schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年05月04日

ちょっとヤバそう?

冬の間
屋内でぬくぬく過ごしていたクロモジですが、
ここへきてちょっと水をやりすぎたかな?
な感じがありまして・・・。

エイヤっと気合を入れて屋外に出したところ・・・・。

20170504_14.jpg

葉焼けしちゃった?

20170504_12.jpg

ちょっと日当たりが良すぎたかも?(*´Д`)
サイディングの照り返しも影響した感じ。

ごめんね〜。
回復できるかなぁ・・・・。

冬を屋外で過ごし
地植えにしたクロモジは
今のところ元気みたいです。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

感じ方の理由

4月30日、5月3日と、2日にわたったドギーズアイランドさんでのワークショップが終わりました。
まずは、ご参加いただいた皆様に心よりお礼を申し上げます。

「作る」 に焦点をあてたワークショップでしたが、これをきっかけにハーブにほんの少しでも興味を持ってくださるとうれしいです。
ハーブは愛犬とご自身のホームケアにとってもお役立ちなのです。

20170503_3.jpg

そして、お手伝いくださったスタッフの方々。
基材とワタシの運搬、ワークショップの間のぽちのお世話をしてくれた夫。
そしてそして、ワタシの仕事につきあってくれたぽちにも感謝です!

20170504_9.jpg


若い頃のぽちは車が大好きだったのでよく遠出をしていましたが、ここ数年、段々車が苦手になってきて、外ではあんまり水も飲まず、ごはんも食べずになってきています。
両日とも帰宅するなり家の中に駆け込んでハーブティーをガブガブ飲み、ごはんを食べ、翌日は手足を投げ出して寝ていました。

20170504_2.jpg

犬だって 「はぁ〜、やっぱウチが一番♪」 なんです。
ぽちと夫の協力なしには、このイベントはお受けできませんでした。
本当にありがとう!


さて、昨日は、ニオイバンマツリの蒸留水を持参して、イベントのお手伝いをしてくださっているスタッフの方にも嗅いでいただきました。

20170501_3.jpg

ワタシには、むっちゃくっさい蒸留水でしたが

「あっ?でもそんなに嫌いじゃないです。」
「逆に落ち着く香りです。」

とスタッフさん。

実はね、ワタシの中の香りの記憶をたどって辿り着いたのが “牛舎の香り” だったのですが、「逆に落ち着く香り」 とおっしゃったのは、なんとドギーズアイランドの動物ふれあい広場の園長さんでした。(≧▽≦)

そっか、そういうことか〜!


香りの好みも感じ方も、ほんとうに様々です。

干し草や牛舎の香りはワタシもそんなに嫌いじゃないです。(身に纏おうとは思いませんが(^_^;))
なのに 「むっちゃ臭い」 と感じた理由には、ニオイバンマツリの生花の香りとのギャップに驚いたというのもあるのかもしれませんね。



そして、昨日は同じくハウスの中で栽培していた薔薇の花びらをいただいて帰りました。

薔薇の中でも病害虫に強いノックアウトという品種だそうです。
生花の香りは、と〜ってもほのかですが、この花で採れたハチミツはしっかり香りがするそうですよ。

20170504_4.jpg

たくさんいただいたので、まずはフレッシュで蒸留。
残りはドライにしてから蒸留してみます。

20170504_1.jpg

どんな蒸留水になるかな?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

犬に危険な植物たち

4月30日のドギーズアイランドさんでのイベント後、カートで四季の花道を案内していただきました。
イベントでご担当いただいている方は動植物に詳しい方で、ハーブの花の写真を見てポンと和名が出て来たり、成分の名前が出て来たり・・・・でいろいろお話しをしていてびっくでした。

今回ハーブのワークショップをとお話しをいただいたのも、植物の力をご存知の方だから・・・なのかもしれません。


四季の花道をぐるっと一周の間に、バックヤードにある植物たちのハウスを覗かせていただきました。

わんちゃんのケアアイテムとしてもお役立ちで、3日のケアスプレーの主役ともなる芳香蒸留水の話をしていて、「これはどうなんでしょうね?」と見せていただいたのがニオイバンマツリ。

20170518_4.jpg
ニオイバンマツリ

この花、ご近所さんの庭にもあって、紫と白の花が混在する(実際は日にちが経つと紫の花が白くなるそうです)綺麗な庭木で、生花はとっても良い香りです。
蒸留したらどんな香りになるんだろう?と、花だけを摘んで少し持ち帰らせていただきました。

20170501_1.jpg
(1枚だけローズの花びらが混じっています。)

で、早速翌朝蒸留。

20170501_2.jpg

小一時間で10ml程度の蒸留水が採れました。

20170501_3.jpg

ワクワクしながら香りを嗅いでみたら・・・・。



く・・・・、臭い!

ん〜、なんだろう?この臭さ。


生花からは全く想像もつかない、びっくりするくらいくっさい蒸留水になりました。(>_<)

でね、いろいろ調べているとニオイバンマツリは全草に神経毒性があるようです。
犬や猫が口にすると最悪死に至ることもあるとか・・・。
だからわんこが自由に立ち入れないよう、ドア付きのハウスの中だったのでしょうね。


そういえば、アニマルアロマセラピーのセミナーでも、ナス科は要注意と教わりました。
食品として販売されているハーブと違って、庭木は観賞用。
香りが良いからと、なんでもかんでも興味本位で蒸留すれば良いというものでもありませんね。(>_<)
ハーブだって全部がOKという事はないですし、過剰摂取はNGですから。


今となっては、くっさい蒸留水で良かった!
使ってみようと考えずにすみましたから。(笑)

動物にNGと言われる植物は約800種類もあるそうです。
なんでも口にしちゃうパピーや好奇心旺盛な子の場合は、特に気をつけましょう!
もちろん猫ちゃんもです。


このニオイバンマツリの蒸留水には、後日談があります。
それについては、またあとで。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年04月30日

ちっさいヤツら対策

ジャーマンカモミールにクレイウォーターの結果ですが・・・。

クレイウォーターをスプレーした翌朝、ちょっと減ってる感じはありました!
でも、完全にと言えません。

20170426_5.jpg
(ところどころ白いのはクレイウォーターが乾いたからです。クレイ入れ過ぎ?(^_^;))

スプレーした2日後の、木彫り同好会の日に小梅かあちゃんが手で “ちっさいヤツら” を取ってくれました。
(小梅かあちゃんはワタシの真逆で、ポットで発芽した子たちを間引いたり、摘芯したりができないヒトなのに、ちっさいヤツらは「ぜ〜んぜん平気」なんですって。^_^;)
その翌日のジャーマンカモミールはかなりスッキリ♪
やっぱり一番確実なのは人の手とテントウムシかもしれません。

木彫り同好会から4日が経ち、そろそろちっさいヤツらが増えててもおかしくないと思うのですが、首のところにちょこっといる程度。

20170429_1.jpg

ん?
もしかしてクレイ効果?
茎に残ったクレイを嫌って・・・とか?

なんて期待を込めつつ、もう一度クレイウォーターをシュシュっとスプレー。
しばらく観察します。



小梅かあちゃんには、芽が出たちびっこセントジョーンズワートと、ローゼルの半分を引き取ってもらい、残ったローゼル2株をポットから大き目の鉢に植え替えました。

20170426_4.jpg
(再生土にバーミキュライトと土壌改良材を混ぜて使用)

ちょっと窮屈&再生土も心配なのですが、なんとか頑張って育って欲しいものです。


そしてそして!
今年のマルベリーは、去年よりさらにたくさんの実を収穫できそうです。

20170426_10.jpg

あっちの枝にも、こっちの枝にも、たくさんの花がついています。

20170426_11.jpg

今年も最初の1粒は、ぽちにあげるよ〜。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年04月28日

なかなか良いです

火曜日。
なんだか目元が痒いな〜と鏡を見ると、目尻の下の部分が赤く腫れて、皮膚がカサカサしていました。

20170425_14.jpg

ローズマリー軟膏
 ↓
クロモジウォーター+セリシン
 ↓
カレンデュラオイル
 ↓
多目的ブレンド(を入れて作ったクリーム)


と、時間を開けつつ試した結果・・・。

ワタシの体感で一番良かったのが、アニマルアロマセラピーの実習で作った多目的ブレンド(を入れて作ったクリーム)でした。



お昼頃、矢印の赤い部分にクリームを塗ると、夕方までずっと痒みを忘れていました。

夜には痒みがぶり返しましたが、寝る前にもう一度クリームを塗って就寝。

20170426_8.jpg

翌朝には皮膚の赤みはすっきり取れていて、痒みを感じずに済んでいました。

気にして触ると痒くなるので、1日2回(痒みを感じた時と就寝前)の使用で2日間。
3日目の昨日は、赤かった部分のカサカサ対策にカレンデュラオイルを塗ったのみ。


冬の間の乾燥肌にお役立ちだったローズマリー軟膏ですが、今回はあんまり・・・でした。
炎症の原因に心当たりがなく、もしかしてローズマリーが合わなかったりする?ワタシ?と疑ってみたりもして・・・。

クロモジウォーター+セリシンも痒みが落ち着くのですが、あんまり持続はしなかった。

カレンデュラオイルは、結構イイ感じでしたが、そうだ!多目的ブレンドを試そう!と浮気しました。(^_^;)


わんこの舐め壊しもそうですが、こういう皮膚のトラブルって、気にして触ることで悪化するという事が多いですよね。(だからエリカラなんてものもあったりします)
多目的ブレンドには、痒いから掻く → 赤くなる → さらに痒くなって掻く・・・の悪循環をササッと断ち切れるというメリットがある感じです。

いろいろ試した結果、多目的ブレンドはヒト用としてもかなり有益だと思います。
精油が入っているので香りも良いです。
皮膚トラブル時のレスキューオイル(もしくはクリーム)として、今後セミナーの実習やワークショップで作ることも考えています。

※ 多目的ブレンドは、精油をキャリアオイルで安全な濃度に薄めたものです。



さて、ワタシ個人としては、ローズマリー軟膏が合っているのかいないのか?を検証しておかねば、です。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん