schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年10月23日

送らないおくり花

土曜日にぽちの友達わんこが旅立ったそうです。

20171023_16.jpg

去年の11月、お散歩会で会ったあんせる君は、相変わらずおだやかなハンサム君でした。
ぽちが会ったのは何年ぶりだったかなぁ・・・。



元気そうだったのですが、その後病気が見つかりしばらく闘病生活を送っていました。

20171023_17.jpg

ぽちさん、あんせる君、旅立っちゃったって。



デートの約束が果たせないままだったけど、縁側でお茶をすすりながら待っててもらおうね。

20171023_18.jpg



昼間が暖かかったぶん、夜の空気が余計に冷たく感じます。

風邪をひかないよう、お気を付けください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年10月21日

JAMHAシンポジウムにて

月曜日からホットカーペットとヒータを出しています。

20171021_2.jpg

晴れたのは水曜日だけで、再びの雨続き。
しかも大型台風接近中。(>_<)

秋晴れはどこに行ってしまったのでしょうね。


ちょっと前の話になりますが、10月15日にJAMHAシンポジウムに行ってきました。
最寄り駅で、バッタリ(ヒトの)ハーブの先生たちにもお会いして並んで聴講。

スピーカーは、薬日本堂漢方スクール講師の斎藤友香理先生と、医師であり探検家でもある関野吉晴先生。

講演のテーマは
・薬食同源 〜気軽に始める薬膳のコツ (斎藤先生)
・伝統社会の植物利用 (関野先生)


薬膳って難しい印象があるかもしれませんが、身近な食材に健康に役立つ働きがあるものがあります。
それらを有効に使うことでちょっとした不調を立て直したり、バランスを取ることができるんですよ。
そのためには、体のサインに耳を傾けることが大事、というおはなし。


関野先生からは、ワタシが若い頃にテレビで観ていた「グレートジャーニー」で訪れた様々な国の民族、生活や医療についてのおはなし。

彼らの生活には(家も衣類も食材も・・・)素材のわからないものがひとつもないのに対して、現代人は素材のワカラナイものに囲まれ、自然から離れてしまっている。
冒頭のお話しで驚いたのが、日本人は年間で驚くべき量の人工添加物を摂っているという話。
細胞は1年で99%が変わっていくが、そういう人工添加物は溜まっていくばかりと・・・。

たしかに、、、。

加工食品のみならず、加工される前の肉や魚、野菜、産業動物としての飼育、養殖、大気や土壌などを考えると、それらの人工添加物を摂らない生活がなんと難しいことか・・・とも思ってしまいます。


「デトックスという言葉には何の科学的根拠もない。」

という説もあるようですが、それらの人工添加物を全く摂らない生活が難しい現代ならなおさら、ハーブに期待したいと思うワタシです。


「糖尿病を予防するなら・・・」で西田先生もおっしゃっていたように、ねんねんコロリ より ぴんぴんコロリの方が絶対イイです、ワタシも。

「いかに死なないか?」・・・ではなくて、「いかにより良く生きるか?」。

小さな不調のうちに対策することで、オオゴトにならずに済むこともあります。
犬にもヒトにも、治療やお薬が必要になってしまう前のセルフケアやホームケア。

そういう部分でも、ハーブを知っておくと良いと思うんですよね。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年10月19日

そろそろこの季節

秋晴れはどこへやら・・・。

晴れたのはたった1日で、今日からまた雨続きです。

冬に作っておいたバスボムを使ってみました。

20171007_1.jpg

もう泡立たないかな?と思いきや
意外とシュワシュワしてくれました。

1年近く寝かせているので
ハーブの色は変わってしまっていましたが
中に閉じ込められていたハーブは
しっかり香ってくれましたよ。


普通のお風呂より、やっぱり温まります♪

最近は秋バテという言葉もあるようです。


身体をあたためて、循環を良くしましょう!



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年10月13日

肩の力を抜いて(いぬごはん)

先日、「犬の植物療法」を受講していただいた方がお越しくださり、一緒にぽちの手抜きごはんを作りました。

20171012_5.jpg
ぽちのごはんは、腎不全&アレルギー対策の手作り療法食です。


いぬごはんは、特別なものだと続きません。
普段じぶんたちが食べる食材をシェアすれば、犬用の冷蔵庫も必要ありません。

アレルギーわんこには、そのための工夫が必要です。
それがハードルを高くしちゃう要因だったりもするのですが、ズボラなわたしでも続けられてる手抜きごはんには、手を抜くためのコツもあります。


手作りと決めたら手作りだけ! と頑なに考える必要はありません。
どうしても作れない時ってありますから、そんな時に使えるフードがあれば気持ちが楽になります。
逆に災害時なんかを考えると、手作りごはんしか食べられない子や、ドライフードしか食べられない子じゃないほうが良いと思います。
特別なごはんが手にはいる状況ではないのが、「もしもの時」 です。
1個のパン、1個のおにぎりを分け合って食べる必要だってあるかもしれません。
「ウチの子、これしかダメなんです。」 ではなくて、何でも食べられる体にしといてあげられると良いなぁ・・・と思います。

もともとどんな食餌をしていた犬種なのか?も考えてあげると良いと思います。

ごはんの量も、犬の年齢や運動量によってまちまちです。
不妊・去勢手術をしていると、それだけでも消費カロリーは減ります。
目安はあります。
が、しばらく続けて、痩せたな?と思ったら増やし、太ったなと思ったら減らしてください。
正直、ぽちがウチに来たばかりのパピー時代を除けば、その後はドライフード時代も手作りごはん時代も、カロリー計算はおろか、ごはんの量を計ったこともないワタシです。

アレルギーわんこの場合、最初のうちは、一度にたくさんの食材を使わないようにしましょう。
できれば、最初のうちは食材のメモを残しておくと「アヤシイ食材」が見つけやすくなります。
新しい食材を使う時もちょっと注意をしてあげましょう。
ダメだと思っていた食材も、この先もず〜っとダメなワケではなく、平気になる場合もあります。
ぽちは、続くと×だけど、ローテーションの中に入っているくらいなら平気・・・になりました。

食べ慣れない食材は、最初のうちはうんちにそのまま出てくることがあります。
でも段々消化できるようになってきます。
が、あきらかに消化しにくそうなものは、擦り下してから加熱するなどして使ってあげてください。
年齢や体の状態によっても、ちょっと工夫をしてあげると良いと思います。

いつも決まって同じもの・・・ではなくて、旬の食材を摂りいれましょう。
旬の食材にはちゃんと意味があります。

こんなこと書くと、栄養士さんに怒られるかも?ですが、人のごはんだって毎食100%のバランスごはんにはなっていないと思います。
世のお母さんたちは、そこまで考えて毎日のごはんを作っていますか?
(作っているお母さんがいたらごめんなさい。)

これで栄養足りてるかしら? の不安はハーブで解消してください。
ビタミン、ミネラル、抗酸化物質はちゃんとハーブで摂れています。

わんこによって嗜好があります。
うちの子はどんなごはんが好きなのかな?
ねっとりごはんが良いのか、サラサラごはんが良いのか、どんな形態が食べやすいのかな? 食材の大きさは? などの工夫もしてあげてください。

たとえば、卵料理ひとつをとっても、茹で卵、目玉焼き、おじや、卵焼き、スクランブルエッグ、卵とじ、茶わん蒸しとバリエーションはいろいろあるでしょ?



お肉やお魚も、煮る、ソテーする、焼く、(鮮度が良ければお刺身も)といろいろあります。
基本は煮る でも、時にはソテーしたり、焼くなどして、目先が変わるとわんこの目がキラ〜ンと輝いたりします。


その子は、飼い主さんがキッチンに立つと、冷蔵庫に寄りかかって(笑)じっと見上げている子だそうです。
うれしい顏をいっぱい見られるのが手作りごはんの醍醐味です。
手抜きのための 「工夫」 も楽しんでください。


この日、完成したぽちごはんを、ちょこっとだけお持ち帰りいただきました。
「食べてくれました?」
とメールをすると、病院だったと聞き、超びっくり。
「もしかして、ごはんが原因?」
と聞いてみると、ごはんではなく、あらかじめ予定していた病院だったということでホッと胸をなでおろしたワタシです。( ;∀;)

アレルギーわんこの場合は、新しい食材を使う時はちょっと注意をしてあげましょう。

(ちなみに、ごはんは、とってもおいしそうに食べてくれたそうです♪)

20171012_6.jpg

この日、ずっとベッドで寝ていたのに、ごはんが完成した頃にむっくり起きて様子を見に来たぽちさんでした。


食べることは生きること。

ドッグフードは究極のマンネリごはんだと思います。
1年365日、同じメニューだなんて、ワタシだったら耐えられない。(笑)

ごはんがうれしい♪ おいしい♪ 楽しみ♪ も免疫Upのキーワードです。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年10月12日

アイスティーでほっと一息

ここ数日暑い日が続いていますね。

つい先日、お洒落な紅茶をいただきました♪

20171011_1.jpg

テトラ型の紅茶はアイスティー用だそうです。

こんな日にこそ飲まなきゃ!
ということで、一緒にいただいた、これ

20171011_2.jpg

をブレンド。

20171011_3.jpg

きれいな色です。
深く濃い紅色は、茶葉を発酵させることで生まれるそうです。

ロックアイスをグラスにたっぷりいれて

20171011_4.jpg

熱々の紅茶を注いでいただきます。

20171011_5.jpg

フルーツ?

もちろん全部いただきました♪


天気予報によると、明日から再び寒くなるようです。
寒暖差で体調を崩さないようお気を付けくださいませ。


----------

追伸です。

Hさま。
水曜日に、20日の「マルベリー&セリシンセミナー」のご案内と地図をお送りいたしました。

ご確認いただけておりますでしょうか?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ