schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2021年06月29日

黒柴こたろうくんの介助ベスト

後肢の介助をもう少し、、、ということで、リメイクしたこたろうくんの介助ベストを使ってみてのご感想をいただきました。

男子の場合、女子よりお腹の繰りが深くなるため、後ろ半身の持ち手を持つと背中から大きく離れてしまうのが難点でした。
さらに、こたろうくんの場合、後肢がお腹側に入っている姿勢だったので、リメイクでは持ち手を長めの1本だけにして、後ろ半身寄りにサブベルトをつけた結果、、、



ベストを依頼したときのこたろうのサイズと現在のサイズがずいぶんと差があるのですが(少々細身に…)身ごろ部分のマジックテープの調整幅のお蔭で今も着ることが出来ています。

自力で起き上がることが困難となりましたが、おしっこをしたい時等起き上がりたいアピールをしてくるのでその時は手持ちベルトが大活躍です。

写真の様に背中が丸くなってしまったため、後肢が前にいってしまうのでサブベルトを使って後ろを少し引き上げ姿勢を正すことが容易になります。

BD803DE0-05C7-41E6-8F6F-6C386A65228D.jpeg

D7898E5C-1CFD-46F3-A4BC-01387213CF73.jpeg

サブがないと頭がより下がってしまい体制を整えるのが難しいと思います。
ですのでサブベルトの役割は大きいと感じます。

お洗濯してもすぐに乾くし助かります。

お腹部分の着丈のリメイク(お腹の繰りを深くした)もジャストの長さでした。
ベルトで引き上げて立たせて、体制を整えるとおしっこをしてくれるので着丈を変えて頂いて良かったです。



ということで、W後肢をもう少し、、、Wについては、必要十分ではないにしろ、少し改善できたようです。

男子の後ろ半身の介助、今後はこのパターンもありなのかな?



実は、後肢がお腹側に入ってしまうこたろうくんには、お散歩や歩行には車イスをお勧めしています。

車イスに抵抗のある方って、まだ多いのかもしれませんが、車イスは歩行を助けて機能を維持することだけでなく、ごはんの時や、直後の立ち姿勢を維持して消化を助けることにも役立ちます。

なにより、自分で歩ける!って、犬にとってすごい嬉しいことです。



自力で立てなくはなりましたが、車いすに乗せるとよく歩きます。
お蔭様で足首以外は関節可動域もなんとか保てています。

FE5FF180-160D-4AD2-95D1-AEFF6B808A11.jpeg

人間もそうですが、立つという事の大切さを感じます。
トコトコ歩いている姿を見ると私達も元気になります。



ヨカッタです!

そして、介助ベストは、実は車イスやカート(特に車イス)に乗せるときに結構役に立つんですよ。
ぽちも介助ベストなしだった頃は、抱き上げて車イスに乗せるのがまあまあ大変でした。^_^;



普段のお散歩風景と

20A46A65-7CD1-48DC-98EA-0CFC2EF76B7F.jpeg
こたろうくんは白黒3兄弟なのですね

青空の下、広い公園で、草のベッドで横になるこたろうくんのお写真もいただきました♪

5EE44E3A-BFA4-4D31-B233-475605EB67CB.jpeg

晴れた日のお外は気持ちいいね♪



介助ベストは、みなさんのお声をいただきながら、今後も改良していきたいと思っております。
こたろうくん、Kさま、ありがとうございました。


そして、、、
こんなふうにしあわせなシニアわんこさんと関わらせてもらえているのは、ぽちのおかげ。
ぽちさん、ありがとね。



あ、それから。

介助ベストは背中のマジックテープである程度のサイズ調整ができるのですが、さらに痩せてしまったという場合に、ご自分でできる簡単な身幅の詰め方を次回まとめて書いてみますね。


介助ベストについての詳細、ご依頼方法につきましては、こちら 。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

2021年06月26日

猫庭ダイアリー2021(その15)

ヤバババ!

アゲハの幼虫ばかりに気を取られていて、気がつかなかったのですが、我が家の月桃がついに花を咲かせてくれるようです!

28EC29DC-EC33-4291-BAD5-505EE792C0BD.jpeg

色が既にかわいい♪

2018年4月に種をいただき、地面にこぼれたタネから発芽して3年。
全くの放任で、やたら伸びる葉っぱを持て余して時々チョキチョキしてティーでいただいていましたが、ようやくです。

開花が待ち遠しい♪



チェストベリーもたくさん花が咲き始めました。

35318E36-59DF-40A3-A6CA-AABFD3B1187F.jpeg

これから盛夏の暑い中、グングン伸びて涼しげな花を咲かせてくれます。



アゲハの終齢幼虫の食を支えてくれたはるみが、ようやく新芽を出しました。

22ABC1BA-2990-4D20-81D4-EAED3F8C3EC4.jpeg

枝先の柔らかい葉っぱから食べ尽くされて丸ハゲ状態だったから、この変化は嬉しい。



ついでにアゲハの幼虫ことをば書かせていただくと、、、。

最初の3頭はグレープフルーツ(硬い葉)→ヘンルーダ(柔らかい葉)→はるみ(硬い葉)だったので、エサを替えても特に文句を言われなかったのですが、ヘンルーダの柔らかい葉っぱしか食べていない今のコたちに、はるみの葉っぱはお口に合わないようです。

こまったな。
ミカン科ならなんでも食べられるコじゃないと、、、。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
posted by ぽちの和 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2021年06月23日

シュン

「アニマルエレジー」という番組をご存知ですか?

ある時はクスッとするおマヌケぶりだったり、ほほぅと感心したりの生きもの賛歌の番組なのですが、時として厳しい自然の摂理を感じてしまうこともあります。

FFC21F9D-8FAB-4822-B86A-2085631556CF.jpeg


つい先日まで書いていたアゲハの幼虫の観察日記もですが、たとえ1ヶ月でも一度世話をし、関わってしまうと、

育てるって、怖い

、、、と思うようになります。

全てがチョウとなって飛び立てるわけではなく、鳥や他の外敵のエサになってしまったり、寄生されたりと、知れば知るほど過酷です。


保護するルールを決めた結果、外の鉢で育つ幼虫もあり、玄関を開けるたびに様子を見てしまうのですが、弱っていく個体もあれば、脱皮がうまくいかなかったり、終齢になって数日後に忽然と姿を消してしまう個体もいます。

自然の営みの中ではどんな命も無駄にはならないとはわかりながら、やはりある日突然いなくなってしまうのを目の当たりにするのは辛い。


知ると怖いと思うのは、多分犬もおなじ。

ごはん食べて、お散歩して、うんちして、走り回って、遊んで、元気なだけでなく、病気もするし、怪我もするし、ヒトの何倍もの速さで年もとっていく彼らと生活を共にしていくと、心が通うぶんアゲハの幼虫どころではない苦悩や重さもあったありします。

育てるって、怖い 

少しでも元気で過ごしてほしい。
なるべく穏やかに過ごしたい。
ぽちにとって、頼れる飼い主でありたい。

何か普段と違う様子を見ると不安になるし、失うことが怖くなります

だから、ワタシ、ぽちのためにハーブやらマッサージやらを学ぶことになったんだろうな

とあらためて思います。

4E83F46E-050E-418B-A2DA-C8CC324F3635.jpeg

ぽち亡き今、
たとえ1頭だけでも、最後を家庭犬として穏やかに過ごさせてあげられればと思うのだけれど、だからワタシ、結局保護犬を迎えることができないのかも。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 その他生活ブログへ

posted by ぽちの和 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2021年06月21日

あんずちゃんの2着目

ノミの心臓&喧嘩上等顔のお嬢さん(笑)、あんずちゃん(ボーダーコリー)の2着目の介助ベストのご依頼をいただきました。

F81211C5-F951-46EF-B879-0F6DCB3DE855.jpeg

ちょっと太ったかも?というお話でしたが、シニアで太れるコはまだまだ大丈夫!

背中のマジックテープの長さと数はわんちゃんの大きさで変わるのですが、ボーダーコリーの場合4箇所に付けています。
部位別に緩めたり詰めたりして、わんちゃんが過ごしやすく、かつ介助しやすい状態でお使いください。


あと、シニアわんこは少しずつ痩せていくことが多いのですが、身幅を詰めて行くにつれて持ち手も長くなり、ちょっと介助がし辛くなります。
そんな時は2着目のご依頼をいただく際に「どこを何センチ詰めて欲しい」とご連絡をいただければ対応できます。(同じわんちゃんならば既に型紙がありますので、ちょっとお値引きをしております。)


また、”自分でできる一番簡単なリサイズの方法“ を、近いうちにブログに書いてみようと思っています。


介助ベストの詳細・ご依頼方法につきましては、
vest.gif にてご確認ください。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

2021年06月20日

クールアイテムとか木彫りとかハーブとか


最近ネットでポチったもの。

C86EE446-BB18-474C-B812-1C249B5A6CBE.jpeg

首につけて使います。
ネット通販ではヒト用よりも犬用の方が出回っているようです。
(ヒト用と犬用はサイズが違うだけのようです。)

雨と慢性腰痛のため、まだ家の中でしか使っていません。
冷えすぎず、結露もしないし服も濡れないので今のところはまぁ、いいかな?という感じ。
ただ、盛夏の屋外使用はどうかな?

あと、犬も?
短毛のコなら多少はひんやり感が伝わるのかもしれないけれど、ぽちには無理かな?って感じ。



今年になって、木彫りも再開。

0A867C16-3EF9-47EE-B3ED-4808EA456E7F.jpeg

犬種によって体型や体格が随分違うのだけれど、顔だけで犬種を彫り分けるのって結構難しい。
けど、楽しい♪



シャワーモードの水ですらひっくり返っていたネトルも、たくましく育っています。

5443277C-6CF4-4A0D-AE24-69ECDD287727.jpeg

斑入りかな?と思っていた左下の1株も、今のところ斑入りではなさそうです。



月桃の葉に付いていたクサカゲロウのタマゴ。

133144E4-66BC-4427-BCCF-3212C2D2D1CA.jpeg

光る糸が綺麗です。



今はエキナセアが花盛り。

0EF1A14E-6DF8-4504-8AF8-A6E4B203877F.jpeg

千葉工業大学で開発された「ハナノナ」というアプリがあって、カメラで撮りながらでも、写真からでも判定できます。

5238A946-0516-46D0-A127-412EE2AA72C8.jpeg


ちなみにぽちは、ある時は

B463D6BC-E111-4C60-BADE-FAC8CE1DDE70.jpeg

ある時は

9116A664-03F8-42D0-A9EF-0FC02F17D9DE.jpeg
(自信がないときは◯◯科でほったらかされます。(笑))

になります。

そもそも花じゃないから。(笑)

ハナノナ、100%ではないけれど、結構楽しい。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ