schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2018年10月11日

帯状疱疹

人生初、帯状疱疹になりました。

と言っても、既にカサブタもほとんど取れ、治っています。

「多分、だろうな」と思いつつ、当面の来客や、妊婦さん・赤ちゃんに合う予定がなかったので、セルフケアでしのいでおりました。

場所は、好発部位と言われる脇腹(左)。
当初のチクチクと痛かった時は、セントジョーンズワートの軟膏を塗っていました。
だからなのかどうなのか、「痛いらしい」と聞いていた帯状疱疹ですが、ワタシはそんなでもなかったかな。

ちょっと時間ができてから、近所の皮膚科のクリニックに行きました。

お医者さんは一目みるなり、「帯状疱疹ですね。もう治りかけてますけど。」と。
そして、例のでっかい内服薬が出ました。

20181011_7.jpg

やたらデカいのがウィルスの増殖を抑える薬。
+痛み止めと胃薬。


帯状疱疹は、過去に罹患した水疱瘡のウィルスが神経節などに潜んでいて、ストレスや疲労の蓄積など免疫力が落ちた時に皮膚に出るということで、夏の疲れも関係ありそうです。

今年の夏は異常な暑さでした。
夜も気温が下がらず寝苦しかったり、外出すればしたで35℃を越える暑さと冷房の効いた電車や店内を出たり入ったりで、自律神経だってリズムを崩されまくりで大変だったと思う。
ぽちの介助はそんなに負担と感じていないけれど、それでもぎっくり腰になったりもしましたし、ぽちが首を痛めてしばらく気持ちが休まらなかったりもしていました。

「多分、だろうな」と思ったのは、症状もですが心当たり大アリだったから。


夏の疲れ、侮れません。
最近は 「秋バテ」 という言葉もあるようです。

今までなんとなく乗り切れていた季節の変わり目に、ちょっと自分を気遣うべき年齢にもなったのだな、とも。

おいしいものを食べて、彩り豊かな秋を楽しみ、週末くらいはリラックスして、愛犬の被毛を撫でながら、ハーブティーでも飲みながら、まったりゆったり過ごして、鋭気を養う。
そんな時間を作ってくださいね。


夏の疲れ、秋バテ。
人間だけじゃないですよ。
わんこもです。

ある程度のシニアになったらお出掛けもほどほどに。
犬は群れの動物と言いますが、連日連れ歩かれては犬も疲れます。
犬だって休みたい時はあるのです。
楽しいイベントの後こそ、ゆっくりとした休養を取らせてあげてください。


それと、花粉症の方。
予報によると、来年の花粉は多いらしい。
花粉症対策も、少し意識しながらハーブティーを飲んでおくと良いかも?です。

ワタシも備えておかなくちゃ!


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)の教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184599384
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック