schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2020年07月28日

カカオニブでチョコレートを作る

コストコで買ったカカオニブをミル

74D32365-56EB-41F1-A702-1D4BD36440EF.jpeg

ねっとりしてきたら、好みの甘さまで砂糖を少しずつ足しながら、さらにミル

2A64CAA8-D2F8-4A6E-88DC-24F37D5F3080.jpeg

ちょっとザラっとした食感はあるけれど、ちゃんとチョコだよ

作れるんだね、家でチョコ


ガラスの器に入れて放置してたら

4D8CC282-51E6-4C8F-A6A5-714D6B708707.jpeg

ガッチガチに固まって、スプーンでも歯が立たない

5F02EEB9-B0C3-4740-BFA1-7423D2CEFF75.jpeg

ガリガリ削って食べると甘さ控えめのビターな味わいがなかなかうんまい♪

カカオ豆は55〜60%が油脂成分で、融点は体温くらい


と、ここで閃いた!



ガチガチを湯煎で少し溶かして耐熱容器に移し

2B8EF1D7-BBF0-4935-B109-B85C3FE69BA5.jpeg

牛乳をチビっと足してレンジでチン

0EB6CC18-2302-4091-A52C-06B94C382338.jpeg

よーく混ぜて程よい柔らかさになったら

76DA4CCD-5E65-4B49-83E4-0D266F1F9744.jpeg

シリコン型に入れ、ただいま冷蔵庫で冷やし中

585A0E9C-6CCD-4FAA-AC9E-F8692F249447.jpeg







posted by ぽちの和 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2020年07月27日

いぬかわいい

時々、ぽちのお留守番見守りをお願いしていた木彫り仲間で犬の介護士さんから、ぽちが旅立ってまもない頃に送られた本です。

E819223E-B354-40CD-8474-B38977A0B355.jpeg

本というか、4コマ漫画。

いただいた直後は、どうしても手に取ることができず。

どこに置いたかも忘れていたら、先日ひょっこり出てきて。

1年半経過して、やっと、ちゃんと読めるようになりました。


じわる


犬と暮らした経験のある方なら、とりわけ老犬と暮らした経験のある飼い主ならもっと。



行方不明だった1年半は、ワタシに必要な時間だったのかも。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2020年07月26日

バタフライピー

4連休をいかがお過ごしでしょうか?

日曜日には晴れる予報が外れて、今日も雨。
おまけに、こう天気がクルクル変わるとウォーキングにも出られず、スーパーに買い物に行った程度で、あとは家でくすぶっています。

この辺りは大きな災害には見舞われていませんが、熊本や実家や叔母宅の近くの川でも決壊や浸水があったりで、これ以上雨が降らないことを祈るのみ。


そして、コロナのこと。

普段なら、山梨まで夏の味覚を求めて買い出しに通ってる7、8月ですが、さすがに今年は自主規制です。

いわゆる経済や医療の「専門家」と言われる方々も、立場が違えば言うことも違い。
医療現場と政治家も、いやいや、たとえば同じ「医師」という職業であっても、人によって大丈夫、いや医療現場は逼迫している、と正反対の見解だったりもしていると、いったい何を信じて良いのやら。

現状では、

 ヒトが動けばコロナも広がる

ことだけは確かなようなので、「一日も早く普通の生活に戻りたい」と願う身としては、Go To とか言ってる場合か?とも思う訳で、とりあえずは一番厳しいところに合わせておこうと思う次第です。



そんなことをうだぐだ考えながらの、猫庭インデックス第5弾です。


バタフライピー (Clitoria ternatea L.
和名:チョウマメ 、マメ科 、使用部位:花部 



タネからの発芽をあきらめて、買った苗ですが。

2株のうちひとつは、なんと花色が白でした。

C7CA6D11-D05A-4E73-9C88-F21EF6DAA1D0.jpeg

そして、もう一つの株は、青とは言い難い薄い水色。

351D5A16-98B8-433F-B1AE-0D2946BFA3B5.jpeg

苗で迎えると、たまにこんな事があったりします。
それにしても、白い花があるなんてびっくりだよ。
知れてよかった。(笑)

でも、ワタシが欲しかったのは、アントシアニンたっぷりの真っ青な花なのだ!

ということで、別のお店から再び苗を迎え、今度はちゃんと青でした。

197C3322-7D94-461F-BBBC-107E9C0529A8.jpeg

ただ、なぜか今回迎えた苗はなかなかツルが伸びません。
先に買った水色はくるくるとネットに巻きついて伸びているのに。

マメ科なので、サヤインゲンのようなサヤができて食べられるらしい。
たくさん花が咲くようになったら試してみる?

(2020.10月 追記です。
JAMHAのシンポジウムで聞いてみたところ、サヤはたいして美味しいわけでもないらしい。(ちなみに猫庭のバタピーは若いサヤでも硬そうだったので、結局ワタシは食べませんでした。^_^;
それと、もしW花を食べるW場合ですが、若干の毒素?があるらしいとか?で、たくさん食べない方が良いようです。そうなんだ〜。)



長雨の間を縫って、チマチマ収穫しておいた花でティーを淹れてみる。

お湯を注ぐとゆっくりと青い色素が滲み出し、

0994E456-6B4F-4DDD-974F-C7793035562D.jpeg


しばらくすると、お湯は鮮やかなブルーになります。

A6FD0012-8022-47C5-BF25-CC8CB200EDC8.jpeg


正直、単品では味とか香りとかは特になく。^_^;
アントシアニン以外、おいしくもなんともないハーブティーです。

レモンやカルピスなんかで味や色の変化、グラデーションを楽しんでみたり、他のハーブとブレンドしていただくのがオススメです。


ちなみにこれは、底に沈んでるのがローズヒップ。

5EEDC5A8-7072-4796-984F-2BE4BCDFE7E1.jpeg

時間が経つにつれ、ローズヒップから溶け出したアスコルビン酸に反応して、こんなふうに色が変化します。

7F531660-B45B-4383-B992-B38999BE43B3.jpeg

酸が強いほど赤みを帯びます。

761D1B3A-AADD-491D-92F6-1B39C7B17C21.jpeg

梅シロップをいれるとこんな感じ。

夏は色の変化が楽しい涼しげなゼリーもいいよね。



 → 猫庭インデックス



posted by ぽちの和 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2020年07月20日

プロッキーちゃんへの送り花

7月8日。
プロッキーちゃんが旅立ったそうです。

18歳と1ヶ月と28日。

16544A99-7CC6-4284-B0B6-2FD359A31915.jpeg
以前にいただいた18歳の誕生日のお写真です。

犬と暮らすということは、必ずいつかこの日を迎えることになります。

でも、ボーダーコリーさんの18歳ですから、本当にご長寿さん。 
飼い主さんのケアがあってこその18歳と思います。




ずっと以前に、

若くして亡くなった方なら白い花を。
ご高齢で、天寿を全うして亡くなった方なら少し色のある花を。

と聞いた事があり、長毛のボーダーコリーさんの尻尾にも似たケイトウをプロッキーちゃんの送り花に選びました。

F9F5FB24-A887-4084-9D5C-04EEF4E27F70.jpeg


プロッキーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

幸せなご長寿わんこに出会えて、時々様子を伺えて、ワタシもしあわせでした。





posted by ぽちの和 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

巣箱キット、組み立て完了♪

土曜日に、ネットでポチった巣箱のキットが届きました。

34F0A18D-EC65-4FBC-944C-87B699F3A010.jpeg

もう少し大きいかと思っていたら、意外とコンパクト。

希望としてはシジュウカラに入居してもらいたいので、真っ先に入り口の穴の直径を確認。

2A059FA1-D8AC-4029-84D1-1866C7034CC0.jpeg

ぴったり28mm♪

穴の直径によって、入る(入れる)鳥が違うらしい。
わずか2mmの差で、入居する鳥を選別するとはね。

パーツが全部あるか確認したら、背板の大きい節穴を

59302F94-5E41-4F76-AACE-4DE4ADCA496D.jpeg

家にあった壁穴補修用のパテでざっくり埋め、

6F8C65F5-7D4D-4D71-83B7-D5DE73A27B77.jpeg

底板に水抜き用の穴を5箇所あけ、

CB1BE1F9-162F-4587-9B5C-BE85AE5E814A.jpeg
(底板は雨水などが溜まらないように、水抜き用の穴を開けておくらしい。)

屋根を釘で打ち付ける仕様から、観察&掃除のために開閉できる蝶番に変えて組み立て完了〜♪

FF1FA8F9-8754-4CC4-BE27-92204CF6151C.jpeg

久々に晴れ間の出た日曜日。

オイルステインを塗りました。

70354021-0D49-422E-A003-0687D79EAAE8.jpeg

完全に匂いが消えるまで屋外放置。

EEF5307D-6D23-4F5E-B467-B07A39848084.jpeg


このあたりにヘビはいないと思うんだけど、カラス対策は必要だな。
あと、蜂に巣を作られないよう設置期間や撤去の時期も考えなきゃ?

とりあえず、今年の巣作りシーズンは既に終わってるので、越冬用に使ってもらえるよう秋以降の設置かな。

それまでじっくり調べて考えます。



posted by ぽちの和 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん