2017年08月16日

ぽちに車イスを作るのだ!(Vol.4)

慣らし運転3日目の朝。
ブレスエアーの胸当てを付けたぽち号に、初試乗。

・・・と思ったら、胸当ての上でくつろいじゃってます。

20170815_1 .jpg

いやいやぽちさん、そうではなくって

20170815_2.jpg

いやいやぽちさん、そうでもなくって、、、。(^_^;)

そのベルトは前足を乗せるものではないのよね。

ということで、きちんと4本足で立たせて散歩にGo!!


ブレスエアーで当たりが柔らかくなったからか、歩き方が昨日までののったらのったらより随分良くなり、歩行距離も伸びました♪

20170815_4.jpg

こうなると、ますます頭が上下した時にゴンゴンあたる補強のバーが気になります。
(濡れてるところが、アゴをぶつけた場所です。)

20170815_3.jpg

ちょうどアゴの位置なんです。(>_<)
(右側に痕跡が多いのは、左側にリードをつけて歩いたから)

補強のバーがアゴに当たる件については土曜日の時点で相談済みでして、予約のうえ再びポチの車イスへ行ってきました。

20170815_5.jpg
こないだ来たところだね

まずは、バーを付ける方向を逆にして(前方ではなくお腹の下に通した状態で)歩行チェック。
胸に当たらない高さで、歩行時に肘が当たらないアールに変えていただいたのがこの形。

20170815_6.jpg

補強のバーの向きが変わったことで、ぽちはバーを気にしないで歩けるようになり、だいぶコンパクトにもなりました♪
(ちなみに、胸の前のベルトは、勢いよく走る子が前に飛び出さないためのものだそうです。そうでなければ付けなくても良いかも?とのこと。)

20170815_10.jpg

前面がフルオープンなので、これなら、車イスに乗った状態でごはんも食べられるし、水を飲むこともできます♪

20170815_8.jpg

ただしこの形は、足の長いわんこや元気に走り回る子の場合は難しかったりもするそうです。

一頭一頭、わんこによって体の状態も体型も違うので、ホントに本当のカスタムメイド。
ここがこうで・・・と説明すると、木口さんは「せっかく作ったのに歩けないんじゃ意味ないからね。」と、これまでの経験と知識と技術でもって 「歩くための車イス」 を作ってくれます。

ありがたいです。(;_;)

「また気になるところが出てきたら、いつでもどうぞ」との言葉に送り出していただきました♪

今のぽちに 「これがベスト!」 と思える車イスを作っていただきましたので、あとは、ワタシができる小さなカスタマイズと練習で慣らして行こうと思います。


実をいうと、車イスを使った歩行練習を初めてから、ぽちは尻もちをついていません。
車イスという未知の体験は、シニアの脳と体に良い刺激になってるのかも?


「ぽちの車イスを作りました!」と言える日もそう遠くない気がします!


ここまでのおはなし
 ぽちの車イスを作るのだ!(Vol.1)
 ぽちの車イスを作るのだ!(Vol.2)
 ぽちの車イスを作るのだ!(Vol.3)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180662119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック