schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年12月12日

なかなかの実力

「紫雲膏」をググると、なかなか面倒臭い作り方が出てきます。

ごま油も豚脂も、華岡青洲の時代に手に入る材料だからだよね?
重合?そんなに長時間加熱?酸化しない?
練る?なんで?と「?」ばかりでした。

普段作る軟膏の作り方でいいやん。


と思っていましたが、

「紫雲膏」を作るなら「紫雲膏」の材料と作り方を踏襲しなきゃだよね

とある方に言われ、ちょっとワタシゆるく考えてたなと反省。

そして9月。
漢方薬局のワークショップで、(ちょっと基材にアレンジが加えられていましたが)正式な「紫雲膏」の作り方を教わってきました。

1D1232E5-4CA1-48B3-AA75-447B2569B9C5.jpeg

量にもよるのでしょうが、「紫雲膏」の正式な作り方は、軽く3時間はかかる重労働でした。(;'∀')


------------

ということで・・・。
ワタシが作る紫色の軟膏は、「紫雲膏」ではありません。

でも、座りダコや切り傷、先日の口角炎でもしっかり効果を実感したし、角質の肥厚で軟膏を試してもらっていたわんちゃんの肉球も、ここまで綺麗になっていました♪

8月下旬の写真
6D46A85D-0F51-450F-9F8B-6D8D806E74C7.jpeg
 ↓
11月上旬の写真
1CBDAB03-E1F4-496C-8BD1-D325B331137E.jpeg

ちょっとアヤシかったこっちの肉球も

0AE7AA00-6A4F-4343-9FFC-20AC3AB4F26E.jpeg

悪化せずにすんでいました。

FAE0E8D8-81EC-4DA5-931C-70DF1AA58B0A.jpeg

もちろん、飼い主さんのケアもあっての結果ですが、なかなかの実力でしょ?

「紫雲膏」ではないけれど、これなら必要十分ではないかと。



そんな経験もあって、ホームケアで使うものなら、基本を知ったうえで、もっと作りやすく&使いやすくアレンジすれば良いと思う訳です。


ちなみにワタシ、紫根と当帰のインフューズドオイルにひと手間を加え、軟膏とコールドクリームにして使い分けています。

33C42F97-1FA1-4780-93CC-3491F160D516.jpeg

膝やカカトはちょっと固くて重い軟膏を。
顏や手、腕にはさらっと塗れるコールドクリームを使っています。(お風呂あがりに使うと気持ちイイ〜♪)


紫根は肝毒性を持つピロリジジンアルカロイドを含みます。
漢方薬局でのワークショップ時には、素揚げにした紫根を「食べても良いです」と言われましたが、となるとあえて食べる必要はないかと。(笑)

紫根を用いた漢方処方もあるようですが、台湾人の獣医さんに「動物に紫根を内用で用いることはありますか?」と伺ったところ、「ありません」とのことでした。

ということで、紫根は外用にとどめておいた方が良さそうです。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186831379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック