schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年06月17日

アントシアニンたっぷり

金曜日は、ぽちの和@セミナールームで「マルベリー&セリシンセミナー」。

B0324D79-E75B-45E0-8BF7-73682C5B079E.jpeg
この日ご参加いただいた方は、なんと原先生のお膝元の大阪からいらしてくださったのでした。


はじめてご参加の方へは、原先生のスライドをご覧いただきながら、美容液としてのセリシンと、桑の葉(マルベリー)の健康効果についてのミニセミナー、そしてマルベリーを使ったデザート付き。

桑の葉には血糖値の上昇を抑えるDNJ(デオキシノジリマイシン)、実にはビルベリーにも相当するかそれ以上のアントシアニンを含み、根っこは桑白皮として漢方でも用いられていたりで、1本が丸ごと全部お役立ちの桑の木です。
意識してないとわからないけど、知って探すと意外と道端でも見かけたりします。
今の時期は桑の実が目印になるので、特に探しやすいですよ♪

セリシン目的で来られた方も、桑の葉の健康効果をお知ると、「飲まなきゃ!」とおっしゃる方が多いのです。
外側(お肌)はセリシンで、身体の内側は桑の葉(マルベリー)で、ケアしていただけると良いなぁと思います。


セミナーでは過去の実験や失敗も含めて、「これ、知っとくといいよね!」ということを全部お伝えしています。

14D7512D-B247-41CF-A07F-B56E1334287D.jpeg

ちょうど時期だったので、朝採りの桑の実もお味見していただきました。
実も楽しめるのがうれしいということで、お庭に桑の木を迎えます!とおっしゃっておられました。


さて、その桑の実ですが・・・。

毎朝我が家の鉢植え桑の木から、10数粒ずつ収穫して冷凍していましたが

67F298C6-19C1-40BC-998C-096F73B3B9A7.jpeg

鍋一杯分溜まったので、ジャムを作ることに。

75EEA750-5149-4544-BA4B-E5ABA5D661C3.jpeg

冷凍した桑の実から、軸をチョキンと切り取って

8A7F3BEC-359C-4293-A340-DBA136858D6E.jpeg

三温糖とクランベリーを足して、コトコト煮ます。

桑の実だけだとサラっとしたシロップ止まりなのですが、クランベリーを足すとクランベリーのペクチンでとろりとしたジャムになり、酸味が加わっておいしくなるのです♪

360AC690-80BA-458B-839F-FE6DC002923A.jpeg

アントシアニンた〜っぷりのジャムが完成♪

82330AE9-B694-45D2-88BC-AB9C07A2B60C.jpeg
割り箸が真っ赤に染まります

鉢植え桑の木1本で、ジャム瓶4つ♪
去年は収穫が少なかったのですが、今年は大豊作です。

F5194F9A-01E6-4D29-80A3-40A0F7C3643E.jpeg

桑の実は、完熟すると種も成長するので、煮ると種がたくさん浮いてきます。
ワタシは酸味のある実が好きなので完熟手前で収穫するのですが、その方が種も小さめ&少なめのジャムになります。


今年はもう少し収穫できそうなので、このあとは干し桑の実に加工する予定です♪

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年06月12日

やっちまったかな?

9日に漬けはじめた梅シロップ。

やっちまったかな?というのは、氷砂糖にしてしまった事と追熟させ過ぎたかも?の2点。

氷砂糖はなかなか溶けない上に、追熟がすすむと梅の水分も減るようで、、、。
なかなかエキスに浸れず、漬けてからもさらに追熟が進み、梅が茶色くなってしまいました。

F995652B-1CBA-4180-A1D6-165B8816F87D.jpeg

ただね、酢に触れると梅は茶色くなる、という話もあり、、、。
(氷砂糖と梅酢を入れたので)
OKの茶色なのか、ヤバい茶色なのかがよくわからず。

でも、あきらかに去年の梅シロップにつけた後の梅の色と違います。


漬けて4日目の去年の梅シロップ(シロップの量も全然違います(>_<))

昨日、南高梅を買い足したので、一日置いてちょっと黄色くなった状態で、梅シロップを漬け直すことにしました。

20AD8BBE-7E81-4590-A039-00A76D28237A.jpeg

今回は氷砂糖ではなく、ザラメと、梅に纏わせるための三温糖を少し。
リンゴ酢をちびっと回しかけたら、袋の中でぐるぐる全体に行き渡らせます。

E363803E-0957-4CE2-84D8-81568301CC16.jpeg

エキスにとっぷり浸かるまで、時々グルグルまわして行き渡らせます。

追熟させ過ぎたかな?の梅シロップは、エキス少なめですが桃のような甘い良い香りです。
飲んでOKかどうか?
干し梅にできるかどうかも、しっかり自分で検証します!


〜来年のワタシへ〜
追熟はほどほどに
漬ける時は氷砂糖じゃなくて、ザラメか砂糖(甜菜糖とか三温糖)だよ〜

と、書いたことも覚えておくべし!(ぷっ)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年06月10日

実験ふたつ

関東も梅雨入りしました。
ふわふわの花が雨に濡れて、メラレウカがかわいそうなことに、、、。

554425DC-CD41-4903-A087-A35CB12BAAB7.jpeg

青空が生える花なのに、ちょっと残念。

でも、青空をバックに風に揺れる動画が撮れていたので、貼っておこう。

2019.6.6のメラレウカ



ピレスラムは花を摘み取り、チンキを仕込みました。

93E7DF14-33E0-43A4-973F-E73A3F7B23F1.jpeg

猫庭のハーブにやってくる虫除け用。
テントウムシ任せでは追いつかない時に試してみようと思います。

それと
最近、ダンゴムシに似てるけどちょっと違う?ヤツら(そう言えば先日のハマナスのワークショップの時に、Wさんが話していたアレかしらん?)を見かけるようになり、、、。
なので、ソイツにも試してみようと思います。

虫たちは、植物にとっては害にもなるけど必要なものでもあり。
ほどよく共存して行きたいと思います。


実はもうひとつ、進行中の実験があるのですが、、、。

42C865FF-CC8D-4266-86A4-8A86B94D0889.jpeg

5日にしてこの色♪
ちょっと楽しみ〜。


---------------

急に冷え込んだからか、久しぶりにストームグラスに雪が降りました。

B3F5B54D-C178-4333-85EC-151EE15D5005.jpeg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年06月09日

梅仕事、はじまりました


追熟させていた青梅が
ここまで色づき

FAE729FF-D605-4013-8068-FA41FADBBF36.jpeg

梅シロップ作りに入りました

洗って、ヘタを取り

C074B032-C336-4F56-903C-BC21D1458A98.jpeg

キッチンペーパーで拭いて乾かします

傷んでしまった実が少し

0D92A81A-EDE5-4097-A517-B6A962FFD73B.jpeg

ストックバックに梅と氷砂糖
梅酢をちょっと入れて
あとはエキスが上がってくるのを待つだけ。

エキスが上がってくるまで
ここから数日要するわけだから
あと1日、いや2日早くても良かったのかも?

BADBCB43-38AA-455D-95AC-C94AF164FBE0.jpeg

ちょっと傷んでしまった梅は
数粒レスキューできたので
小袋で別の砂糖に漬けて実験です

B466D807-66C7-44A2-93D9-AAC8191E9028.jpeg

この砂糖
冷蔵庫で冷やすとジャリジャリしてしまうのですが
クエン酸たっぷりの梅シロップならどうなのかな?
と思い


梅シロップが完成したら
梅を取り出して梅干し(もどき)にします


さてさて、仕上がりはどうなることやら


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年06月08日

スーパーフード?

来週、6月14日(金)は、「マルベリー&セリシンセミナー」を開催します。



ちょうど手持ちの在庫もなくなってきたので、開催決定です。

はじめてセリシンを作る方は11時から、リピーターさんは午後からいらしてくださいませ。
作り方忘れちゃった、これで良かったのかしらん?という方も、是非どうぞ♪

これから夏に向けて、ますます紫外線が強くなってきます。
わんこのお散歩って、起き抜けにスッピンで出ちゃったりしていませんか?(ワタシはそうでした(;'∀'))
そんな飼い主さんにもオススメのセリシンです。

紫外線ケア、虫刺されや蚊に刺された時の痒みや、毛髪のケアにも。
わんこの皮膚ケア、ブラッシングスプレーにもセリシンはお役立ちです。


セリシンデヴューの方には、マルベリー(桑の葉)とセリシンについてのミニセミナーと資料付き。
セリシンの働きはもちろんのこと、アレルギーやパッチテストのこと etc・・・
マルベリーとセリシンのこと、ちゃんと知って使ってくださいね。

6B6F231D-6402-45F5-A236-C7EDAD0EBB97.jpeg

そういえば・・・。
つい先日、某有名企業のテレビCMで、桑の実を「スーパーフード」と紹介していました。

ナルホドネ。
スーパーフードか。
うまいこと考えたもんだ。(笑)

桑の実” だと「その辺の山になんぼでも生えとる」とだ〜れも見向きもしなかったり。
「実が落ちるし、枝が伸びて日陰になるから」と畑の邪魔者扱いされていたり。(藤野ではそうだった。)
それがひとたびスーパーフード” と呼ばれると、なんか猛烈にありがたいものに思えたりするから不思議なもんだ。


完熟した桑の実はとっても柔らかいので、流通には乗りません。
スーパーで見かける事がないのは、そのせいです。
お店で見かけるとしたら、冷凍か、ジャムくらいだと思います。
つまり、生の桑の実をいただけるのは、育てた方のみ。
もしくは、山で桑の実を見つけた方のみ。(笑)

桑の木、我が家は鉢で育てています。
桑の実は、毎朝10数粒ほどずつ収穫して冷凍しています。



一鉢ですが、今年はジップロックのサンドイッチバックにいっぱいになりそうです。

去年までハツモノはぽちにあげていましたが、今年は・・・。

セリシンセミナーの時には、多分、まだ実が残っていると思うので、是非お味見していってくださいませ。

桑の実はビルベリーにも匹敵するほどのアントシアニンを含んでいます。
目の健康にも、アンチエイジングにも♪

我が家ではジャムにしたり、低温でじっくりローストして干し桑の実にしておきます。
干し桑の実は、レーズンみたいな感じです。



パンに入れたり、シフォンケーキに入れたり、ジンに漬けたり いろいろ使えますよ♪





そもそもスーパーフードって?
「一般的な食品より必須栄養素や健康成分を特に多く含む食品のこと」らしい。

だとすると、桑の葉は桑の実以上にすごいスーパーフードだと思います。(笑)
これ知っとくと、絶対イイよね!ということを、マルベリー&セリシンセミナーではお伝えしています♪

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん