schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年12月05日

採寸の仕方

ぽちの和の介助ベストは、オーダーメイドでお作りしています。

オーダーメイドということは、当然採寸が必要になります。

「後ろ足が弱ってきていて採寸が難しい」

というお声をしばしばいただくので、採寸しやすい方法を記しておきます。


用意するもの:荷造り紐とスケール(もしくはメジャー)

1.適当な長さ(60cm〜1m)に荷造り紐を切ります。(大型犬でも1mもあれば充分かな?)

採寸1.jpg

2.荷造り紐の片側の端に結び目を作る

採寸2.jpg

3.採寸箇所に当て(この場合はわんちゃんのお腹に回し)

採寸3.jpg

  結び目との合わせ目(結び目のない側)を持つ

採寸4.jpg


4.スケールにあてて、手の位置から結び目までの長さを測る

採寸5.jpg

以上です。

この方法、以前に「オンリーwanマッサージ・ブラッシュアップセミナー」でSweet Dogさんに教えてもらいました。
メジャーで測るよりも断然簡単で、正確です。

体側(脇から太腿の付け根までなど)を計る場合も、この方法で測れます。

採寸が難しくなる時期って、これまで以上に「介助ベストがあると良いなぁ」と思う時期です。


立ち上がりやごはんの介助、転倒予防、狭い場所からの救出、寝返りの介助など、介助が必要なシーンは日常生活の中にこそ多いので、部屋着やパジャマとして着用してもらえるよう、バックルや金具をつけず、生地+持ち手で「面」で支える形になっています。

マジックテープには、固い面と柔らかい面があります。
犬の身体に当たる側には柔らかい面を付けるようにしています。

シニアはどうしても少しずつ痩せていってしまうので、多少のサイズ調整ができるように作っています。



介助ベストが、少しでも飼い主さんと介助を必要とするわんちゃんのお役に立てるよう願っております。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by ぽちの和 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186883475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック