schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年08月08日

膣炎(?)のその後のその後

ぽちさんの、膣炎疑惑のその後のその後です。

尿臭もだいぶ薄らぎ、トイレの間隔もほぼ通常モードになりました。(3〜4回/日)
ピーク時は4時間置きにトイレでしたので、正直ほっとしました。(^_^;)
ぽちも落ち着いて過ごせているし、正直お世話係も落ち着けませんでしたので。

多飲についても、このところ少し落ち着いています。
多飲多尿は腎臓の問題なので、膣炎には直接関係がないのですが、結果的におしっこの量が増え、菌を溜めないという点で膣炎の改善に一役買ったようにも思います。


泌尿器トラブルにもいろいろありますが、膣炎や膀胱炎だったらワタシはクランベリーを使います。
刻んでごはんに混ぜれば普通に食べてくれます。

20170808_8.jpg

多分、雄わんこの包皮炎にも良いと思います。

「1頭だけ尿臭の気になる子がいて・・・」 と、昨年の『Enjoy Herb!』のおしっこトラブルの回にご参加いただいたお客様がおられるのですが、先日お会いした際にも 「クランベリーいいです!」 と喜んでおられました。

昔は、サプリメントで販売されているクランベリーパウダーなんかも使っていたことがありますが、パウダーよりもフレッシュクランベリーの方が頼もしいというのがワタシの実感です。

自然のものでケアできるっていいですよね。


クランベリーとは別に、膣炎対策のハーブケアはもう少し続けます。


今日のぽちさんは、ちょっとハァハァしています。

20170808_3.jpg

が、これは尿意ではなくて、多分、気圧かな。

台風5号が日本列島を北上中。
各地で大きな被害が出ているようです。
わんこも人もお気を付けください。
発作のあるわんこ、ヘルニアをやったわんこ、シニアのわんこは特に・・・。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽちの腎不全

2017年08月02日

検査の結果

笠井先生から、血液検査の結果をお知らせいただきました。

       BUN(9.2〜29.9) Cre(0.5〜1.5)
2014年7月    19.1        1.3
2015年2月    45.2        2.0 ← 慢性腎不全の診断
2015年3月    50.1        2.6
2015年6月    73.7        2.0
2015年12月    43.5        2.0
2016年6月    56.9        2.0
2017年1月    30.2        2.2
2017年7月    77.4        3.0

半年前の検査で、2.0 から 2.2 へと上昇していたCreが一気に3.0まで上がってしまいました。

そして、これまでの検査では全くひっかからなかった、AMYL(アミラーゼ)とK(カリウム)が基準値を超えていました。

AMYL  2050 (344〜2000)
K   5.7  (3.7〜5.3)


以下、笠井先生の所見です。

> BUN、Creともに増加しています。
> 老廃物の排泄が滞っています。
> 甲状腺ホルモンの値は問題ありませんので、
> 多飲多尿は腎不全状態の悪化の可能性が
> 高いでしょう。

> アミラーゼは、(食餌から摂取するものの影響というよりも)
> 腎臓からの排泄が悪いと捉えたほうが素直です。


やはり多飲多尿は、腎臓の状態の悪化を現すものだったようです。
腎臓の働きが弱まってくると、不要なものをうまく排泄できなくなります。
首もとのたるみも、それを現していたんだな と思いました。

20170731_15.jpg

カリウムの値が高いのですが、今のぽちをサポートするものとしてやはりハーブの力を借りたいと思います。
今後はさらに、ハーブの種類を考えながらのブレンドになっていくと思います。

それと、マッサージ!
マッサージは老廃物を流す良い手段です。
犬のマッサージを学んでおいて良かった!としみじみ思います。


慢性腎不全と診断されてから、2年と5ヶ月。
いろいろあって、お薬も療法食もナシで、ハーブと手作りごはんでの2年5ヶ月でした。

薬を使ったぽちと、薬を使わなかったぽちとの比較はできないし、ハーブを使ったぽちと、ハーブを使わなかったぽちとの比較もできません。

これまでの経験では、あらたに取り入れたものが×だったりすることもたまにあって、もしかしてあれはどうだったのかな?とチラリと頭をよぎるものもあるのですが、ハーブに関してはそれがありません。

ステージが上がってしまったという苦しさはあります。
でも、結果を受け止めて、この先をどうタタカイ、どう過ごすか?を考えられるようになるまで、ハーブが時間をくれたように思います。


この先も、ぽちのQOLを最優先に考えて行きたいと思います。

20170802.jpg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽちの腎不全

2017年07月30日

病院へ

ここ2〜3日、急に飲水量が増えました。
それと同時に、おしっこの量と回数が増えました。

いわゆる、多飲多尿というヤツです。

膣炎?疑惑から、トイレの回数も増え、4時間おきくらいにハァハァして、尿意を訴えます。
突然立ち上がってベッドの上で小をしちゃったりも・・・。(^_^;)
膀胱炎の時は、1回のお散歩で何度もしゃがみ、でも出ない・・・という状況ですが、今回は1回のお散歩で何度もという訳ではなく、トイレとトイレの間隔が短くなるという、ちょっと違う形の頻尿です。

不思議なことに、これまであった尿漏れが、膣炎?疑惑からはなぜか止まっています。

昨日の夜までは食欲がありましたが、今朝はちょっとダルそうに見えます。

20170730_1.jpg

前回の血液検査からちょうど半年。
膣炎?も気になるので、尿臭のするぽちさんをハーブティーとクロモジウォーターで拭き上げて、ハーブを知ってる獣医さんのところへ。

体重6.85kg。
おっ、微増?と思ったら、1月が6.85kg、4月が7.05kgだったので1月の体重に戻ってました。(^_^;)

クリニックに入る直前に小をしてしまったので、尿の検査ができず。
膣炎なのか、膀胱炎なのか?それ以外の何か別の理由によるものなのかは、不明のまま。
血液検査の結果でわかるでしょうとのこと。

実を言うと、多飲多尿には、ちょっと嫌な記憶があります。
3年前の夏、やけに水を飲んでおしっこが多いなと病院に行ったのですが、その時の血液検査では何も異状は出ず。
半年後の2月の血液検査で、慢性腎不全と診断されたのでした。

夏だから?
エアコンで乾燥してるから?
水をたくさん飲む訳が、病気以外の理由だったら良いのだけれど、結果が気になるところ。


待合室から、外へ出たいと訴えるぽちさん。

20170730_4.jpg


二代目モンちゃんもだいぶ大きくなっていました。

20170730_2.jpg

やんちゃそうな目をしています。

20170730_3.jpg

そうそう。
クリニックに入る前にイタしてしまった尿ですが、アスファルトが雨で濡れて黒かったので、よりわかりやすかったのですが、かなり黄色く、そして濁った尿でした。

帰宅後のお散歩でも、尿中にオリモノ(膿?)が見られました。

腎不全は治らないにらしろ、こっちのトラブルは早く解消してあげたいものです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽちの腎不全

2017年06月03日

シニア犬は玄関を目指す

6月1日は、17回目のぽちの家族記念日でした。

ここ最近のぽちの変化。

お散歩中にコケッとなることが多くなり、1ヶ月ほど前から首輪をやめて胴輪にしています。
銅輪ならリードで前半身をちょっと持ち上げ気味に歩けますので。

それと、1週間ほど前から(正確に言うと5月28日から)、18:00?19:00頃?からソワソワが始まり、なぜか玄関を目指すようになりました。

20170528_5.jpg

「開けてください」と訴えています。
(この扉の向こうが玄関です。)

20170528_6.jpg

17:00〜19:00は腎の時間。
腎不全のぽちなので、腎臓が一生けんめい働いている時間というのが気になります。

落ち着かない時間帯は、電気のついていない暗いところを好みます。

20170601_2.jpg


うんちの踏ん張りも効かなくなってきました。
以前はチョコマカ歩きながらも(これは太ももの筋肉の衰え)キバって出していましたが、最近はキバってもなかなか出ないことも・・・。
足だけでなく、腸が押し出す力や、横隔膜や腹筋なんかも衰えているようです。

うんちが出にくい時は、ハーブで温湿布をしたり、煙の出ないお灸をしています。


夜だけでなく、日中もひとりでスタスタと玄関まで行き、たたきに降りてドアのところで待つようになりました。
フセる訳でもなく、立ったまま玄関ドアが開くのを待っているので、暑いから(玄関のタイルがひんやりして気持ちいい)という訳でもなさそう。

外に行きたいという意思表示だと思います。

ぽちの場合、外に行きたい理由として考えられるのが、うんち と おしっこ と ごはん。
お散歩に出たら即する場合もありますが、外に出て、ちょっと歩いただけで(うんちもおしっこもせずに)回れ右をすることもあって、それは多分、「お散歩から帰ったらごはん」がぽちの頭の中に刷り込まれているから。
「おウチ帰ったらごはんだもんね♪」 、「ごはん食べたいです」 という意味もあったりするのではと思います。
(ぽちはお散歩から帰ったら、一目散に駆け込んでごはんの器を目指します。 ← 超かわいい♪)

玄関に一度降りたら戻ってこないので、これが復活しました。

20170530_30.jpg

パピー〜テンション高い若犬の頃に、飛び出し防止の為に設置していた柵です。

20170530_31.jpg


お散歩に出ても、なかなかおしっこをしなくなりました。
尿漏れで多少は出ていますが、それにしても量が少ない気がします。

腎不全わんこのおしっこの変化には、ちょっと神経質にならざるを得ません。


ブルブルハァハァは以前にもあって、あの時も換毛シーズンでした。
木の芽時と言いますが、犬の換毛も “生え替わる” という意味ではそんな感じ?
体が変わる時期の何か、、、があったりするようにも思います。

でも、それ以外にも身体の内側で何か変化が起こっているような気がしてしまいます。


6月は、そんな変化をあれこれ考えながらのぽちブレンド。

20170601_1.jpg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽちの腎不全

2017年02月21日

慢性腎不全の診断から2年

今日はぽちの鍼の日。

20170221_6.jpg

出発前にラベンダーのハーブウォーターで身体を拭いたからなのか、なんだかちょっといつもより落ち着いて車に乗ってるぽちさんです。



ぽちが「慢性腎不全」と診断されたのが、2015年の2月20日。

あれから2年と1日になります。

あの時は余命宣告でも受けてしまったような、お先真っ暗・・・が正直な気持ちでした。
何故なら、腎臓って一度壊れてしまったら治らない臓器だから。
あとは、進行を遅らせることしかできない病気だから。

来年のぽちはどうなってるだろう?
再来年のぽちは?
と先の事を考えると、不安しかありませんでした。

ごはん、降圧剤と吸着剤、運動、お散歩、ハーブ etc・・・
いろいろ悩みながら選択してきた2年でした。

お薬を続けていたぽちと、お薬をやめたぽちとの比較もできなければ、ハーブをやってるぽちと、ハーブをやっていないぽちの比較もできません。
でも、とりあえず今のぽちは、2年という年月による老化という変化はあれど、日々普通にお散歩して、普通にごはんを食べ、普通にお昼寝をしています。
降圧剤も吸着剤もやめたぽちなので、やっぱりごはんとハーブは大きいと思います。


誕生日・家族記念日と並んで、2月20日はワタシにとってぽちのもうひとつの節目の日だったりします。

20170221_3.jpg

次の1年もよろしくね♪


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽちの腎不全