schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年02月14日

柚子の丸々使い倒しレシピ

昨日は、年末から楽しみにしていた「新しい学び」の1日目でした。

20170213_4.jpg

なんと、共にハーブを学んだ方とのうれしい再会があり、
「辿り着くところは一緒ですね。」
と顏を見合わせて笑ったのでした。
(その方も犬軸の方です。)

「新しい学び」とは、動物へのアロマセラピーについて。

精油の成分、ひとつひとつが危険な毒劇物でもある。
非常に怖いものであるという認識を持つこと。
使い方を誤ると取り返しのつかないことになる反面、サイエンティフィックに知ることで良い部分のみを利用することもできる。
薬理を知り正しく使う事で、医原性の疾患を防ぐこともできる。
そのためには、本物の精油を使う必要があるし、本物の精油の見分け方を知る必要がある。

「人はもとより、ペットに安易に使ってはならない」ということだけで、アロマに関する知識はほぼゼロのぽちの和でしたが、正直、「知ると怖い」・・・ことがたくさんありました。(*´Д`)

「精油以前にハーブやハーブウォーターを使おうよ!」は、そのままゆるぎません。



帰りがけに、お庭で摂れた無農薬の柚子をいただきました。

20170213_5.jpg

皮はバスボム用に乾燥させて

20170214_1.jpg

果汁は絞ってポン酢に、種はチンキに

20170214_2.jpg

果汁は小分けして冷凍しておくと、使いたい時にポン酢を作れます♪

20170214_3.jpg

柚子の全部使い切りメニューです♪


遅刻して他の受講者さんにご迷惑をかけてはならぬ!
と、セミナーの開始時間より随分余裕を見ての出発でしたが、ラッシュの時間は電車が遅延するものです。
片道2時間半の予定が、行きも帰りもドアツードアで3時間。( ;∀;)

長時間セミナーへ、もうじき16歳のシニアわんこを置いて往復6時間をかけての参加が可能なわけは、夫がぽちを見ていてくれるから。
あと3日、よろしくお願いします。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年02月12日

ついに!

10月6日に季節外れの花が咲き、


(パッションフルーツの花ってこんなヤツ)

ふと見ると猫庭に

コロン

20170212_6.jpg

と落ちていたのが12日の午後。

結実して、4ヶ月と1週間!
(通常の夏の開花の場合は、開花後2ヶ月くらいで枝から落ちます。)

20170212_7.jpg

ツルンとした実です。
しかも軽い。
冬の水やりは控えめ&乾かし気味だったので、パッサパサの実かもしれません。

食べ頃は追熟させて皮に皺が寄った頃というので、もうしばらく寝かせてみますが、果たして食べられるのかい?(^_^;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年02月08日

小さい犬を彫る

昨日は「わんこの木彫り同好会」で、ほぼ仕上がった状態のきゅうたんと再会♪

20170207_1.jpg

手のひらの中で、一刀一刀に心を込めながら彫られたんだな〜と感じました。
(実はね、昨日はきゅうたんの月命日だったそうです。)

20170207_2.jpg

何しろ小さな木彫りです。
「これがあると滑りにくくてイイですよ〜」な My 道具(防振ゴムとか)をGさんが見せてくれました♪

わんこの木彫りでは、ノコギリや、たまにノミなんかも使いますが、それはぽちの和でもご用意がありますので、彫刻刀と彫りたいわんこの写真、デッサン用の鉛筆と消しゴムだけ各自でご持参ください。
もちろん、My ノコギリ、My ノミをご持参いただいても良いですが、刃物ですので持ち運びの際には充分ご注意くださいませ。

20170207_3.jpg

彫り進んでいく過程で、彫りすぎたり、木が割れちゃうこともあったりします。
割れたパーツはそのまま木工用ボンドでくっつければOK!
パーツが無い場合でも、木くずを糊で練ったもので補修ができるんですよ。

20170207_6.jpg

木くずは細かいほどきれいに補修できます。
目の細かいのこぎりを使うと、細かい「いい粉(笑)」ができます。
目の粗いノコギリは太い低い音。
目の細かいノコギリは、高い音がします。

20170207_4.jpg

いろんな音がする中、ぽちさんは全く気にせずいつも通りに日なたのベッドで寝て、ごはんの時間にむっくり起き、時々水を飲んでいました。
年を取って耳が遠くなるというのは、そんなに悪いことではないように思います。(^_^;)


「わんこの木彫り同好会」は、ランチ持参でお好きな時間に来て、お好きな時間にお帰りいただいています。
昨日は10:30スタートで、ランチ休憩を挟んで夕方まで。
クスノキの香りに包まれながら、わんこの話、わんこのケアや自分ケアの話をしながらの楽しい時間でした。

20170207_7.jpg

20170207_9.jpg

「わんこの木彫り同好会」、次回は3月14日(火)。

木彫りの時も・・・だけど、セミナーの時も、オーブンを出したりハーブをたくさん出すとかなり手狭になるので、一回り大きいテーブルにしたいなぁ・・・。

そして、やっぱり電動ノコギリが欲しい〜!!


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年02月07日

種を蒔く

ようやく種蒔きシーズンになりました。

実家から帰って早速蒔いたのが、こちら。

20170206_1.jpg

Calendula Officinalis
カレンデュラです♪


ガーデニングは昔から好きでしたが、マリーゴールドにはさしたる魅力を感じず( ;∀;)、これまで育てたことがありませんでした。

でも、実験くんのワタシが、佳奈子さんのあのカレンデュラ



を見て、色鮮やかで美しいカレンデュラを自分で作ってみたい! と思わないはずがありません。(笑)

発芽したら、しっかり育てて、収穫して、乾燥して、美しいカレンデュラを作るのだ!

種は他に4種類ありますが、そっちの種まきはまだもう少し先になります。


※自分で育ててメディカルハーブとしての活用を考える場合は、きちんと学名を確認しましょう。


---------------

今日は 「わんこの木彫り同好会」。

みんなそれぞれ思い思いの小さい犬を彫ります♪

20170206_4.jpg

久しぶりに、ちびキューたんに会えます♪

た の し み  


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年01月31日

野菜がおいしいピクルス液


白い野菜と赤いピクルス液

20170131_1.jpg

ロマネスコ

おいしくって
全部食べちゃった♪



---------

早いもので、明日から2月。
2月のぽちの和の予定です。

2月1日(水) ぽちの和クラブ(都合によりお休みします)
2月6日(月) 生活の木 町田校「ハーブでわんこにできること」ブラッシングスプレー作り
2月7日(火) わんこの木彫り同好会
2月8日(水) 「犬の植物療法」Step.1
2月11日(土) 「犬の植物療法」Step.1〜2
2月17日(金) 「犬への取り入れ方エッセンス編」前編
2月22日(水) 「Enjoy Herb!」バスボム作り(於 ぽちの和@セミナールーム)
2月24日(金) 「Enjoy Herb!」バスボム作り(於 ドッグカフェプティシアン)
2月27日(月) 「メディカルハーブ検定」対応講座

※「犬の植物療法」、各種ワークショップは、ご希望の曜日・日程で開催可能です。

ぽちの和@セミナールームでは1名様から開催しておりますので、お気軽にお問合せください。

お申込み&お問合せ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん