schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2018年06月27日

最近のぽち(お散歩のこと)

往路をカートで、復路を歩いて・・・を始めたのは、桜が咲く前だったので、3ヶ月ちょっと前のお話し。
(今は車イスは屋内専用になっていて、雨の日のお散歩が短かった時などに使っています。)


あの頃は、復路の1kmほどを割とスタスタ歩いていました。(と思います)

最近は、ある日は1kmだけど、また別の日は500mと、ちょっと上向きの日もあれば、横ばいの日も、段差をガクンと落ちる時もあり、日々の変化を線でつないで行くと、ゆるやかな下り坂・・・という感じです。

ちょっと立ち話をしていると、へたり込んでしまいます。


既に家の方向はわからなくなっているので、ちょっと歩くと回れ右をします。
なので、ぽちに任せているとなかなか家に帰れません。(笑)

最近では、一気に長い距離は難しくなり、ちょっと歩いたらカートに乗り、次の角からまた歩き・・・という感じのお散歩です。

夏のお散歩は気温が上がる前に終わらせたいので、まだ寝ているぽちを抱き起こしてになります。
なので、出動直後はカートの座面にぺったりと貼りつくようにフセているぽちですが、外の空気を吸って覚醒してくると、景色を見ようと起き上がろうとします。

足の踏ん張りが効かなくなっているので、平泳ぎのように、前足を左右に泳がせ始めると、お散歩スイッチが入ってきた合図です。

お散歩の出始めは引きずられるようにしてやっと歩き、ちょっと歩いては立ちどまり・・・のぽちも、中盤にはとろとろ歩きになり



カートの乗り降りを繰り返しているうちに、段々足取りがしっかりしてきます。

(この日は特別調子が良い日でした)

時間にして1時間〜1時間半。
乗ったり降りたりしながらも、正味1km弱は歩いてるかな。


最近、両手のここ

20180523_5.jpg

が、やけに痛くて、なんでかな?と思っていたのですが、原因はコレでした。

20180624_7.jpg

右手はリードをぐるぐる巻きにしてぽちの体重を支え、左手はカートを押しながら段差や溝を乗り越えるからでした。


シニアわんこの変化は目まぐるしいです。


「今」がずっと続かないことはわかっています。
だからこそ、これまでも、これからも、ぽちの変化に連れて、形を変え、少しでも長く現状を維持できるよう工夫して行きたいと思います。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)の教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183621038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック