schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2021年07月20日

こまきさんの介助ベスト

術後腹水が溜まりはじめ、首は細いのにお腹は太く、、、という状況で、サイズの合うものがなく、、、

とご依頼をいただき、作らせていただいた屋久島犬ぽい「こまきさん(推定12歳、14kg)」の介助ベストです。

飼い主さんのご了承をいただきましたので、ブログでご紹介させていただきますね。

最初に作らせていただいた介助ベストは、お腹周りはホールドできているけど前半身がブカブカでした。

アームホールと首回りを小さくしないと、これでは介助がし辛いなぁ・・・と、作り直しをさせていただくにあたり、数日お使いいただいてからの使用感もお伺いしました。


・まず使用感はとても使いやすく大変助かっています。
生地も柔らかくて肌に負担ないように思います。

・サイズ感は仰っていたようにアームホールはもう少し小さくていいかなと思います。

・襟周りが大きいのか寝ながら少しずつ動いたりしていくと服がずれていって肩が出てしまいます。肩出しの少しセクシーな状態です(≧∇≦)

・首の前側なのですが、もう少し浅くてもいい気がします。

・お腹の辺りですが、いただいた時より少しずつ腹水が溜まっては来ていますが、まだ問題なく着れています。
最初から広いよりは調節できるようになってる方がいいかなと思いますが、ちょっと使ってみないと分からないようにも感じます。



ワタシの方からもいくつか質問をさせていただいて、とにかくアームホールと首回りをしっかりフィットさせる形で作り直しをさせていただいた2着目です。
(腹水を抜くとかなりスッキリするということなので、お腹スッキリ時にも着られる仕組みを考え、試してみたのですが、どうしてもパジャマや部屋着から遠のいてしまうので断念しましました。)

05779C0A-C1C1-4011-9815-B06FEAA67600.jpeg

F47B7698-50A3-4CFE-B1C7-5FD292A713EC.jpeg

26A7321C-75F4-450E-BA13-C0F44C296935.jpeg


前のものよりフィット感が抜群です。
持ち手の縫い付けてあるところの幅も広めになったのが持ち上げやすさにつながっているように思います。
旦那さんにも高評価です!

気になってたセクシー感ももちろん無くなってます(^^)

裾側も程よいピッタリ感がイイです。

実は水曜日辺りから完全にオムツ状態になって、着脱時に裾側のマジックテープ1コを外し、裾のお腹側をめくりあげています。
一手間入ってしまいますが。ホールド感を考えると全長(着丈)もこれで良かったと思っています。



2着目の着用写真を拝見して、ワタシも安心しました。


今は心配だし、不安だし、大変な時期だと思いますが、こまきさんの後ろで様子を見ている同居わんこさんが、そっとご家族を励ましてくれているように思います。



実は、飼い主さんはハーブ仲間。
以前に屋久島犬風というこまきさんの写真をチラッと拝見したこともありました。

komaki.jpg

なかなか野生味にあふれる味わい深いワイルド系女子。



シニア犬には、これまでと違う時間が流れます。
回復に時間がかかったり、目指す場所も違ったりも、、、。

ご家族でこまきさんの時間に寄り添いつつ、ゆっくり回復に向かってくれることを願っています。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188856890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック