schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年02月04日

すったもんだがありましたが・・・(^_^;)

只今、実家に帰省中。

20170204_2.jpg

父の一周忌の法要のためなのですが、昨日、今日と母の付き添いで病院めぐり。

昨日、朝起きると
「夜からおしっこが出ない
腰から膝までに違和感があって気持ちが悪い」
と訴えられ、まずは近くのかかりつけの内科へ。
そこから泌尿器科の受診をすすめられ、病院ハシゴ。

母の言う「違和感」は最初の病院での診察を終えた頃にはなくなっていたようですが、検尿しようにも、しばらくトイレにこもっても数滴しか出ない状況が続いて心配しましたが、泌尿器科でおしっこが出やすくなる薬(エブランチルカプセル)が出て、昼食後にはある程度まとまった量が出てくれました。


泌尿器科の病院に、夕方までの尿量を電話報告をしたところ
「エコーで診たときも、だいたいそのくらいの量やったです。水分を摂られとらんかったのかもしれんですね。」
と言うことでした。
母に水分補給を心がけて貰ったところ、その後はしっかり尿が出るようになりました。


お年寄りは、夜間頻尿を避けたいために意識的に水分補給を避けている方もいます。
そうでなくても、感覚器官も鈍ることで渇きを自覚しない事があります。
母の場合もそれ+メンタル(父の一周忌とワタシの帰省という変化に対するストレスかな?)と思います。

違和感の理由は解決できていませんが、診察後に落ち着いていたと言うことは、「おしっこが出ない!なんか良くない病気やろか?」という不安が違和感を増幅していた可能性もありそうです。

と言うわけで、すったもんだがありましたが、なんとか事なきを得ています。



水分補給、大事です!
特に冬は、身体の内側の乾燥もすすみます。
実家に帰ってエアコンの25℃の設定温度にもびっくりしましたが、エアコンからの風もどんどん水分を奪って行きます。

テーブルの上にカップが置いてあれば、ちゃんと飲んでると思って安心しがちですが、量と環境も合わせてチェックが必要かもですね。



ヒトだけでなく、シニアわんこもしっかり水分を補給してあげてください。

わんこの場合も体重(1kgあたり)×50〜70mlの水分補給が必要と言われます。
7kg弱のぽちなら、1日当たり350ml〜490mlの水分補給が必要です。

うちの子あんまり水を飲みません、という子にはストラバイトになりやすい子も多かったりします。

食材にもしっかり水分が入っているので、手作りごはんは水分補給にもお役立ちです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178652726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック