schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年04月08日

育てて作る薬箱

今日のような雨の日にも、見ると元気になる綺麗なオレンジ♪

A42274E2-6F2F-4AEE-9392-7D41B5D31EC2.jpeg

これで、カレンデュラの花 3つ分。
乾燥のための設備があるわけではないので、ほぐして花びらだけを干しています。

冬の乾燥シーズンのクリームにも、ぽちのオヤツにも、サラダの彩りにも etc...
ワタシは喉がチリッと痛い時や口唇炎の時もお世話になっています。


猫庭のレモンバームが伸びてきたので

026D48C3-62F1-4F2A-BC0A-57AAEFB084BD.jpeg

一杯分だけ収穫して

FE664F07-54B5-4C1E-84A9-0F88D4EF1F55.jpeg

熱湯をトポトポ注いで

924ECBF7-52B9-410C-9FF8-226C537851C0.jpeg

極上の朝の一杯♪

5DA19729-84B0-4C0A-A011-27B520085253.jpeg

レモンバームは、心もサポートしてくれるハーブです。


気がつけば、玄関脇のゼラニウムに蕾が付いていました。

4560DB17-C007-4B1B-A9EF-1FA597440DD6.jpeg

これは、ローズゼラニウムとは別の香り。
玄関脇の蚊除けのために置いていますが、あんまり効果はない感じ。^_^;


鉢植えの桑の木も元気です。
今年は去年より桑の実がたくさん収穫できそうです。

2D9ABC18-84E7-4278-A631-4CDA3435A805.jpeg

桑はハーブの世界ではマルベリーと呼ばれています。
血糖値の上昇を抑制してくれたり、完熟した実にはビルベリーにも匹敵するくらいのアントシアニンが含まれています。


仕込んでおいた薬酒とコーヒーリキュールも、いい感じに仕上がってきました。

547CBC8C-D4BA-4B89-B5A4-9FA896973146.jpeg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年04月02日

最初の一輪(3代目カレンデュラ)


昔は好きでも嫌いでもなかったけれど
ハーブを学び
活用するようになってから
大好きになったカレンデュラ

去年までは春蒔きでしたが
秋蒔きはさすがに開花が早いです

3月22日
4A05065E-C082-44C2-B6BE-A66D49E33A66.jpeg

3月31日
81040032-30E3-46B7-BDC2-3134183C3801.jpeg

新元号発表の昨日は
不安定な天気で
雨に濡れ

今日は風は冷たいけれど
よく晴れています

6179AE66-3F36-4898-BC71-04C7F94B83EA.jpeg

どうしようかな?
もう少しこのまま咲かせてあげたいな
という気持ちもありつつ

最初の一輪を収穫しました

0CCC2280-6328-42F0-A364-9611FF0B7E8A.jpeg

窓を隔てて中と外に一輪

243F0AF5-BDB7-4EB8-987F-346B1E5C2388.jpeg

大事に活用させてもらうから



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

甘酒クラッカー

熱湯を入れてあたためたステンレスボトルに、ほぐした米麹と65度のお湯をひたひたに入れて

C62B17E7-F07F-4213-A93B-C3676427A91C.jpeg

タオルやひざ掛けを掛けて、ホットカーペットの上で半日おけば

E31E2D88-8202-4B80-843E-1233DCCDFADB.jpeg

麹の甘酒の完成です。

8CF786DC-07CF-4BED-988D-D20642995130.jpeg

材料は麹とお湯だけ。
ぽちにもあげていた麹の甘酒です。

ブレンダーを掛けるとなめらかなピューレになります。
超甘いので、牛乳や豆乳で割ったり。
甘酒がちょっと苦手なワタシは、さらにインスタントコーヒーの粉を溶かして飲んだりも。


早速焼いてみた、麹の甘酒のクラッカー 3種。

3E13CA4B-75FA-458B-B289-729183AAE405.jpeg

麹の甘酒のクラッカーは、酒粕のクラッカーよりもしっかりと甘味を感じます。

どちらも美味しいけど、お酒を嗜むヒトなら酒粕クラッカーの方が好きかも?(笑)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年03月26日

パイナップルの種

3月24日

パナップルの種を

209343EF-F0E4-45D8-8C56-869D17A4A5E2.jpeg

埋めてみる

AA2F3224-C51E-4ECA-8B16-2BC821699057.jpeg

埋めて3日目
今のところ変化ナシ



地植えしたクロモジ は
根を傷めずに植えられたので
順調に新芽を開いてきていますが

E37154E2-4EDF-4C57-9C83-68C9EA26613B.jpeg

チェストベリーは
まだなんとも

なんとか根付いて欲しいなぁ・・・



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年03月24日

酒粕でいろいろ作ってみる

酒粕をいただきました♪

スーパーでよく見る平たい酒粕ではなく、やわらかくしっとりしたおいしい酒粕です。

A115597F-64B0-4092-B976-726E5C017633.jpeg

木彫り同好会でやたら酒宴の写真が出てくるから・・・・という訳ではないとは思うのですが、「焼いて食べるとお酒のつまみにもなりますよ〜」と一言添えられ。(笑)

酒粕を使ったオヤツ、何か作ってみたいな♪
ということで、+米粉&チーズでプレッツェル風を焼いてみたところ、無茶苦茶固焼きになりまして・・・。(;'∀')

7DB1D2DB-8FB8-4021-9857-56001D25ABF3.jpeg

味は良いんだけど、残念な仕上がり。


次に作ったクラッカーは、なかなかイケます♪

4F4C52BF-965B-4E46-8A73-EB7C295E3388.jpeg
中身を変えて3種類

塩も砂糖も、調味料は一切加えていないのに、酒粕のほんのりした甘さでおいしくいただけます。
ただ、ワタシの鼻センサーでは、焼きあがったクラッカーも食べると酒粕の匂いがします。

酒粕の匂い = アルコールの匂いなのかな?
そもそも酒粕を使った料理って、どのくらいアルコールが残るのかしらん?

とググってみたところ、こんなブログがありました。
粕汁で酔っ払うのか?粕汁を2杯食べて「飲酒運転検挙」(酒粕倶楽部)

ブログには、720mlの出汁に酒粕200gで作った粕汁と、水800mlに200gの酒粕で作った甘酒の二種類を「食品分析センター」にてアルコールの残留分析を依頼した結果が書かれています。
◯◯らしいとか、◯◯かも?の話ではなく、ちゃんと分析結果が記載されているので、ありがたいですね。

粕汁や甘酒は、3〜4倍の水分を足して加熱しますが、それでもやはりアルコールは残るということです。
酒粕を使った料理を食べたあとは、運転を控えた方が良い、、、ということは、妊婦さんや赤ちゃん、そして、犬にも控えておいた方が無難かな。


試しに、焼き上がりから10日ほど置いた酒粕クラッカーは、ワタシには酒粕の匂いは感じられませんでした。
が、アルコールが苦手な夫(飲むと各駅停車で一駅ずつ降りて、やたら時間をかけて帰ってきます(笑))に嗅がせてみたところ、酒粕のにほひがするそうです。
(ちなみに、ウチの夫、お魚の粕漬けも、奈良漬けも食べません。
ご飯がおいしく炊けるらしいと聞き、炊飯器に日本酒をほんの少量垂らして炊いたご飯もわかったヒトです。^_^;
美味しいのにね。)


飲む点滴とも言われる甘酒ですが、わんちゃんと一緒に食べるならば、やはり米麹から作る甘酒が安心かと。
なので、犬用のクラッカー(米麹の甘酒バージョン)も作ってみようと思います。

735DB3FB-F219-4DA8-8953-7F87D2E3A3E8.jpeg

酒粕の残りは小分けにして冷凍保存。
いろいろ試行錯誤してみます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん