schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年07月12日

なんと、精油が採れちゃった♪

先日の「蒸留セミナー」にご参加くださったお客さまから、お写真をいただきました♪
(ありがとうございます。m(__)m)

20170710_10.jpg

蒸留セミナーでは、事前に何種類かのハーブを蒸留してご用意しております。

精油と芳香蒸留水。
同じ植物から得られるものですが、精油は植物の力、ハーブウォーターは植物の魂といわれます。
それぞれ適切な使い方、取り扱い時や選ぶ際の注意事項があるんですよ。

セミナー当日は、3種類のハーブを蒸留。

ウチでは、香りの集めやすいもの・たくさん収穫できるもの・ジャムを作りたい時はハービックで。
少量しかないけどしっかり香りを集めたいもの・時間をかけてゆっくり蒸留できる時・キャンドルの灯りを眺めながらぼんやりしたい時はハーブウォーターメーカーで蒸留します。

今回は、レモンマートルをハービックで

20170710_18.jpg

ベルベーヌと

20170710_17.jpg

ラベンダーをハーブウォーターメーカーで蒸留しました。

20170710_12.jpg


蒸留って、何度やっても最初の1滴がポタリと落ちる様子に感動しちゃいます♪
そろそろかな?とチューブを伝って出てくる最初の1滴を確認したら

20170710_13.jpg

ハービックは、ここからが早いです。

20170710_14.jpg

ツツツ・・・、ポタリと、30〜40分ほどでかなりの量の芳香蒸留水が採れます。


一方、ハーブウォーターメーカーは、キャンドルで加熱するので1時間かけても10数ml程度しか採れません。
それでも、集められた蒸留水はハービックで作ったものより濃い香りになります。
多分、密閉度が高いからだと思います。

20170710_11.jpg

そして、今回、最後に蒸留したラベンダーからは、なんと、精油が採れました!

20170710_20a.jpg

汚れじゃないですよ。
蒸留水の表面に小さくポツポツ見えるのが精油です。

しかも、とっても良い香り♪
ちょっとテンション上がります〜!

ハーブウォーターメーカーで精油が採れたのは、今のところレモンマートルとラベンダーのみです。
(ハービックは加熱層に油が浮きますが、さすがに精油は採れません。)


作った芳香蒸留水でローションとお散歩スプレーをお作りいただきました。

20170710_21.jpg
ハマナス+クロモジ+ラベンダーの芳香蒸留水でハンガリアンウォーター
(なかなか良い香りでした♪)


最後に、お散歩スプレー用のティンクチャーも仕込んでいただきました。

20170710_4.jpg

クローブが、クリオネみたいでちょっとかわいい。(笑)



それから、こちらは、事前に蒸留しておいた芳香蒸留水たちなのですが

20170710_2.jpg

手前のピンクのキャップは、直前に煎ってミルした珈琲豆を蒸留したものです。
これをミネラルウォーターに数滴垂らして飲むと透明なコーヒーになります。
香りの不思議。
嗅覚が味覚に及ぼす影響がなんと大きい事か!を実感します。

嗅覚って、同じ匂いを嗅ぎ続けると鼻がバカになりますが、珈琲豆の出涸らしを嗅ぐとリセットできると言います。
ミネラルウォーターではなく、水道水にこれを数滴垂らして飲むと、水道水の中のいろんな匂いが逆に際立ち、あまりの匂いにびっくりでした。

普段の生活の中で、いろんな化学的な匂いに鼻が慣れちゃってるってことなのかも?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年07月10日

実験、やり直し(>_<)

そういえば、だいぶ以前のこの実験。
 → 「セリシンとクロモジとオイルの関係」

実験開始が4月5日ですから、3ヶ月放置してしまいました。(なんぼなんでも放置し過ぎ!(>_<))



さすがに顏に塗る勇気はないので、手の甲に少量塗って匂いを確認。

セリシン+クロモジウォーター+水道水は、特に異臭はしません。

セリシン+クロモジウォーター+水道水+オイルは、う、うぅ〜ん・・・。
古雑巾の初期の香りが感じられます。
ということで、オイルが空気を遮断して?・・・というのは、ちょっと違うようです。(^_^;)

ワタシの鼻だけではアテにならないので、PH試験紙でもチェック!

20170709_3.jpg
左端:クロモジウォーターのみ
中央:セリシン+クロモジウォーター+水道水
右端:セリシン+クロモジウォーター+水道水+オイル

こ、この色を見ると顔には使えませんね〜。( ;∀;)

写真のピンとを合わせるのにモタモタしてしまったので、正確な色ではないですがかなりアルカリ性に傾いています。(オイルあり・オイルなしでは、オイルありのほうがPHが高かった)


念のため、水道水とホホバオイルを調べてみたら

20170709_4.jpg
上:水道水
下:ホホバオイル

そもそも水道水が弱アルカリ性でした。(^_^;)


通常 「開封したら1週間で使ってね」 の10mlのセリシンがクロモジウォーターをいれるともう少し長く使える感じがあります。(あくまで個人の感想です)

もともとは、お高いクロモジを少し水で割っても持つかな?から始めた実験でした。
そうは言っても、3ヶ月はどう考えても置き過ぎですので、もっと現実的な時間で試してみることに。

(シャカシャカ振ったので泡立っています)
20170709_5.jpg
左:セリシン+クロモジウォーター(1:1)
右:セリシン+クロモジウォーター+精製水(2:1:1)

の2本で、次回は1週間ごとにPH試験紙で違いを見てみます。


作った時点(7月9日)では、どちらも同じ色です。

20170709_6.jpg

さて、どうなるかな?
ちょっと楽しみ♪


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年07月04日

マロウブルー

種から育てたマロウブルーが、咲き始めています。

20170701_3.jpg

一番上が、6月30日
真ん中が、6月29日
一番下が、6月28日と、開花が1日ずつ違うマロウブルー。

赤紫から、乾燥するにしたがって濃い紫に変化していきます。

ドライがもう少し溜まったら、マロウブルーでハーブティーをいれます♪


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年07月01日

焼けたね

自家製桑の実天然酵母でパン作り。
元種作りが時間がかかる&管理が面倒だったので、第二弾はストレート法。


6月26日
桑の実酵母を仕込む

材料は、
冷凍桑の実10粒くらい
水100cc
三温糖小匙3杯

20170626_4.jpg

桑の実をつぶして

20170626_5.jpg
(白いツブツブは桑の実の種です)

瓶に蓋をして常温で放置。


その後は、1日1回蓋をあけて中の状態を確認。


6月28日
ちょっと発酵しはじめた感じです。


6月29日
キャップを開けるとプシュッと音がして泡がブクブク♪

20170629_7.jpg

酵母液を半日冷蔵庫で寝かせ、夜、就寝前に強力粉200gくらい?に酵母液を全部入れて生地を捏ねる。
(写真撮り忘れました)

ちょっと生地が柔らかい感じでしたが、眠かったのと、面倒だったので粉を足しませんでした。
パン生地の状態としては、もう少し強力粉を足した方が良かったと思います。(このあたりも発酵のスピードや焼き上がりの味に関係してるのかも?)


6月30日 朝。
ダレ気味の生地ですが、一応膨らんています。

20170630_1.jpg

一回ガス抜きをして、冷蔵庫に入れて外出。
帰宅すると、1.5倍くらいに膨らんでいました。

20170630_2.jpg

成型

20170630_3.jpg

結構ベタつくので、打ち粉を結構使いました。
(やっぱり最初の生地作りの時、強力粉が足らなかった感じです。)

1時間ほど置いてちょっと膨れたところで、190度に予熱したオーブンで20分。

20170630_4.jpg

元種を作って焼いたパンのようにふんわり・・・ではないけれど、とりあえず焼き上がり♪




・・・と言うことで、今朝のごはんはトーストした干し桑の実入りパン。

水と桑の実と砂糖と粉。
それだけで、ちゃんとパンのキメができています。
ふんわりではないけれどもっちりではあります。
天然酵母ってすごい&面白い。

20170701_1.jpg

お味は、ちょっと酸味のある黒パン風味。(色もね)
中近東あたりに旅行に行くと、現地の朝食で出てくるパンのようなそんな素朴なお味です。
ワタシは嫌いじゃないけど、万人受けするかと言われるとそれはちょっと・・・ね。(^_^;)
でも、桑の実シロップを添えて食べるとおいしいです。


酵母液をあと1日置いてみたらもう少し酵母が元気になったかも?とか、生地を捏ねるときの酵母液と粉の量とか、どこかの発酵の時間をもう少しうまく調整できるようになると良いのかも?とか、いろいろ課題はありますが、とりあえず、自家製天然酵母でパンが焼けるのを確認しました。


となると、ワタシの最終目標は自家製天然酵母で米粉パン♪
アレルギーで小麦粉がNGのわんこって結構多いです。

元種作りで小麦粉を使ってしまうと、100%米粉パンとは言えなくなるので、小麦粉を使わない方法を探してみます。
それと、酵母液を何で作るか?も重要。
天然酵母作りにはレーズンが良く使われるようですが、ブドウはわんこNG食材。(ブドウの何の成分が?・・・というのはよくわかりません)
塩は使わず、酵母を発酵させるための砂糖もなるべく少なく・・・で、飼い主さん&小麦粉NGなわんこが一緒に食べておいしい自家製天然酵母の無添加米粉パンが最終目標♪

今回の課題も調整しつつ、まだまだ修行が続きます。



自家製桑の実酵母で焼いたパンは、只今オーブンの中でラスクに変身中。

20170701_2.jpg


もしかしたら、明日のワークショップでお味見していただくかも?です。

SLEEPERS4.jpg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年06月28日

種が採れそうです♪

6月の『Enjoy Herb!』でもご紹介したカレンデュラは、オイルに、ティンクチャーに、料理やわんこのおやつにと、いろいろな使い方ができるワタシの大好きなハーブです。

今年は初めて種から栽培し、喜々として花弁の収穫をしていたのですが、うどんこ病で葉っぱをたくさんむしったのと、梅雨のグズグズしたお天気と、土が痩せて来たのもあってか、このことろ元気がありません。

20170628_3.jpg

花も、思い出したように時々咲くくらいです。(;_;)

一方で、種を採取すべく5月に筒状花だけを残したカレンデュラは



結局こんな感じで種は取れず・・・。

6月7日開花


で、右下に写っている花を、種を採るためにそのまま残しておりました。

6月20日
20170620_7.jpg

6月27日
20170627_2.jpg

雨に濡れてちょっと情けない感じではありますが、なんとか種が採れそうです♪

ただ、想像していた部分とは全然違うところに種ができてる感じなので、このとき 筒状花と舌状花と勝手に思ったことからして間違ってたりするのかも?( ;∀;)



6月の『Enjoy Herb!』にご参加いただいた方から、カレンデュラのチンキ剤作りのご要望をいただいているのですが、このところカレンデュラ欠品の情報をあちこちで耳にします。

チンキ剤を作る量はなんとかありますが、いつ頃入荷するのかなぁ・・・。(*´Д`)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん