schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2020年08月12日

シスタス入荷しました

先日、グリーンフラスコさんのオンラインセミナーを受講しました。

テーマは「withコロナ時代の免疫力を高める生活提案」。

withコロナの時代に、大事なこと。

国がやるべきことは政治に任せるしかない訳ですが、個人でできること=手洗い・うがい、そして免疫を高める生活です。

基本は、これまでも何度も書きましたが 「栄養・運動・休養」 です。

・・・とは言え、ここまで長引いてくると、そして、この先も数年単位で共存する必要があるかも?なんてことを聞くと、ちょっと憂鬱になります。
ココロが落ちていたり、消化器の不調が続いていたりしていませんか?
家族、実家の両親、田舎の友達、職場の環境、いろんなことが心配で、眠れなくなったりしていませんか?
免疫って、自覚なしに簡単に落ちてしまうものだったりもする訳です。


少し前に、山中教授とタモリさんが出演したNHKスペシャル「人体 vs ウイルス」を見たのですが、免疫(自然免疫や獲得免疫)の働き、その免疫をかいくぐるウイルスの狡猾な変異、そして体内で作りだす抗体量に大きな差があること、不幸にして亡くなってしまった方の死亡原因とそこから見えてきた治療に有効と思われる薬のこと etc... を、CGや画像で興味深く紹介されていました。
そして、日本人に死者が少ない理由(ファクターX)には、民族の遺伝的な特徴も関係しているかもしれない。
そのファクターXが何かを見つけることが、コロナ対策に役立つのでは?というお話しでした。


話を戻します。
先日のオンラインセミナーでも、ファクターXのひとつかも?というお話しで登場したのがIgA欠損症。
呼吸器には免疫グロブリンの中でも特にこのIgAが大きくかかわるそうです。
そして、欧米人と比較すると日本人はIgA欠損症が非常に少ないそうです。

IgAはストレスマーカーでもあって、香りを嗅ぐなど、経鼻によって高めることができるらしい。

、、、となるとね。
ほら、香りのあるハーブやアロマですよ。
香りを楽しみつつ、おいしく飲んで、免疫Up!

しかも、ウイルスは口や鼻から体内に侵入してきます。
つまり、入口で弱めたりせき止められればそれが一番良い訳です。

それらに役立つハーブとして、今回教えていただいたのが、シスタス

D3BC7C9C-E0EE-4CBD-8D10-BD0137EDC58C.jpeg

知ってました?
ワタシは、初めて知りました。


シスタス・インカヌス(ムラサキゴジアオイ)は地中海原産の植物で、その抽出物には重合ポリフェノールを多く含み、抗ウイルス・抗菌作用を有するとされており、ドイツの自然薬品メーカー(パンダリス社)で製品化されているそうです。

シスタス・インカヌスを用いた製品には、ハーブティーとトローチがあります。


ということで、Dr.パンダリス社のシスタスティーとトローチを少し入手いたしました。

AFF9FFE2-3459-4F88-8BF7-563AB1AFF404.jpeg

もちろんお味は確認済み。

シスタスティー(原材料:乾燥ムラサキゴジアオイ)は、優しい香り。
んー、なんだろ、ちょっと紅茶に近いような香りにも感じます。
ボルトジンユとは違って飲みやすいし、ワタシは好きです。
レモンを入れたり、お子さんにはハチミツを入れたりジュースと混ぜても良いようです。
口にゆっくりふくんで香りも味わいながら飲むのがオススメです。
ティーバッグなので、手間いらず。
免疫をサポートするエキナセア&ローズヒップとブレンドするのも良いと思います。


シスタス・アクティブルーチェ(原材料:ムラサキゴジオアオイエキス・バナナ粉末・コーンシロップ・レッドビート粉末・ローズヒップ油)は、甘すぎないトローチです。
舐めた後に少し口に残るものがあるのは、バナナ粉末かな?(← ではなさそうです(笑)。詳しくは8月17日のブログ「シスタスって面白い」にて)
通勤・通学やお買い物など、外出時や混雑する中に出かける前、大勢の人と会う前に舐めていただくと良いようです。
乾燥した季節や、季節の変わり目の健康管理にもおすすめです。
1回に1〜2粒を口の中で噛まずにゆっくり溶かし、使用直後の飲食はできるだけ控えた方が良いようです。



もちろん これだけで完璧! なんて事はありません。


マスク不要論もありますが、ワタシ自身はそこまで吹っ切れません。(笑)
なので、マスクもしつつ、ソーシャルディスタンスも保ちつつ、もちろん手洗いうがいもしつつ、栄養・運動・休養もしっかり取りつつ、シスタスにもお世話になろうと思います。

リモートワーク中で、たま〜に出勤する夫にも、「電車に乗る前とウォーキングに行く前に舐めて」と1袋持たせています。( ← 子供かっ!(笑))

376E51CA-7AD6-4E3F-AF48-A002182BECCD.jpeg

・シスタスティー 1.5g×20袋入り 1944円(税込)
・シスタスアクティブルーチェ 22粒入り 1944円(税込)(3個セットの場合1割引となります)

シスタスアクティブルーチェ20袋、シスタスティー10箱のみご用意できます。
(ぽちの和の「犬の植物療法」受講者様は、少しですがお安くお分けいたしますのでお問合せください。)

お近くの方ならば、ドライブスルー方式でお渡しすることも可能です。


 → お試し用ハーブ・ハーブブレンドとケアアイテム販売(ぽちの和HP)

※シスタス・インカヌス(ムラサキゴジアオイ)には多くの亜種があり、生息地により形や性質が異なるそうです。パンダリス社が使用する「シスタス・インカヌス・L.パンダリス」には他の品種よりも多くの重合ポリフェノールを含むそうです。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ


posted by ぽちの和 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ・お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187779105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック