-9D94-AAA13C1FD532.jpeg

ブレンダーでガーっと混ぜて

5F769A4C-6E93-4B04-A945-2648F8C9C86D.jpeg

お鍋で温めます

カップにいれて召し上がれ

577B7FC0-F219-4ECD-8F9A-B7B04357CFFB.jpeg

ネトルは少し粘液質があるらしく
少しトロミのあるスープになります
(フレッシュだとよりわかりやすいです)


ネトルは貧血気味の方にも
オススメのハーブです


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年02月23日

裏地とマジックテープの相性

帯電防止の裏地付きの、冬用介助ベスト(2着目)のご依頼をいただきました。

93AFC22F-3447-4D0F-95D0-ACC0B69D3A69.jpeg

実はですね、オムツ交換のたびにマジックテープを付けたり外したりを繰り返していたぽちの腹巻きもそうだったのですが、帯電防止の裏地にマジックテープが強く触れると生地が毛羽立ちます。

シニアはヘソ天しないから、スナップに変えても良いのかも?

お客さまにお伺いしてみると、腹巻きは微調整したいのでマジックテープで。
ベストだけスナップに変えてくださいということで、ベストだけチェンジしてお送りしました。

870F5384-E42C-4ECE-9624-F780CFD96610.jpeg
(スナップの場合、マジックテープのような身幅の微調整ができません。)



座卓を出してミシンを掛けていると、ぽちが座卓の下に潜り込んで歩こうとするので、「あぶないってば」と引っ張り出していたことを思い出しちゃいます。

若い頃とは姿勢が違い、頭が下がるからなおさらそうなっちゃうのでしょうが、ゴミ箱とかアイロン台とかあれこれ座卓の下に置いて、ぽちの侵入を阻止していたのですが、それでもわずかな隙間を見つけて座卓の下に頭を突っ込んで、出るに出られず「キュー」と泣くぽちさんでした。

66E74FF2-AD2F-4818-A3AC-4E8EAC55EF52.jpeg

「あえて道なき道を行く」ぽちの姿に困りながら・・・、でも可愛かったな♪


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)の教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト