schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年06月28日

おさかなとハーブ食べてます♪

20130304_2.jpg和犬は他犬種に比べると、認知症になりやすい犬種と言われます。

昔に比べると長生きをするようになったということもあれば、ごはんの変化も関係してる?
白米、みそ汁、魚、根菜が、昔の日本の食卓。
柴犬は、残り物に味噌汁ぶっ掛けごはんを食べていただろうと言われています。


ぽちさんの「もしかして始まりのサイン?」という行動は、ごはんへの情熱(執着とも言う)から始まりました。

以前は逆の意味でごはんにうるさい犬(あのフードはだめ、このフードは食べる。でもサンプルが終わって通常サイズを買ったとたんに食べない・・・とか(*´Д`))でしたし、アレルギー持ちでもあったので、手作りごはん以前はフードジプシーをやっていました。

気に入らないごはんの時は、ごはんの器を横目で見て「いらな〜い」と素通りすることもあったのに、今はやたらと食べたがるんです。

でも、それ(ごはんへの情熱(またの名を執着))は別にぽちもワタシたちも困らないこと。
ごはんの量やタイミングをこちらが考えれば、下痢をしたりなんてことにならずに対処してあげられるし、食べなかった頃の悩みを考えれば、「ごはん、まだですか?」は逆にうれしい♪


「ちょっとこれはなんとかできるならしてあげなきゃ!」と思ったのは、夜、落ち着かず、ウロウロハァハァしながら玄関と部屋を行ったり来たり・・・が続いた、このころ(シニア犬は玄関を目指す)です。

抱っこすれば落ち着くのですが、こういう状況はぽちも辛いだろうし、そんな姿を見ているこちらも辛い。


で、お魚ごはんをメインにして2週間とちょっと。

テーブルの下の椅子の脚の間を縫うように歩いたり、わざわざ狭いところを通ろうとする行動は減りました。
夜に玄関と部屋を行ったり来たりウロウロ・・・も、全くゼロではないですが、各段に減りました。
あの頃は連日でしたが、今はお天気が崩れる前日程度で済んでいます。
(なんとなくですが、気候もちょっと関係しているように思います。)

ハァハァには、脳の機能の低下と関連して、正体のわからない漠然とした不安もあるように思います。
もしかして認知症?のためのハーブと、不安を落ち着かせるためのハーブ。
それらを様子を見ながら与えています。

20170520_5.jpg

16歳と2ヶ月のぽちさん。
そんなことやら、あんなこと、犬生いろいろありますが、ぽちが過ごしやすい環境を整えて行こうと思います。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年06月11日

シニアの脳に

シニアの脳は理性よりも本能が優先されるという傾向があるらしい。
理性をつかさどる前頭葉の機能、感情を制御する機能が落ちていき、排泄や食欲など、本能の部分がクローズアップされ、わがままな部分が表に出てきてしまうとも。


夏に向かって換毛が進むにつれて、ぽちは少しずつ骨ばって来ています。

認知症と老化は違います。
体を作る、維持するための食ではなく、単に食べるという欲求を満たすためのごはんになると太れないのかな?という感じ。


和犬は他の犬種に比べると、認知症を発症することが多いと言われます。
これまでのぽちの行動の中で、兆候かな?と感じていたのが「食」でした。

最近になって、「食」以外の部分にも少し変化が見られるようになりました。

わざわざ狭い所を通ろうとしたり、玄関の柵の前に立ち、部屋に戻ってテーブルの周りをぐるっと半周、遠回りしてベッドに戻るなど、なんとなくアヤシイ行動もあります。

20170608_7.jpg

そうは言っても、ぽちと目を合わせたり、カメラを向けるとちゃんとこちらを認識してそれなりの反応をするので、ぽちさんは、まだまだ完全にあちらの住人になっている訳ではありません。



ヘンプオイルにも含まれるオメガ3(アルファ・リノレン酸)系のオイルや、青魚に多く含まれると言われるDHAやEPAは認知症の予防に効果があるとされています。

ヘンプオイルはごはんにプラス。
サプリメントも、去年の夏から予防もかねてあげています。

20170608_10.jpg

サプリメントもいいけど、やっぱ、しっかりごはんからも摂らなきゃだよね!
せっかくの手作りごはんなんだから。

、、、ということで、これまで肉が3回に魚が1回程度だった比率を逆転することにしました。

20170608_6.jpg

カツオ(冷凍ものもあり、我が家ではわりとよく登場するお役立ち食材です。)
イワシ(DHA、EPAの宝庫。カルシウムの補給にも。さばいて1日分ずつラップで包んで冷凍しておきます)
他に何種類かの魚のアラもゲット。

魚を使う時に気をつけたいのが、硬い骨。
特に大きい魚のアラの場合は、結構固い骨がついているので、軽く茹でて骨を取り除いてから冷凍します。(生だと骨が取り難いのです)

それと・・・。
昨日からあるハーブをちょこっと試しています。



この先ぽちがどんな風に老いたとしても、お世話をするし、お世話したいから別にいいんだけどさ。
それでも、ぽち自身のQOLのためにも 「できることはやっとこう!」 って思うのでね。

20170608_9.jpg

とりあえず、ぽちさんが、お魚好きで良かったよ。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年05月22日

視覚・聴覚の衰え

視覚・聴覚・嗅覚のうち一番最後まで残るのが嗅覚と言われます。

ぽちもまさにその通り。

視覚。
ぽちの目が夜、電灯の下で見るとうっすら白くなってる?と思い始めたのが、ぽちが9歳(2010年)の夏頃でした。
低い位置に太陽がある朝のお散歩は、コースを選びながら歩くようになりました。
それ以外は特に不自由なく過ごせていましたが、ここ1〜2年になって、手、走行中の車の中に入ってくる日陰、道を横切る猫の影など、突然視野に入ってくるものにビクっとするようになりました。
見えてはいるけれども、だいぶ見え辛くなっていることは確かです。
今のぽちには、ドライブもお散歩も夜の方が快適なようです。


聴覚。
14歳を過ぎた頃から、聴覚の衰えを顕著に感じるようになりました。
昔は雨戸を閉めた家の中でも、オモテの道路をわんこが通ると耳と鼻を動かしながら「フガフガ」言ってましたが、気が付けばそれもなくなっていました。

それでも去年の夏くらいまでは、車のエンジン音には反応していました。
エンジン音を聞くと 「あたしは?」 と玄関まで後追いしていましたが、最近はエンジン音も聞こえなくなったみたい。(聞こえないのかどうでも良いのか?)
家人が出かける時の、「あたしは?」 な反応もほとんどなくなりました。

201607.jpg


全く聞こえていないわけではなく、何か落としたり、ワタシの咳だったり、大きな音にはむっくり顔を上げます。
空気の振動を察知しているのかも?


いつもくったり眠っているので、ちょっとそこまで・・・の時は声をかけずに出かけます。
昔は部屋の何箇所かに置いてあるベッドを行き来していましたが、寝がえりとか、姿勢を変えたりすることも減った気がします。
出た時と全く変わらない姿で寝ている時すらあります。


目が覚めて誰もいないと 「あれっ?」 っとなると思うので、遠出の時は 「ぽっちゃん、ちょっと出掛けてくるよ」 と声を掛けます。
声をかけて目が覚めるときもあれば、覚めない時もありますが、わざわざ起こすことはしていません。

でも、声は掛けて出かけます。


-----------

数日前の夕方、猫庭の水やりをしていると、ムクちゃんちのお母さんに声を掛けられました。

「お久しぶり。どうしてる?元気?」

犬友達は優しいですね。
主語のない 「どうしてる?」 には、いつもわんこがいます。

「いくつになった?」
窓越しに寝ているぽちを見て
「元気そうね。あいかわらず綺麗。」

201702.jpg

ムクちゃんはぽちのお散歩友達でした。
時々会うと、ムクちゃんのお散歩コースまで遠征したり、ぽちの秘密スポットに一緒に行ったりしていました。
ぽちがパピーだった頃に知り合ったわんこはみんなシニア。
もう会えなくなった子もいます。
ムクちゃんもそのひとり。
ご近所さんなのに、ムクちゃんが亡くなってからは、道でバッタリ会う事もなくなっていました。

窓を開けて「ぽち」と呼んだら、むっくりと顏をあげてクンクンしていたぽちさんです。
聞こえた?
それとも匂いで 「あ、ムクちゃんちのお母さん」 って気が付いた?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年05月16日

ぽちからのサイン

昨日は、我が家のリフォームでお世話になった工務店さんが来てくれました。

リフォーム後も、「どこか不具合はありませんか?」と(+そろそろ外壁の塗装をやりませんか?+ぽちの様子見を兼ねて)、時々様子を見に来てくれています。

20170515_3.jpg

リフォーム以前からお世話になっていて、その頃からぽちを可愛がってくれていた工務店さんなので、ぽちに会いにの要素も大きいかも?です。

20170515_2.jpg

ぽちも工務店さんが大好きで、工務店さんがいる間は眠らずにずっと起きて話を聞いていました。



最近のぽちさん(もうじき16歳と1ヶ月)は・・・。

おしっこは1日4回。
またまた外専門になってしまっていますが、間に尿漏れもそこそこあります。

以前は、ちょっとでも外に出ると必ず用を足していましたが(お散歩からそんなに時間が空いていなくても)、最近は車に乗る前に念のため・・・と連れ出しても、なかなかしなくなりました。

排尿のポーズも変わりました。
後ろ足の筋肉の衰えが原因なのか、膀胱の収縮力の衰えが原因なのか、その両方なのか、しゃがんで腰を前に押し出すようにしておしっこをします。(絞り出しているような感じ)

身体感覚が鈍くなっているからなのか、平らなベッドだとお尻が半分ずり落ちていても気にしなくなりました。(以前はベッドの真ん中にポジショニングしていました。爆睡していて頭だけベッドの外というシーンはあっても、お尻がズリ落ちてる状況はあんまりなかったように思います。)

筋肉が落ちていくことで、以前より膝が外れる事も多くなっているようです。(ぽちは自分で直しています)

セミナー前に「今日はお客さんですね?」と玄関を覗きに行くことも、セミナー中に姿を現すことも、ほとんどなくなりました。

普段の生活の中では、以前は動き始めが 「固い」 という感じでしたが、最近は、動き始めがヨロヨロしています。
真直ぐはまだ良いのですが、左右に曲がる時と、立ち上がる時にヨロつきます。

ぽちの感覚器官の中では、嗅覚が一番元気。
窓を開け放つ季節になり、1日1回以上、必ず窓辺に立って外の空気を嗅いでいます。

20170514_11.jpg

このところ、食欲がちょっと低下気味。
冷凍したモツァレラチーズを、鰹節のように薄〜くスライスしてトッピングしておくと、すんなり食べたりするので、ごはんの魅力ともうひとつ “食べにくい” ということもあるのだと思います。

ぽちからのサインいろいろ。
マッサージと、おいしいごはんと、食べやすい器。
了解です!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年04月21日

16歳になりました♪

ぽちさん、めでたく16歳となりました♪

Facebookやメールでたくさんのお祝いメッセージをいただき、本当にありがとうございます!



手のひらサイズだったちっちゃな子犬が

temp_2001_0601.jpg

今では立派なおばあちゃん犬。

20170325_6.jpg
お昼寝中のぽちさんを外から盗撮(笑)

顏だけアップの写真では「白柴さんですか?」と聞かれることもあるくらい、お顔も白くなりました。

20170420_1.jpg
誕生日のスペシャルごはん(もちろんハーブ入り)

シニアわんこって、いろんな筋力が落ちて行きます。
舌の筋肉も衰えてくるのでごはんも食べにくくなります。
オスワリも、足を踏み踏みしながら、よっ・・・こ・・・らしょ・・・って感じだし、おしっこやうんちんぐスタイルも昔とは変わったなと思います。

20170420_3.jpg
クンクン

ぽちの場合、ここ1年で増えたのは “どこでもうんち” 。(小はちょい漏れ以外は今でも外専門)
モヨオシた時・モヨオシた場所がトイレ。(^_^;)
突然ベッドから立ち上がったかと思ったら、うんちんぐスタイルで歩き回ったり、雨の日のお散歩から帰って、抱っこで足を洗っている時とか、腹圧がかかった時に突然ポロリもありますし、うんちんぐスタイルを取ってもなかなか出なくて諦めちゃうときも・・・。(出したいのに出ないのって、本犬的にはかなり気持ち悪いと思います。(^_^;))
お客様の前でイタしたこともありました。(どーもスミマセン( ;∀;))

20170420_6.jpg
大好きなアジ、入ってますね?

20170420_8.jpg
うん、入っとるよ〜

寝姿からも、筋力の衰えを実感します。
例えて言うなら、新鮮な卵とちょっと古い卵。
採れたて新鮮な卵を割ると、黄身がぷりっと盛り上がってるけど、古い卵は黄身がでろんとなってますよね。
そんな感じ。
寝てれば一緒でしょ?と思うかもしれませんが、自分で姿勢を維持しようという感じが寝姿からも感じられなくなります。

20170420_10.jpg
食べる時は崩しちゃいます

でもね。

シニアわんこはかわいいです。
むっちゃかわいいです。

彼女がいるから今のワタシがあって、「ぽちの和」があります。
彼女の存在なしでは、植物療法の世界に足を踏み入れることはなかったと思います。


目指すは二十歳。

慢性腎不全と診断されてから、2年と2ヶ月が経過しました。
これからもぽちと一緒に歩いて行きます。


20170420_11.jpg
とりあえず、おいしいごはん希望ね

了解! ぽっちゃん♪


あっ、そうそう!
クッキーも焼いたからね〜。

20170420_14.jpg

-------------
夏の特別ワークショップ「ひと夏分のお散歩スプレー用ブレンド精油を作る」
5月11日(木)・・・まだ少々お席がございます。
5月13日(土)・・・あと1席ほどご用意できるかも?

お申込み&お問合せ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 10:09| Comment(2) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護