schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年09月05日

ドッグバンパー(視力を失った子に)

昨日は、都内某所で開催された交流会に参加してきました。

獣医さんをはじめとして、いろいろな業種の方が参加された交流会で、ぽちの和のご近所さんもちらほら。
「あ、知ってます!なんとあのお店の・・・。」
「わたしもぽちの和さんの名前、知ってました。」
「え〜っ!」
とか、
隔月で通っている夜のセミナーでお会いしていた方とのびっくり遭遇などなど・・・。
世間って意外と狭い。(笑)


同じテーブルに、Facebookで時々目にしていた 「ドッグバンパー」 の開発をなさっているAtomic Worksの西澤さんがおられ、お話しをさせていただきました。

ご自身の愛犬(パグちゃん)が角膜潰瘍を繰り返し視力を失う事になり、それをきっかけに目が見えなくなったわんちゃんの為の装具「ドッグバンパー」を試行錯誤しながら開発されたそうです。
(現在もモニターさんからのフィードバックを元に、さらなる改良中。)

20170904_1.jpg

ハーブのセミナーでも、目のトラブルについてお話しをすることがあります。
失明の原因にもいろいろあって、対処の仕方も様々です。
シニアわんこのように徐々に・・・という場合は、模様替えを避けるなどの対処をしてあげれば、住み慣れた我が家(屋内)ではあまり問題なく過ごせたりもするのですが、突然視力を失った子の場合は、それによるストレスや、行動を制限されることによる筋力低下も否めません。

失ってしまった視力を元に戻すことはできませんが、少しでもそういうわんこたちが暮らしやすくなる装具があるって心強いですよね。

パグちゃんのようにマズルの短い犬種、目が出ている犬種は、特に眼球を傷つけやすかったりします。
壁や柱に激突しながら遊ぶハイパーな子には、予防的に屋内で使うのもありなのかな?と思います。


「目が見えないストレスを軽減させてあげられるものがあったらいいのに・・・。」

「こういうものがあったらいいのに」と思っているものが、実はある!
と知らずにいることも結構あります。

そういう方に、この記事が届きますように。

正式販売は、まだもう少し先のようですが、ぽちの和に資料を1部いただいておりますので、ご興味のある方はご覧いただけます。

≫ Atomic Works
  → 「ドッグバンパー」 については こちら



今朝は空気がひんやりしていて、ぽちさんも、しっかり鼻を隠して寝ていました。

20170905_1.jpg

犬の寝姿に季節を感じる犬飼いです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180893848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック