schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2022年03月20日

後肢介助ベルト(マジックテープは不可でした)

黒犬keithくんから後肢介助用ベルトの試用レポとお写真をいただきました。

後肢ベルト_keith.jpg


黒犬keithくんに試してもらったのは

・空太くんバージョンにリメイクした介助ベスト
keith.jpeg
お腹の繰りを深くして、必要時のみお腹のベルトを渡す仕様です

おパンツ
905A8AAE-CC42-4871-8779-FDBCFEA6750F.jpeg E771DA76-E6B1-468D-ABBE-523D38FF69DD.jpeg

・後肢介助ベルト(マジックテープバージョン)
B560204B-4D9E-42B3-B8B7-D7F4A3C68E03.jpeg

の3種類。

後肢介助ベルトは、履きやすさ(着せやすさ)という点では群を抜いて一位。
車イスとの併用も問題なし。
・・・なのですが、残念ながらマジックテープの圧着では強度不足。
強度をしっかり持たせるなら、バックルやフックを使う必要がありそうです。
常時着せておくならゴロつくバックルは使用したくないのですが、お散歩や必要な時のみの使用と割り切るならバックル使用バージョンもありなのかな。
(黒犬さんの「後肢介助ベルト(バックルバージョン)」を作ったら送るので、ちょっと待っててくださいませ。)

空太くんバージョンについては、現時点では大丈夫そう(ベストが身体全体をホールドし、前半身の持ち手と力が分散されるから?)とのことですが、引き続きご感想をおしらせいただくようお願いしています。

ということで、13.5kgの黒犬さんの後肢を現時点で一番安全にしっかり介助できるのはパンツということになりそうです。


先日ご紹介した手ぬぐい2本でできる介助ベルトも、しっかり結べばパンツ同様に安全に使用できると思うので、お試してみてください。

ちなみに黒犬さんは晒(さらし)で試してみようかなと言っていました。

おぉ、晒(さらし)!
それはGoodアイデア!
晒(さらし)なら、必要な長さで切れば良いだけです。


さて、次なる課題は、介助ベストの”後ろ足を通さずにしっかり後肢介助できる男子用”です。


vest.gif

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
posted by ぽちの和 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189410984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック