schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2021年09月01日

こむぎちゃんの介助ベスト

9月の声を聞き、急に涼しくなりました。
こんな風に気温の変化が大きい時は、犬もヒトも体調を崩しがちですので、お気をつけてくださいませ。


柴系MIX、こむぎさん(14kg、女子)の着用写真をいただきました。

E3EAC636-36F4-4FAA-8346-66F4EE17424C.jpeg

右肩から胸元にかけて腫瘍があり、破裂する可能性を獣医さんから言われていますということで、採寸結果とお写真をいただいての製作でした。

腫れている部分にタックを入れ、腫瘍が破れてしまった際に患部のケアをしやすくするために、右肩をマジックテープで開閉できるようにしています。

AFFE53CD-0295-4D04-94E4-0499233DEF55.jpeg

ダブルコートのわんこは換毛がハンパなく、アンダーコートがマジックテープにからむと圧着が弱くなりがち。
なので、念のために肩にも小さい持ち手をつけてあります。

0C369CC7-464D-4D0C-A7EB-C017E6688339.jpeg

現時点では、少しマジックテープの角度を変えた方がもう少しフィットできたかも。

生地端は通常バイアステープを縫い付けるのですが、今回は介助時の食い込みやあたりを和らげたいため、患部付近のみ切りっぱなしにして生地端の処理をしておりません。

右肩部分に余裕があるので、タオルなどで当て布をしていただくと、さらに患部への負担が和らぐのでは?と思います。


外見はほぼ(ちょっと大柄な)柴犬のこむぎさん。
柴系は夏毛と冬毛で、ひとまわり以上サイズが変わったりもします。
冬毛になって、もしキツいなと思ったら、背中のマジックテープでサイズ調整してくださいませ。

91197590-442A-433A-8500-D455FCABB752.jpeg

あれこれ試行錯誤しつつの特別仕様でした。



> サイズは丁度良かったです。

> 患部への衝撃が少く 
> 手当をする際にも便利なように作って頂き助かりました。
> 体全体にも柔らかく包んで持ち上げられるので助かります。

> こむぎは、日に日に足腰が弱くなって来ていて 
> 本人も動きが思う様に行かず 「ウーッウーッ」言って
> モジモジしています。
> 食欲は有るので、普通に座ってたら元気老犬にしか見えません。
> これから、日に日に衰えて行くのかと思うと信じられ無いです。
> でも、笑顔で側に居てあげられるように頑張ろうと思います。

介護は決して楽ではないと思います。
ほんの少しでも「笑顔でそばにいてあげられる」お手伝いができれば幸いです。


介助ベストについての詳細は ぽちの和HP[介助ベスト]のページにてご確認ください。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188965678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック