schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2022年01月19日

介助ベストの価格改定とオプションについて

2021_kibori.jpgこのところ、大きいわんちゃんの介助ベストのご依頼が続いており、たまに小さいわんちゃんのベストを作ると、あまりのサイズの違いに今さらですが驚きます。(^_^;)

作る手間は大きくても小さくてもそんなに変わらないのですが(小さいベストは小さいなりの苦労があります)、当然ながら体の大きさにより用布やパーツの量が随分違います。

当初からオーダーメイドにしているのは、普通の洋服ではなく介助を目的とするものだから。
体に合ったものじゃないと、犬と飼い主の双方に負担がかかるから。

この3年でますます実感したのは、同じ犬種でもみんな体の大きさも体格も体型も違っていて、犬種で一律とはいかないものだなぁということでした。

-------------

これまで、ぽちの和の介助ベストは、
・片手で介助できるコ用の標準タイプ(前半身の持ち手のみ)
・体の大きいわんちゃん用(前後2箇所の持ち手付き)
の2つにざっくり分けておりましたが、小さいわんちゃん用の価格を体重別に少し細かく設定することにしました。

それから、これまで明記していなかった、腰部スリット入り、身幅拡張パーツなどのオプションについても追記しました。

腹水や胸水、脂肪腫・腫瘍などのあるわんちゃんの特別仕様につきましては、基本的にこれまで通り無料にて対応させていただきます。
(仕様変更が非常に大きい場合は、別途ご相談させていただきます)


実は、価格改定にあたって、アニマル・ドネーションへの参加も考えました。
が、かかる手間と時間を無視して費用を抑えている現状では、寄付に回せるお金はほとんどありません。

悲しいことに、病気や年老いたペットを簡単に手放してしまう飼い主の話も聞きます。
そういう飼い主なら可能な限りガッポリいただいて、アニマル・ドネーションへの寄付を!とも考えるのですが、そういう飼い主は当然のことながら介助ベストとは縁がなく、、、。
愛犬の介護・介助を頑張っておられる飼い主さんに多くの負担をいただくのも・・・と思い、可能な限り現在の価格を維持することにいたしました。


ぽちの和の介助ベストには、ワタシ自身がこれまで学んできた犬の体のこと、ぽちでの経験、そして、介助ベストをご愛用いただいているわんちゃんと飼い主さんからの声を全て詰めこんでいます。
今後も引き続き改良を図り、より良いものにしていきたいと思っています。


介助ベストについて、詳細は こちら をご覧ください。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ぽちの和 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189279092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック