schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年10月17日

桑の実とクランベリーのジャム

ようやくフレッシュが出回る時期になりました。

20171017_1.jpg

昨年の『Enjoy Herb!』でおしっこトラブルの回にご紹介したクランベリーです。
おしっこトラブルのあるわんちゃんにも、ちょっと膀胱炎になりやすい飼い主さんにもオススメです。
(今年も11月の『Enjoy Herb!』に登場しますが、昨年とは違うメニューにする予定です。)


我が家では、この時期になると多目に買って1袋はクランベリーのチンキ剤(クランベリー酒とも言う(笑))を漬け、1袋を冷凍保存します。
クランベリーのチンキ剤は、ワタシ用。
冷凍保存したクランベリーは、ぽちさんの泌尿器トラブルの時にごはんにトッピングして使っています。


いつもはウオッカですが、昨年はちょっと冒険してラム酒に漬けてみました。


2016年バージョン(そもそもラム酒自体が甘いので、わりと飲みやすかったです♪)

そして今年は、薬酒用に買ったけど開封しないでほったらかしだった25度のホワイトリカーに漬けてみました。

20171017_2.jpg

どんなお味になるのかな?
アルコール度数が低めなので、アルコールの弱い方にも飲みやすいかも?


そして、冷凍庫に残しておいた最後の桑の実をクランベリーと一緒に煮てジャムに♪

酸味はクランベリーに、甘味は桑の実にオマカセして砂糖はすご〜く少な目。(大匙3〜4杯くらい?)

20171017_3.jpg

桑の実だけを煮てもシロップにしかならないのですが、ペクチンを含むクランベリーのおかげでジャムになります。

最後に、去年のチンキ剤からとっぷりラム酒を吸ったクランベリーの実を加えてコトコト煮ると、ほんのりラム酒の風味のオトナ味のジャムになりました。

20171017_4.jpg

甘味だけで酸味がない完熟の桑の実と、すっぱいだけで甘味のないクランベリーは最高の組み合わせかも。
我が家の桑の実ジャム、これにて完成形かな。

これまでクランベリーの冷凍保存はぽち用に1袋程度でしたが、となると、今後はもう少し多めに買い置きすることになりそうです。

20171017_5.jpg

桑の実とクランベリーのジャムは、クリームチーズともよく合います♪
クラッカーに乗せても、ヨーグルトにトッピングしてもおいしくいただけます♪

20171017_6.jpg


ただね、甘すぎない程よいお味って、結構量が食べられちゃうのが困りもの。(^_^;)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181306630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック