schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年08月16日

ぽちに車イスを作るのだ!(Vol.4)

慣らし運転3日目の朝。
ブレスエアーの胸当てを付けたぽち号に、初試乗。

・・・と思ったら、胸当ての上でくつろいじゃってます。

20170815_1 .jpg

いやいやぽちさん、そうではなくって

20170815_2.jpg

いやいやぽちさん、そうでもなくって、、、。(^_^;)

そのベルトは前足を乗せるものではないのよね。

ということで、きちんと4本足で立たせて散歩にGo!!


ブレスエアーで当たりが柔らかくなったからか、歩き方が昨日までののったらのったらより随分良くなり、歩行距離も伸びました♪

20170815_4.jpg
(別窓で動画が開きます)

こうなると、ますます頭が上下した時にゴンゴンあたる補強のバーが気になります。
(濡れてるところが、アゴをぶつけた場所です。)

20170815_3.jpg

ちょうどアゴの位置なんです。(>_<)
(右側に痕跡が多いのは、左側にリードをつけて歩いたから)

補強のバーがアゴに当たる件については土曜日の時点で相談済みでして、予約のうえ再びポチの車イスへ行ってきました。

20170815_5.jpg
こないだ来たところだね

まずは、バーを付ける方向を逆にして(前方ではなくお腹の下に通した状態で)歩行チェック。
胸に当たらない高さで、歩行時に肘が当たらないアールに変えていただいたのがこの形。

20170815_6.jpg

補強のバーの向きが変わったことで、ぽちはバーを気にしないで歩けるようになり、だいぶコンパクトにもなりました♪
(ちなみに、胸の前のベルトは、勢いよく走る子が前に飛び出さないためのものだそうです。そうでなければ付けなくても良いかも?とのこと。)

20170815_10.jpg

前面がフルオープンなので、これなら、車イスに乗った状態でごはんも食べられるし、水を飲むこともできます♪

20170815_8.jpg

ただしこの形は、足の長いわんこや元気に走り回る子の場合は難しかったりもするそうです。

一頭一頭、わんこによって体の状態も体型も違うので、ホントに本当のカスタムメイド。
ここがこうで・・・と説明すると、木口さんは「せっかく作ったのに歩けないんじゃ意味ないからね。」と、これまでの経験と知識と技術でもって 「歩くための車イス」 を作ってくれます。

ありがたいです。(;_;)

「また気になるところが出てきたら、いつでもどうぞ」との言葉に送り出していただきました♪

今のぽちに 「これがベスト!」 と思える車イスを作っていただきましたので、あとは、ワタシができる小さなカスタマイズと練習で慣らして行こうと思います。


実をいうと、車イスを使った歩行練習を初めてから、ぽちは尻もちをついていません。
車イスという未知の体験は、シニアの脳と体に良い刺激になってるのかも?


「ぽちの車イスを作りました!」と言える日もそう遠くない気がします!


ここまでのおはなし
 ぽちの車イスを作るのだ!(Vol.1)
 ぽちの車イスを作るのだ!(Vol.2)
 ぽちの車イスを作るのだ!(Vol.3)


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年08月15日

ぽちに車イスを作るのだ!(Vol.3)

正直、ネットで後肢が不自由になったわんちゃんが、2輪の車イスを使ってうれしそうに走り回る様子を見て、車イスの導入は、すごく簡単!なことのように想像していました。

2輪と4輪の違いや、ぽちの体の状態や性格もあるでしょうが、新しいものへの挑戦は決して簡単な訳ではなく、今のところぽちさんはがっちり周囲を囲むフレームと車輪に、「なんなの〜」 と戸惑っているようです。

そんな訳で、まずは、車イスを使う事に(ぽちもワタシも)慣れることが先決と考え、当面、お散歩前に車椅子慣らし散歩 → その後、車イスは家に置いて普通のお散歩 をしています。


歩行訓練1日目

20170814_1.jpg
ぽつねん

オヤツがないと動きません!の図。(笑)

すぐ脇の車の通りが少ない直線道路でトロトロ歩きながら、後肢を入れる輪っかの高さや位置、胸当て部分の高さを微調整。

本当に車イスに乗ったまま用を足せるのかしらん?と思ったら、小は確かにできました!
立ったままなので云わば立ちション状態。
おしっこのハネが結構あります。(笑)
ハネは洗ったり拭けば良いだけなのですが、ぽちは、しゃがまない(しゃがめない)おしっこをどう感じてるのかなぁ・・・。
(ちなみに、大はまだしたことがありません。)

夏の朝のお散歩は結構早い時間になります。
静かな早朝は、車イスの車輪が回る音が結構大きく感じます。


歩行訓練2日目

後肢を入れる輪っかをおしっこで濡らさずに済むようになりました。
輪っかの位置は、だいたいこれで良さそうです。

が、緩すぎずキツ過ぎずで締めたつもりの胸元のベルトが、途中でこんなことになっておりました。

20170814_2.jpg

地面を嗅いで顏を上げた時に、ベルトが首の上に・・・。
ということは、ベルトが緩すぎたって事かぁ。
このあたりの調整は、使っていくうちに解決して行くと思います。


と、ここまでが慣らし運転2日目までの様子です。


10数メートルをオヤツで釣って往復し、屋内でも歩かせた結果、やっぱり気になるのが前に付いてる補強のバー。

アレがあると、電信柱に寄ってこういう嗅ぎ方もし難くなると思うし



屋内使用時に、ごはんを食べたりお水を飲むのもちょい難しいかも?
(補強は側面ではできないのかしらん?)


赤ちゃんの歩行器のように、体を預けながら行きたい方向に行けるようになると良いのだけれど、そうなるには、まだぽちの足はしっかりしすぎているという事なのかも。(うれしいことですけど)

本体の調整や改造はプロにオマカセするしかありませんので、私ができるカスタマイズをということで、胸当ての部分にブレスエアーを敷くことにしました。

20170814_4.jpg

20170814_6.jpg

これでちょっと当たりがソフトになるのでは?

20170814_8.jpg

3日目に、これのお陰か、おっ?と思う進展あり。
それについては、また後ほど。


「車イス、もう作ったでしょ?」と思われるでしょうが、車体の調整だけでなく、ぽちとワタシが上手に使えるようになって、初めて完成と思っているので、「作るのだ!」シリーズはもうしばらく続きます。

ぽちさん、16歳とまもなく4ヶ月。
目下のところは、車イスなしの方が軽快(ではないけど)に歩きまする。(笑)

が、将来的にはぽちにもワタシにも必要なものだと思うので、少しでも負担なく使えるよう工夫していきます。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年08月13日

ぽちに車イスを作るのだ!(Vol.2)

土曜日に、「ポチの車イス」に行ってきました。

20170812_5.jpg

厚木とは聞いていたのですが、むっちゃ近くてびっくり。
あいかわ公園に行く時に通る道のすぐそばでした。

座間のヒマワリ祭りで駐車場待ちの車で渋滞していて、予約の時間よりちょっと遅れての到着でした。

2輪か4輪か?については、ぽちの歩き方
 ↓
20170812_6.jpg
(別窓で動画が開きます)

を見て4輪と決まり、さっそく測定車に試乗して採寸。

20170812_2.jpg

製作に要する時間は約2時間。
あちこち行く時間でも気候でもないので、工房で待つことに。

壁には、木口さんに車イスを作ってもらったたくさんの笑顔のわんちゃん達の写真がありました。

20170812_4.jpg
(工房にいらした山登り仲間という女性の方と待ち時間にちょこっとお話しをしたのですが、木口さんは、もともと人の装具を作っておられた方で、その後、犬の車椅子に専念されるようになったとか。(ポチの車イスは、今は息子さんとふたりでやっておられるみたい。))

待ち時間のぽちはと言うと、オスワリもフセもせず、ずっとウロウロ歩き回って工房内を探索しておりました。(^_^;)

20170812_3.jpg
(大小、いろんなサイズの採寸用の車椅子)

そうこうするうちに、3組目のお客さんネザーランドドワーフのひなちゃんが来ました。

20170812_9.jpg

超可愛い♪
術後の事故で後肢が動かなくなったひなちゃんに軽量の車イスをということで、ネットで探して来られたそうです。

あれこれお話しをしながら待つうちに、ついにぽちの車椅子が♪

20170812_7.jpg
(別窓で動画が開きます)

固まって歩かないので、オヤツで釣ってます。(^_^;)

4輪の車イスには、補強の為に前にバーが渡してあるのですが、ぽちさんにはそれが行く手を阻むものに見えるらしく、何かの拍子に跨ごうとして超危ない。(>_<)

20170812_8.jpg
(別窓で動画が開きます(横向きなので見難いです)

で、バーをもう少し前足から遠ざけていただいたのがこちら。
(ぽちは、胸元の黒いベルトもつけない方が歩きやすそうなので外していますが、本当は、ここを締めすぎても緩すぎても良くないらしい。)

20170812_10.jpg
(別窓で動画が開きます)

なのですが、頭が上下するぽちさんには、ちょうどアゴにゴンッ!と当たる位置にバーが来ちゃったのでした。

ひとまず、顎があたるバーにクッション素材をつけていただいたところで、この日は帰宅となりました。

20170812_12.jpg

そうそう。
ぽちが帰る頃にはうさちゃんの車椅子も完成。
2輪の車椅子で、前進も後退も、方向転換も上手にできています♪

20170812_13.jpg
(別窓で動画が開きます)

これまで歩けなかった子の方が、「動ける〜!」という感動もあり、車イスにも慣れやすいようです。
そして、4輪よりもやっぱり2輪のほうが、動きやすく、慣れやすいように思います。(あくまで個人的な印象です)


ぽちは、トボトボながらも自力で歩ける状況なので、車イスはいわば「転ばぬ先の杖」。
よろけた時に、体を支えてくれるものになるのですが、今のところは、自分を取り囲んでいるパイプと車輪に、和犬の神経質さを遺憾なく発揮してくれています。^_^;
少しずつ慣れさせ、ぽちが少しでも快適に車イスを使えるよう、木口さんに相談に乗っていただきながら、改良して行ければと思っています。


うんちは?おしっこはちゃんとできるのかしらん?
車イスに頼りすぎず、筋肉を落とさない使い方を考えなきゃだよね。
翌朝から、実際に使ってみてわかったこともいろいろあります。

が、長くなったのでこの続きは、また明日。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by ぽちの和 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年08月09日

低反発 vs 高反発

介護期に入ると重要になってくるのがマットレス。

低反発か、高反発かで悩む飼い主さんも多いと思います。

本当は、介護期に入ってからではなく早いうちから使うのがオススメです。
睡眠は重要ですからね。

ぽちは、低反発(ドッグケア防水マットレス)と高反発(ブレスエアー)の両方を持っています。


ブログにも何度か書いたことがありますが、ぽちのブレスエアー使用歴は結構長くてもう8〜9年?
きっかけは、ヘルニアとパテラでした。
少しでも身体に負担のかからないものを・・・ということで、当時選んだのがブレスエアーのマットレスでした。

切り売りしているサイトで大きいブレスエアーを購入し、ベッドとケージとカート用にハサミでジョキジョキカットしてカバーを縫って使っています。

20170808_6.jpg

平らなベッドは冬が寒そうに思えるので夏限定使用でしたが、尿漏れのあるわんこの場合も、汚れてもササっと流せてすぐ乾くという点でもブレスエアは大助かりでした。

ぽちの高反発マットレスは、硬さの違うブレスエアーの2枚重ねです。

20170808_5.jpg

硬め(写真上)は目も粗く、足が埋まったり爪が引っかかりそうだし、カバーの上からでもボコボコとしていて寝心地が悪そう。
柔らかめ(写真下)は、目が詰まっていて確かにソフトなんだけど、これ1枚だと底付きしそう。
・・・ということで、底付き防止に硬めを下に、柔らかめを上に重ねて使っています。

image.jpg


一方、低反発マットレスは?と言うと、3年ほど前にドッグケア防水マットレスを購入したのですが、その大きさを持て余し、かと言って切る勇気もなく、、、、で壁に立てかけたままオブジェと化していたものを、ようやく去年の1月にハサミを入れてベッドに敷く小さいマットと、大きいマットに分けたのでした。

小さいマットは冬に良く使うカドラーのマットに使用。

20170808_9.jpg
(つい先日、布製のカバーから合皮のカバーに変えました。)

大きいマットも、尿漏れの量が増えたタイミングで(拭き取りがしやすい事から)、オブジェを卒業して窓辺に設置するようになりました。

20170808_2.jpg


低反発マットレスは防水カバー付きなので、通気性はありません。
高反発マットレスはコットンのお手製カバーなので、尿も通りますが通気性も抜群です。

ぽちは、高反発のマットレスと、低反発のマットレスを行ったり来たりしながら、好きな方で休んでいます。
今のところはどっちが良いということもないようです。


低反発・高反発それぞれの良さがあるので使い分ける感じになるのかな?とは思いますが、どちらか一つをとなった時はどうかしらん?

一番は本犬の体の負担ですが、今後は介護する側の負担(洗濯とか、手入れのしやすさとか、介助のしやすさとか?)も出てくると思います。
本格的な介護期に入ったら、両方を加味してどっちが良いかの判断ができるのかもしれません。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年08月07日

ぽちに車イスを作るのだ!(vol.1)

ぽちに車イスを作ることにしました!

歩けなくなったからではありません。

花小金井塾のメンバーには、介護も学んだメンバーがいます。
彼女たちの 「歩けなくなる前に作ったほうがいいよ〜。」 をきっかけに、車イスの購入を考えることにしました。


犬がシニアになるにつれ、活動量が減り、寝ている姿ばかりを見るようになります。

20170807_2.jpg

そうは言っても以前は家の中で頻繁にベッドの移動をしたり、日向と日陰を行き来したり、外の気配に窓辺に来てヤジウマをしたり、「お散歩行くよ〜」 でテーブルの周りを追いかけっこしたり・・・がありましたが、それらが今ではほとんどありません。

「立って」 と言われると以前はシュタッと立ち上がっていたのが、今はふにゃりとしていて立ち上がらない(立ち上がりにくい)状況もあったりします。

ベッドからお尻が落ちていても、「面倒くさいからこのままでいいや」 って感じもあったりします。

20170807_3.jpg


お散歩も、ほとんど前足で歩いています。
ごはんを食べながら、いつの間にか尻もちをついてオスワリで食べていることもあります。
後ろ足を軸にして、前足だけで方向転換をするようになりました。

日によって歩様も変わります。

20170807_4.jpg

今日は快調という時もあれば、足取り重くダラダラ歩きの時もあり、コケッとなる時はハーネスでちょっと吊り気味に歩いたりもします。
前足が出にくい時には、軽く引っ張り気味に歩いたりもするのですが、もしかしたらそれも車椅子で自由に行きたい方向に動けるようになったら変わるのかも?


歩くことで内蔵の動きも良くなります。
適度な運動は、ぽちのような腎不全のわんこであっても必要だと思います。

それと、脳への刺激。
匂い、足裏の感触、空気、音、風、よそのわんこや景色 etc・・・と、お散歩には刺激がいっぱいです。

短距離を時間をかけてだらだら・・・だったぽちのお散歩ですが、車イスで自由に動けるようになるとお散歩の質を変えられるかも?と期待しています。



というわけで、ぽちの車イスを「ポチの車イス」さんで作っていただくことにしました♪
メールをしたところ、週末に予約が取れました。
ちょっとワクワクしています♪


「ポチの車イス」
「大型犬の老犬介護」 → 車椅子は犬の足の代用じゃない!心と体にリハビリ効果


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護