schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年08月09日

低反発 vs 高反発

介護期に入ると重要になってくるのがマットレス。

低反発か、高反発かで悩む飼い主さんも多いと思います。

本当は、介護期に入ってからではなく早いうちから使うのがオススメです。
睡眠は重要ですからね。

ぽちは、低反発(ドッグケア防水マットレス)と高反発(ブレスエアー)の両方を持っています。


ブログにも何度か書いたことがありますが、ぽちのブレスエアー使用歴は結構長くてもう8〜9年?
きっかけは、ヘルニアとパテラでした。
少しでも身体に負担のかからないものを・・・ということで、当時選んだのがブレスエアーのマットレスでした。

切り売りしているサイトで大きいブレスエアーを購入し、ベッドとケージとカート用にハサミでジョキジョキカットしてカバーを縫って使っています。

20170808_6.jpg

平らなベッドは冬が寒そうに思えるので夏限定使用でしたが、尿漏れのあるわんこの場合も、汚れてもササっと流せてすぐ乾くという点でもブレスエアは大助かりでした。

ぽちの高反発マットレスは、硬さの違うブレスエアーの2枚重ねです。

20170808_5.jpg

硬め(写真上)は目も粗く、足が埋まったり爪が引っかかりそうだし、カバーの上からでもボコボコとしていて寝心地が悪そう。
柔らかめ(写真下)は、目が詰まっていて確かにソフトなんだけど、これ1枚だと底付きしそう。
・・・ということで、底付き防止に硬めを下に、柔らかめを上に重ねて使っています。

image.jpg


一方、低反発マットレスは?と言うと、3年ほど前にドッグケア防水マットレスを購入したのですが、その大きさを持て余し、かと言って切る勇気もなく、、、、で壁に立てかけたままオブジェと化していたものを、ようやく去年の1月にハサミを入れてベッドに敷く小さいマットと、大きいマットに分けたのでした。

小さいマットは冬に良く使うカドラーのマットに使用。

20170808_9.jpg
(つい先日、布製のカバーから合皮のカバーに変えました。)

大きいマットも、尿漏れの量が増えたタイミングで(拭き取りがしやすい事から)、オブジェを卒業して窓辺に設置するようになりました。

20170808_2.jpg


低反発マットレスは防水カバー付きなので、通気性はありません。
高反発マットレスはコットンのお手製カバーなので、尿も通りますが通気性も抜群です。

ぽちは、高反発のマットレスと、低反発のマットレスを行ったり来たりしながら、好きな方で休んでいます。
今のところはどっちが良いということもないようです。


低反発・高反発それぞれの良さがあるので使い分ける感じになるのかな?とは思いますが、どちらか一つをとなった時はどうかしらん?

一番は本犬の体の負担ですが、今後は介護する側の負担(洗濯とか、手入れのしやすさとか、介助のしやすさとか?)も出てくると思います。
本格的な介護期に入ったら、両方を加味してどっちが良いかの判断ができるのかもしれません。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180584938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック