schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年04月30日

『Ruff-Ruff犬のからだと心の学校』 & 「オンリーwanマッサージセミナー」

ちょっとバタバタとしておりまして、なかなかブログを書けずにおりますが、平成最後の夜にちょこっとお知らせをば・・・。

4月に開校した『Ruff-Ruff犬のからだと心の学校』で、来る6月17日(月)に夏のお散歩スプレー作りを担当いたします。

4BDF13B5-F975-4E32-9EB5-8B7F577253AC.jpeg

会場は、ワンボナでもお世話になった Ven! Kitchen & Dog Garden(湘南国際村)です。

お散歩スプレー作りでは、アロマとハーブの違い、わんちゃんに精油を使用する際の注意事項などをお伝えし、楽しみながらわんちゃんに安心なお散歩スプレー作りをご体験いただきます。

Ruffruff_logo_color.png 
    
より、詳細をご確認のうえお申込みください。

『Ruff-Ruff犬のからだと心の学校』では、今後、わんちゃんと飼い主のためのハーブ講座も担当させていただく予定です。

---------------

もうひとつ。

昨年、Sweet Dogさんの「オンリーwan マッサージセミナー」にご参加いただいた方々から、ブラッシュアップセミナーのご要望をいただきました。

Sweet Dogさんとは「ブラッシュアップセミナーも、お散歩会もやろう!」と話しておりましたが、モタモタしているうちに、受講者さんからお尻をたたかれてしまいました。(笑)
ありがたいことです。

こちらも6月を予定しており、先ほど1期生のみなさまに日程候補をメールにてぽちの和よりご連絡させていただきました。
(今回はブラッシュアップセミナーにつき、第1期に受講していただいた皆様のみへのご案内となります。)

内容は、その後の変化を見たうえで、歩様・筋肉バランスの観察と個々に必要なマッサージとなります。
観察のために、前回と同様に、姿勢と歩様の動画を撮ってきていただくことになります。

ブラッシュアップセミナーは、たっぷり時間を取って個々のわんちゃんの様子を見たいということなので、3時間。
参加費用は6000円となります。
なお、わんちゃんの同伴が2頭まで可となります。
同伴のわんちゃんは、他の参加者がさわる場合もある事をご了承のうえ、お申込みください。

4BDF13B5-F975-4E32-9EB5-8B7F577253AC.jpeg

ハーブとマッサージは、ぽちの和の一番オススメのホームケアです。
知っておくと良いと思います。

すご〜く、そう思います!


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

2019年04月27日

動き始めると早い

3月下旬に地植えにしたチェストベリー。

根がついたかな?と思えたのは、4月18日。
桜もほぼ咲き終わり、だいぶ暖かくなってきたなと感じはじめた頃でした。

79DB1DD1-63B0-4378-939C-AD8820A3D614.jpeg
新芽?だよね?

12B1BE26-3EF2-44B1-A4F1-A34DE1FE4380.jpeg
やった〜!どうやら根がついてくれたようです♪

そこからは、日に日に変化が目に見えて

4月20日
A51AC020-96FF-41C9-852E-17097468797C.jpeg

25日には葉っぱを広げはじめました♪

3AD6DAFC-659A-4B8E-AB44-8E0ED375F184.jpeg

チェストベリーは、冬の間枯れ木にしか見えないのですが、幹の小さなコブが気温が上がってくるとむくむくと膨らみ、葉っぱを出し、「あぁ、生きてた!」とホッとするのです。
ここ数年は、根鉢が回ってしまって花も控えめでしたが、今年はたくさん咲いてくれるといいな。
強剪定にも強い木らしいので、狭い猫庭でなんとか望む方向に剪定しながら育ってもらおうと思います。


同じ頃に地面に下ろしたクロモジ も、しっかり成長しています。

こちらはちょっと横に広がりそうなので、主幹を立ててもらうために猫庭にあわせて誘引させてもらいました。

6F55733F-21F7-4A96-82F7-0D5EC1E3F7B0.jpeg

が、あんまりいじられるのが嫌いな木なのかな?
直後は、くったりと枝先を垂らしていました。
が、翌日には復活。

自由に枝を伸ばせる庭じゃなくてごめんね。


近くに3階建の家が建ってから陽当たりが変わり、猫庭に根付かなくなってしまったラベンダーに再挑戦。
ここ数日雨続きなので、ちょっと心配。

64654381-8CDA-47D0-94CD-1397E6FCF949.jpeg

そうそう。
ラベンダーの左上に見えるのは、地面で芽を出してしまった月桃です。
どうやら、関東でも冬越しできるようです♪


セントジョーンズワートも立ち上がりはじめ

28C51609-D1D9-4EB2-A75A-93CAFF0B4E7B.jpeg

ベルベーヌもふっさりとしてきました。

BFF807AF-DFDC-4881-8539-E5A2A923A430.jpeg

触ると超良い香り♪
フレッシュでティーをいただくのはもう少し先かな?


メラレウカも、既に新芽と蕾を用意しています。

C362C484-D612-492C-9098-436B2D0C8D93.jpeg


桑の実も、少し大きくなりました。

BA929A7D-43BE-4569-A4BA-B24D18F8B223.jpeg

色づき始めるのは、もう少し先。


カレンデュラもお天気を見ながら、少しずつ収穫しています。

7B0EDAAB-AEBA-4E61-AC1F-5BB64302EBAB.jpeg

猫庭は、いつもとかわらぬ春です。

違うのは、ここにぽちの姿が見えないことかな。

7CE755C2-75A0-4B76-879F-84BD1FD36EE1.jpeg



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年04月25日

夏用メッシュ生地、ご用意できました


夏用メッシュ生地がご用意できました。

C783DAFA-B1FC-430C-8674-D8BEE6DEC0B8.jpeg

メッシュ生地は熱がこもらないので、梅雨入りから盛夏はもちろん、まだ暑さが残る秋口までの介助ベストにオススメです。
ぽちは夏の間も、これを着たままお散歩に行っていました。

生地には少しクッション性もあり、とても軽く、抗菌防臭加工がされているので、シニアわんこの介助・介護にうってつけ。
お洗濯してもすぐに乾きます。

唯一の難点は生地がお高いこと。

なので、申し訳ないのですが、介助ベストの標準価格に生地代をプラスさせていただくことになります。


色は赤のみ。

蛍光カラーではありません。

ちなみに、蛍光バーミリオンのぽちのベストと並べてみると、こんな感じ。

BF7E6DBD-2DEB-4D49-BA47-5B3A245FEABC.jpeg

画面ではちょっと伝わりにくいかもしれませんが、いわゆる 「普通の赤」 です。


介助ベストについて、詳しくは  をご確認の上、お申込みください。

介助ベストのお申込みをいただく際は、 mail★pochinowa.sakuraweb.com(★は@に変えてください)からのメール受信ができるよう設定をお願いします。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

コーモンにこだわる(笑)

水曜日は月イチのオタノシミ、木彫り同好会でした。

みんなが揃う前に、ワタシは「ポケットぽち」の手直し。

チェーンを首輪に変えようとしているのですが(チェーンはぽちにはそぐわない)、紐だとね、首輪というよりマフラー感が出てしまうのです。^_^;

E7FFA026-9D75-45CC-8670-E71E75DD8468.jpeg

なので、ちょっと首周りを細っそりとしてみました。

5CBD6B15-0249-4068-926A-2A3212455443.jpeg
あっ!梅酒とビールはみんなが来てからですよ!ひとりで飲んでたわけではありませぬ。(汗)

あとは、首輪とリードを作ってクリップと繋ぐだけ。
それまで「ポケットぽち」には再び屋内で過ごしてもらうことになります。


お昼前にはいつものメンバーが揃って彫りはじめ、ランチを挟んで(今日はタイカレー♪)

4D7B0D57-8CA8-4652-A820-F87801B135E5.jpeg

夕方まで、あれこれおしゃべりしながら(話題はほぼ犬のこと)、木片と向き合い、みんなだいぶ進みました!

C1E06C62-5FD3-4723-BB61-071650B53566.jpeg

寝姿の小梅ちゃんはだいぶ締まってコンパクトになり、オーストラリアンシェパードのジョーにはふんわり毛並みが出てきました♪

粗彫り段階はとうに終わってるのに、作業台に残った彫りカスもしっかりこの量。

EA1EAAF0-3F43-4540-847A-54DBAD34CAA5.jpeg

一時期ダレてた時もありますが(自作ストームグラスにハマっていた頃?)なんかね、このところ、すごく真面目に彫ってます。(特にワタシ)
多分それは、彫りながらぽちと対話ができるから、、、かもしれません。


「歩くぽち」は、悩みながらなんとか口を開け、舌を作り、とりあえず一回彩色をしてみました。
(彩色すると、気になるところが見えてきます。)

BB673512-EDF0-48B4-A5FA-C8A6E7D09550.jpeg

3EB90E40-E045-4B75-9967-A6A996DB2F10.jpeg

5433A557-16E3-4F84-ABDF-FD690A5F5B85.jpeg

048D6F5D-6896-482F-B2C0-EDFE50A4B9BF.jpeg

動きのあるポーズは、いろんな角度からぽちを眺めながら彫ることになります。
ちょっと彫りにくいところもあるけれど、楽しい♪


で、既にお気づきかも?ですが、「歩くぽち」のひそかなこだわりは、こーもん。(笑)

柴のケツ 柴のお尻は、やっぱりかわいい♪
お散歩前半は、コーモン様の様子を見ながらうんち回収の準備をして歩いていたものです。

6FE3A951-5184-4B45-8C3E-1A50E75E61D7.jpeg

尻尾をキリッと持ち上げて、ハリのあるお尻。
この子は、換毛が終わってみっちり冬毛を着込んだ若い頃のぽちです。

また、並んで歩きたいな、、、。




小さい犬を彫る。
毎月一回やってます。
次回は5月29日(水)。

見学ご希望の方がいらしたら、お気軽にご連絡くださいませ。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小さい犬を彫る

2019年04月23日

ボーダーコリーほたるちゃんの介助ベスト

ボーダーコリーのほたるちゃん(13歳、25kg)からご連絡をいただいたのは、3月の終わり頃でした。

これまで着ていた市販の介護服がちょっと窮屈で、、、ということで、ご依頼をいただきました。

25kgと大柄なお嬢さんだったので、少し厚手の丈夫そうな綿をご用意しました。
とっても暑がりさんと伺ったので、お腹側のみメッシュ生地。
以前はなちゃん(ボーダーコリー、15kg)から、体の大きい子の場合後ろ半身の介助も欲しいかも?と伺っていたので、着丈を伸ばして後ろ半身にも持ち手をつけることにしました。
(ベストの仕様については、メールのやりとりの中で飼い主さんとご相談の上決めていきます。)

で、完成した1着目。

A98B2C8B-85AB-4E7F-B8BE-08022BA4F22B.jpeg

作り手としては、
・25kgを介助できるかどうか?
・後半身の持ち手が用をなしているのかどうなのか?
が一番気になるところなので、そのあたりをお伺いしてみました。

介護服の後ろ半身の持ち手の事ですが、今の服は後ろ半身がブカブカしているので、持ち上げる時にはずり上がってしまいます。
身幅を詰めるとそれは改善されるのではないかと思っております。

元気がなかった時に持ち手を引っ張ってお尻や後ろ足の位置を移動してあげる時にはかなり 負担なくスムーズに出来ました。
縫製もとてもしっかりしているので、ある程度引っ張っても全く支障がないので、安心して介助が出来ます。

実は昨日久しぶりに、ほたるも主人の実家に行ったのですが、そこで後ろ半身の持ち手が大活躍しました。
足腰が衰えてきた今、勝手がわからないところでフローリングの上がツルツル滑って大慌て(^^;;
その時に前後の持ち手を持って、歩行のアシストするのに大変助かりました。

その時々の状態によって、必要性も見えてくると思いました。

※ ある程度自力歩行出来る時には前後の持ち手を持って歩行補助ができる。
※ 病状が重くなり、歩行困難になった時は介助マットの上に乗せる時に前後の持ち手を持って背中側からズリズリ移動するのに大変助かりました。
※ 一時的にオムツを使用していたのですが、オムツのズリ下がり防止にオムツに紐を通して、後ろ半身の持ち手に結んでみたところ、オムツがずりさがる事なく朝までフィットしていました。
※ 生地は通気性が良くゆとりがあるのでどんな姿勢でも窮屈感がなく、あまりハーハー暑がりません。

今のところ充分満足しておりますし、なくてはならない物です。

その時々の介護段階でまた気づいた事があったらお伝えさせて頂きます☆
ありがとうございました!
(Sさま)

ということで、体の状態や介助のシーンによって、後ろ半身の持ち手もお役に立てるようですので、今後は、体の大きいわんちゃんの場合、後ろ半身の持ち手をオプションで付けることも可能とさせていただこうと思います。


> なくてはならないものです

という言葉に、思わずホロっときてしまいました。
最初はぽちと自分のために作った介助ベストでしたが、頑張るシニアと飼い主さんの応援をしたいと思い、型紙モデルさんを何頭かお願いした後に、販売という形になりました。

ぽちの和の介助ベストは、ご注文をいただいてからのメールのやりとりの中で、なるべくわんちゃんの様子をお伺いしています。
それは、オーダーメイドだからこそ、個々のわんちゃんのためにできる工夫をしたいから。

きっと、ぽちも喜んでくれていると思います。


ほたるちゃんからは、先日2着目のご依頼をいただいたので、ブカブカだった後ろ半身を少しシェイプして作らせていただきました。

で、さっそく着用したお写真をお送りくださいました。

hotaru_2着目2.jpg

病院帰りということで、ちょっと疲れてるかな?

hotaru_2着目1.jpg

でも、青空と広い芝生がうれしそうです♪

ほたるちゃんのインスタは こちら(hotarutotomoni)

1着目の介助ベストの着用写真をいただいた時は、病院での治療後ということで気持ち悪いのかな?大丈夫かな?というお写真でしたが、それから2週間。
介助ベストを着てやんちゃそうに走っている動画もUpされています♪


ベストはね、「あれっ?」と思ったら、なるべく早めに作ってあげてください。
シニアは突然体調を崩してしまったりします。
採寸すらも負担だったりする場合がありますので。
必要な時に手元になければ意味がありません。

ぽちの和の介助ベストは、部屋着兼パジャマです。
なぜなら、お散歩の時以上に、普段の生活の中でこそ介助が必要なシーンがたくさんあるから

普通に犬の服を買ってもそれなりの金額がしますが、価格は多分とても抑えています。
なぜなら、頑張るシニアと飼い主さんを応援したいから。
そして、シニアの介助・介護には、どうしても洗い替えが欲しくなるから。


ほたるちゃん、Sさんからのご意見は、体の大きいコのための介助ベストにしっかり反映させていただきたいと思っております。
ありがとうございました!

介助ベストについて、詳しくは  


ほたるちゃんの介助ベスト関連ブログ
 ・イケるかな?(4月4日)
 ・ほたるちゃんの介助ベスト(4月7日)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト