schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年12月12日

なかなかの実力

「紫雲膏」をググると、なかなか面倒臭い作り方が出てきます。

ごま油も豚脂も、華岡青洲の時代に手に入る材料だからだよね?
重合?そんなに長時間加熱?酸化しない?
練る?なんで?と「?」ばかりでした。

普段作る軟膏の作り方でいいやん。


と思っていましたが、

「紫雲膏」を作るなら「紫雲膏」の材料と作り方を踏襲しなきゃだよね

とある方に言われ、ちょっとワタシゆるく考えてたなと反省。

そして9月。
漢方薬局のワークショップで、(ちょっと基材にアレンジが加えられていましたが)正式な「紫雲膏」の作り方を教わってきました。

1D1232E5-4CA1-48B3-AA75-447B2569B9C5.jpeg

量にもよるのでしょうが、「紫雲膏」の正式な作り方は、軽く3時間はかかる重労働でした。(;'∀')


------------

ということで・・・。
ワタシが作る紫色の軟膏は、「紫雲膏」ではありません。

でも、座りダコや切り傷、先日の口角炎でもしっかり効果を実感したし、角質の肥厚で軟膏を試してもらっていたわんちゃんの肉球も、ここまで綺麗になっていました♪

8月下旬の写真
6D46A85D-0F51-450F-9F8B-6D8D806E74C7.jpeg
 ↓
11月上旬の写真
1CBDAB03-E1F4-496C-8BD1-D325B331137E.jpeg

ちょっとアヤシかったこっちの肉球も

0AE7AA00-6A4F-4343-9FFC-20AC3AB4F26E.jpeg

悪化せずにすんでいました。

FAE0E8D8-81EC-4DA5-931C-70DF1AA58B0A.jpeg

もちろん、飼い主さんのケアもあっての結果ですが、なかなかの実力でしょ?

「紫雲膏」ではないけれど、これなら必要十分ではないかと。



そんな経験もあって、ホームケアで使うものなら、基本を知ったうえで、もっと作りやすく&使いやすくアレンジすれば良いと思う訳です。


ちなみにワタシ、紫根と当帰のインフューズドオイルにひと手間を加え、軟膏とコールドクリームにして使い分けています。

33C42F97-1FA1-4780-93CC-3491F160D516.jpeg

膝やカカトはちょっと固くて重い軟膏を。
顏や手、腕にはさらっと塗れるコールドクリームを使っています。(お風呂あがりに使うと気持ちイイ〜♪)


紫根は肝毒性を持つピロリジジンアルカロイドを含みます。
漢方薬局でのワークショップ時には、素揚げにした紫根を「食べても良いです」と言われましたが、となるとあえて食べる必要はないかと。(笑)

紫根を用いた漢方処方もあるようですが、台湾人の獣医さんに「動物に紫根を内用で用いることはありますか?」と伺ったところ、「ありません」とのことでした。

ということで、紫根は外用にとどめておいた方が良さそうです。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年12月08日

びっくり!!

冷えますね。

以前はどんなに寒くても、ぽちのごはんやお世話があったので布団から抜け出せていたのですが、最近はなかなか布団から抜け出せずにいます。
ぽちは規則正しい生活のつっかい棒でもあったようです。(^_^;)

今朝、起きると。

来週のワークショップ用に仕込んでいたカレンデュラのインフューズドオイルに異変が。

68CDD084-ACBA-458A-B8ED-5426BA382DDA.jpeg

ん?

8DC3F042-CEA7-438D-8BA8-532AB7580928.jpeg

なんと、凍っていました。

0E9F237A-5A30-44A7-813D-D39733D46FFF.jpeg

冷蔵庫に入れてたオイルが固まる・・・というのは経験ありですが、室内に置いててこういうのは、はじめてです。
どんだけウチが寒いんだ?(爆)


真ん中の小瓶は紫根と当帰のオイルなのですが、何故かこっちは凍っていません。
容積が小さいほうが早く冷えるから凍りやすい気がするんだけどな。

でも、この冷え込みで、ストームグラスに綺麗な結晶ができています。

AA030A1B-A1BF-4079-A05A-AAF3F5D52302.jpeg

結晶は、置く場所・置く家庭でも違うようです。

先日作られたお客様のストームグラスは、どんな様子かな?

我が家の環境では・・・ですが、たとえ結晶観察が楽しめる時期が短くても、結晶は少な目で作った方が面白い気がします。


凍ったオイルは、今はすこしずつ溶けています。
結構いい色でしょ?
ワークショップまでには、良いオイルができると思います。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
posted by ぽちの和 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年12月02日

口角炎

23日 夕方
すわ!
口角炎?
口の端がピリっと痛い。

口唇炎や口角炎の時に、ワタシが最初に使うのは、カレンデュラのチンキ剤。
チンキ剤を綿棒で塗り、その上から紫根と当帰の軟膏を塗る。


24日
引き続き、カレンデュラのチンキ+紫根と当帰の軟膏を塗る。


25日
水泡ぽいのが潰れる。
カレンデュラのチンキ剤+紫根と当帰の軟膏。


26日〜28日
紫根と当帰の軟膏のみ。
食事や笑った時にカサブタが割れてしまうので、軟膏をまめに塗る。

29日
ほぼ完治。
洗顔後と就寝前に、念のための軟膏。


60AB0B07-874D-41DD-B678-2C66CABADAF5.jpeg

という事で、カレンデュラのチンキ剤との合わせ技で、ちょっと治りが早かった気がします。

ワタシの場合、口唇炎や口角炎にカレンデュラのチンキ剤はマストです。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ

posted by ぽちの和 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年11月24日

ライオンゴロシ

実は、ワンボナ翌朝からむっちゃ膝が痛かった。

搬入時、荷物を乗せたキャリーワゴンを、膝を捻りながらくねくねスロープを運んだからだと思います。

月曜日は、立つのも座るのも、「あいたたた」の声付き。
こういうのが寄る年波ってヤツなのね。(^_^;)

火傷や痛み用に常備していたセントジョーンズワートの軟膏を塗ってはみたけど、痛みは取れず・・・。

で、以前に "別の井戸" を覗きに行った際にいただいた「ライオンゴロシのチンキ剤」を試してみることに。

セントジョーンズワートオイルに、ライオンゴロシのチンキ剤を数滴垂らして膝に塗り塗り。

7AE29F46-DC09-4DE5-85D0-FDDA4E5FEFBE.jpeg

ん〜、なにしろ痛みが強すぎて、効いてるのか効いてないのかよくワカラン。
でも何度か塗ってるうちに、ちょっとずつ楽になり、火曜日には「あいたたた」のかけ声なしに動けるようにはなりました。(笑)


「ライオンゴロシ」って、すごい名前でしょ?
トゲトゲがライオンの体に刺さり、傷口から感染症を起こして衰弱したり、口で取ろうとして口の周りに刺さり、最悪口の中に入り・・・、命を落とすことにもなってしまうというのが名前の由来らしい。

英名は「デビルズクロー(悪魔の爪)」。
こっちもなかなか凄いネーミングですが、写真を見ると名前の理由が良く分かります。(;'∀')
 → Google画像(デビルズクロー)

集中的に塗っていたのは、月曜・火曜の2日間。
3日目の水曜日には塗らなくても大丈夫になりました。

今は膝を捻った時にちょっと痛い程度。


痛みに関して、、、。
実は、もうひとつ これ、使えるかも?というのを先日トトラボで教えていただいていて・・・。

それがこちら
 ↓
AF77E547-4DAA-49B6-A52B-338321601B9E.jpeg
「コパイバの樹液」

樹液となっていますが、オイルのような感じでした。
ごはんが食べられなかった(口内炎かな?)猫ちゃんの口周りに塗ると、ちゃんとごはんが食べられるようになったらしい。


いろいろあるね。
ハーブもケアグッズも、似た働きのものがいくつかあるけれど、強けりゃ良いって訳でもなくて、「必要最低限」が一番で、程度に応じて使い分けられるようになるといいよね と思います。(もちろん毒性とか医薬品との相互作用もちゃんと調べた上でね)


普段はカレンデュラ軟膏で充分だけど、褥瘡ができちゃったら?
もうちょっとパワーが必要なときはどうしたら?

シニアになると、若い頃には考えもしなかったお悩みが出てきます。
「介護期」は、そういう部分がすごく大事になってきます。

ぽちの和の「介護期に役立つハーブケア」は、ぽちや自分自身での体験も盛り込んだ実習になります。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2019年11月05日

青みかんのお酒

9月にドライブ帰りに寄った直売所で、青みかんを購入。

冬に収穫するみかんをおいしくするために、まだ青いうちに摘果されたものが地元の直売所に出るそうです。
青みかんは酸っぱいので、レモンの代用や薬味として使われるそうです。

以前にトトラボでお味見させていただいて、とても美味しかったので、喜び勇んで買って帰り、漬けたのが9月の7日。

E6A24BF4-D3E2-477B-89F2-DFA141F8C5E8.jpeg

青々としたみかん↑が、2ヶ月後にはこの色↓。

DFA8FFE7-DFAE-46F4-81CA-AE4A780E11C2.jpeg
(皮の色は、わりと早い段階から茶色っぽくかわります)

実を引き上げると、こんな色♪

DE360676-95B4-4389-A5C3-CEBEF4A753D6.jpeg
きれいな黄色です

そして、ついでのお味見♪

柑橘の香りがしっかりします。
でも、甘いな。

この実を絞ったら、酸味が加わる?

3B1BDF3E-4F18-43CA-8B79-D7E7E3C885FE.jpeg

と思ったけど、青みかん酒に浸ったみかんは、やっぱり青みかん酒と同じ味でした。(笑)

そんなわけでフレッシュなカボスを絞って飲んでみると、、、

3D7C60BF-D8C0-4A31-A95D-43A541329CEE.jpeg

うんま〜い♪

ちょっと多目に絞ったのがワタシは好きかな。

青みかん酒に絞った果汁を足して寝かせるか、飲むときに絞るか、、、。

多分、飲むときに絞るのが香りも生きてて美味しい気がする。

---------------

ずっと動きのなかったチビっこストームグラス5人衆に、ようやく変化が♪

4E7EDD32-8F38-4FF9-87A9-0C783D6DC723.jpeg

雪のような小さな結晶が、恐ろしいほどゆっくりゆっくり降り積もります。

43708B77-9996-4DC6-A32C-F99BAE6401F8.jpeg

降る結晶のひとつひとつがきれいです。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
posted by ぽちの和 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん