schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2018年01月10日

最近のぽちさん(車イス編)

12月に入ったくらいからかな?
ベッドから立ち上がる時に、時々ドタッと横にコケるようになりました。
特に寝起き。
昼間はまだそんなに・・でもありません。


お散歩は自分の足で歩いているぽちですが、今年に入って家の中では足元がヨロケる事が増えてきました。
でも、マッサージをすると少し改善します。

それから、車イスに乗ってしばらく過ごさせると、足の使い方も良くなるようです。

20180109_7.jpg

車イスで立ち、車イスを動かすことは、姿勢を正し、眠りかけていた筋肉を使うことにも役立っているようです。

20180109_5.jpg

狭い家ですが、わりと方向転換なんかもできています。
家具の足や角に車輪が引っ掛かると停止するので、そういう時はちょこっと手を貸します。
ただ、気を付けなきゃいけないのが、水飲みと食器を置いてる台。
うっかり車輪を引っ掛けて水をぶちまけちゃうこともあるので、いっそ柱に食器を乗せる棚を取り付けちゃおうか?と思案中。


ごはんと言えば、最近、ごはんの食べこぼしが増えてきました。

20180109_8.jpg

食べるという動作にも筋肉が係っています。
食べ物をくわえ、喉に送るという作業がちょっと苦手になっているようです。


ベッドに腰を落とす前の、寝床作りの儀式がさらに長くなりました。
クルクルクルクルクルクルクル・・・
一体何周回れば気が済むのかい?と言いたくなるほど回って回って回って回ってようやく腰を落とします。
(筋力が衰えると、腰を落とすことにも気合がいるようです。)

着地点がベッドから半ケツ出ていたり、ベッドの外だったりも結構あって、おせっかい飼い主が手を出すと、また立ち上がったりも。
本犬には 「余計なお世話」 なのでしょうが、それはそれで筋力維持のためには悪くないのかも。



何も教えなくても、何も言わなくてもちゃんとベッドの真ん中に座り、眠っていたのは、きちんと距離感が掴めていて、空間認識ができていて、自分の体も意識できていての固有受容感覚+筋肉があったからなのだなぁ・・・と、今になると思います。


---------------

1月、2月のSweet Dogさんによる 飼い主さんにウチのコ専任セラピストになっていただくための「オンリーwanマッサージセミナー」(基礎編・実践編)は、満席となりました。

普段から全身を触っていると、病気の兆候を見つけやすくなります。
日々の健康チェックにも、マッサージはとてもオススメです。

土曜日開催のご要望がありますので、土曜日については日程調整中です。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182079712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック