schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年03月09日

原因がわかりました

昨日の発疹と痒みのその後です。

実物とスマホ画面ではよくわかるのですが・・・。
わかるかなぁ・・・。

20170308_2.jpg

赤丸で囲ったところが、なんとなくぼやぼやっと腫れ、一番痒かった部分。
青丸で囲ったところも、写真ではわかりませんがちょっと発疹ができて痒かった場所。

塗ってわりと早い段階で痒みは消え、中央のぼやっとした腫れと赤味が引き、「く」の字を逆にしたような赤い輪郭線になりました。

20170308_3.jpg

昨日は午後から「犬の植物療法」セミナーだったのですが、セミナー中も全く気にすることなく過ごし、セミナーが終わった夕方に、腫れと痒みの原因がわかりました。

20170308_5.jpg

今朝、撮り直した写真。
    ↓
20170309_1.jpg

ちょっと皮がめくれて、ひっかき傷のようなものがあります。

つまり、今回の発疹、直接の原因は接触性の皮膚炎。
何かで引っかいたか、ぶつけて、それが刺激になって腫れたのだと思います。
(知らないうちに青あざができていたり、記憶がないのに傷ができてたりがちょいちょいあってヤバいなと思うお年頃。(^_^;))

アレルギー体質の人って、引っかいた部分が赤くミミズ腫れになったりしますが、それですね。
ワタシの場合、ミミズ腫れができるのは一年中ではありません。
このサインが出てくるときは、ちょっと身体のこと気を付けなきゃと思っています。

そういえば、先週も1日だけやたら鼻がズルズルだった日がありました。
なんだろ?花粉症再燃か?と思いましたが、ひどかったのは1日だけで、翌日は平気でした。
ここんとこ外出続きでちょっと食生活もいいかげんだったりもしていたので、気をつけなくては!です。

20170308_4.jpg

春は、いろんなサインが出てくる時期です。
いろんなものが動き始め、冬の間に溜めこんでしまったものを、排出しようとする時期です。
わんこの場合、春に皮膚トラブルが出てくる子も多いですよね。

冬の間に余計なものを溜めこまないようにしていくこともすご〜く大事。
わんこだけでなく、自分ケアも怠ってはいけません。


今回はぽちではなく自分の手だったこともあり、ハーブウォーターなどを使わずにいきなり多目的ブレンドを試してみました。
結果、悪化する前の早目のケアに利用するのは有効だと思いました。
(今後もチャンスがあれば試していきます。)

ただ、間違えて欲しくないのは、急性の症状に外用で使うということは、つまり医薬品と同じ対症療法です。
「症状を起こりにくくする」 ために精油を使うことはできません。

皮膚トラブルには様々な原因があります。
何かの疾患が根本にあれば、それを治療することが必要。
そうでない場合は、そこはやっぱり普段の生活や食事、体質改善だと思います。

それって、獣医さんでも病院でもなく、飼い主だけがやってあげられることです。

そして、そういう部分にもハーブが力を貸してくれます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179027163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック