schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2016年07月04日

1ヶ月と2日

6月2日に、藤野のKさんの工房でお蚕さんを譲り受けて来てから、1ヶ月と2日。

お蚕さんとか蛾とか卵とか、苦手な方が多いんだろうな〜と思いつつのお蚕さんの記録をつづったブログ更新でしたが、意外と「楽しみにしています」とお声をいただくことがあり、ちょっと驚いています。

この間に、ぽちの和@セミナールームにお越しくださった方には、(ご希望であれば)三姉妹の様子をご覧いただいたのですが・・・・。

本日、最後に残った三女ももちゃんも旅立ちました。(なんだか切ない)


---------------

そもそもお蚕さんは、藤野のKさんが作品(織物)を作るために育てておられたものです。

桑の実の収穫に来ませんか?とお声を掛けていただいた際に、工房にお邪魔するという機会をいただき、上蔟(じょうぞく)=繭を作り始めた「四川三眠」 1頭と、あと数日で繭を作り始めますというお蚕さん3頭を譲り受けてきました。

たとえ3頭とはいえ、まさか、自分で育てることになるとは考えてもいませんでした。
譲り受けた時も、最初は繭を作るところまで・・・のつもりが、羽化、産卵、そして旅立ちまでを見守ることに・・・。

毛羽からセリシンを抽出し、セリシン抽出後の毛羽を染めるという体験もさせていただきました。

この1ヶ月の間の3姉妹と1頭を観察して、「全てを大事に使わせていただかなくては」 としみじみ思いました。



お蚕さんは、1頭、2頭と呼ばれます。
最初は、「虫なのに、匹じゃないんだ!」という驚きがありました。
蚕は人による管理なしに生育することができない家畜だそうです。
だから、牛や豚のように「頭」と数えるようです。

確かに、小さな箱の中で、人が与えた桑の葉だけを食べ、やがて繭を作り、繭の中で蛹となり、羽化後は飲まず食べず飛ばずで産卵のみをして一生を終えます。
人間はお蚕さんが作りだす糸から、絹糸をつむぎ、織物を作り、また、セリシン液という美容成分をいただくわけです。


育ててみて、初めて知りましたが、お蚕さんの作りだすものは、糞から繭から蛹から、全て有効活用できるものです。
無駄なものはひとつもない。

知らないということは、つまり関心を持てないということでもあって、蚕を育てるという経験をしたことで、「蚕」という言葉にも敏感になりました。

そういえば、つい先日のフジテレビ「知られざる脳の真実!!世界を変える奇跡の力」という番組にも「蚕」が登場していましたよね。

20160702_2.jpg

カイコ冬虫夏草というきのこから抽出したX物質が、認知症患者などの記憶力回復の可能性を秘めている・・・と。

20160702_3.jpg

絹糸やセリシンだけでなく、まだまだ蚕のもつ力は未知数のようです。




私はハーブを日々の生活に&犬との暮らしを楽しむ方に、ホームケアに活用することをお伝えしています。
ハーブが好きだし、もっと知りたいし、その恵みを分けてもらうために、育ててもいます。
お蚕さんが繭を作り、その繭から絹糸を作ったりセリシンをいただくことも、春に芽吹いた植物から、香りや薬効や栄養やおいしい味覚を分けてもらうことも同じ。
もともとガーデニングは好きでしたが、お蚕さんを育てたことで、より植物から分けてもらうことへの感謝が増した気がします。

わたしたちも自然の一部であって、その恵みを分けてもらっているのだな。
大切に使わせていただかなくては。と心から思います。


三ちゃん、うめちゃん、はなちゃん、ももちゃん、みんなありがとう!
とっても貴重な体験をさせてもらいました!

(1ヶ月と2日の記録は、[お蚕さん、繭を作る]のカテゴリにまとめてあります。
興味のある方はご覧くださいませ。)



ワタシとGさんが、見学させていただき、お蚕さんを譲り受けてきたのは、勝 知恵美さんの工房です。

20160613_5.jpg

勝さんは、糸を繰り、染め、布を織るコトを楽しみに、蚕を飼い、日々の肉体労働(蚕のお世話をすること)を楽しんでおられる方。

できあいの糸を買って・・・ではなく、素材から作ることに意味があるとおっしゃっていました。

勝さんの工房で毛羽からセリシン液を一緒に作った時も、「不安定さが面白い」と話しておられました。
セリシンの抽出具合で、糸の手触りも変わります。
素材から作るからこそ、その違いも、違う理由もわかるし、なおさら「いただくこと」に感謝もします。
セリシン液も、お蚕さんが作ったものから「いただいている」と思えば大切に使うし、より効果が得られるようにも思います。
育ててみたからこそ、「知る」こと「感じる」ことがたくさんありました。

勝さんの工房へは二度お邪魔して、いろいろお話しをしましたが、とっても自然で背筋のピンとした素敵な方でした。

20160613_4.jpg

勝さんの作品「島うちゅう」は、第54回 日本クラフト展で、経済産業大臣賞・日本クラフト大賞を受賞されています。

マルベリー&セリシンセミナーが、ご縁の始まりでした。
最初は、桑の実が目的でしたが、工房に伺えて、蚕を育てるという経験をさせていただけたことに感謝です。
物づくりの姿勢や生活スタイルも素敵だと思います。
来年、再来年と、このご縁がずっと続きますようにと、ご縁を紡いでいきたいと思う方です。

 ⇒ 勝 知恵美さん


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お蚕さん、繭を作る

2016年07月01日

お蚕さんが来てちょうど1ヶ月

蚕蛾と卵の写真が出てきます。
苦手な方はスルーしてください。


2016.6.30

朝見ると、
段ボールの壁を自由に徘徊していた三女ももちゃんが、
二女はなちゃんの産屋にしがみついていました。

20160630_6.jpg

夕方には、
はなちゃんの産屋の中に入っていました。

20160630_7.jpg

夜には、はなちゃんの産屋の中に着地。

20160630_8.jpg

ふたりで入るには、狭いでしょうに・・・。


2016.7.1

前日まで時々羽をプルプルしながら産卵していた
長女うめちゃん、二女はなちゃんは、
そっと風を送っても、動きません。

羽化から12日。
何も食べず、飛ぶこともなく
ただただ産卵していたふたりも
旅だってしまったようです。

20160701_2.jpg

上:長女うめちゃん
下:上(突っ伏してるほうが二女はなちゃん)、下(三女ももちゃん)

お蚕さんでわが家に来て、今日でちょうど1ヶ月。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」





posted by ぽちの和 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お蚕さん、繭を作る

2016年06月28日

三ちゃんの旅立ち

蚕蛾の写真が出てきます。
苦手な方はスルーしてください。




2016.2.26(日)

自由奔放な三女。

段ボールの箱をよじ登って
こんにちは。

20160626_12.jpg

産屋(紙コップ)をもらっていない三女は、
段ボールの壁のあちこちに産卵しています。

20160628_12.jpg



前日には壁によじ登っていた三ちゃんが、
朝には桑の葉のベッドに落ちていました。
羽根の先端も鱗粉が取れて透けています。

20160626_11.jpg

手でそっと風を送ってももう動きません。

三ちゃん、ありがとう。
これまで知らなかったことを知ることができました。


2016.6.28(火)

長女、二女は紙コップの中でまぁるく卵を産んでいます。
これまできれいだった長女の産屋も・・・。

20160628_13.jpg
(左:長女うめちゃん、右:二女はなちゃん)

産卵しながらおしっこもするようです。(>_<)

産卵する時は、羽根をパタパタ震わせながら
まとめていくつか卵を産みます。
その後、しばらく休みます。

産卵は体力を消耗するようです。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」




posted by ぽちの和 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お蚕さん、繭を作る

2016年06月25日

三ちゃんの変化

蚕蛾の写真が出てきます。
苦手な方はスルーしてください。



木曜日あたりから、
三ちゃんの胴体に茶色いシミのようなものが見られるようになりました。

2016.6.23(羽化から9日目)
20160623_15.jpg


2016.6.24(羽化から10日目)
20160624_10.jpg

羽根は先の方から透けてきて、
時々くったりと胴体が伸びている時も。

だいぶ弱ってる感じですが、
手でそっと風を送ると
触覚を動かしたり羽をパタパタします。

2016.6.25(羽化から11日目)
20160625_8.jpg

ずっと桑の葉の上を歩き回って産卵していた三ちゃんも
壁を登り始めました。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」




posted by ぽちの和 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お蚕さん、繭を作る

2016年06月23日

長女と二女は産卵中、末っ子は・・・・

蚕蛾の写真が出てきます。
虫が苦手な方、小さいものの集合体が苦手な方はスルーしてください。




羽化から5日目の長女うめちゃん

20160623_10.jpg

たくさん卵を産んでいます。(無精卵ですが)


同じく、二女のはなちゃん

20160623_11.jpg

産卵を始めてからもおしっこ?をしているので
床が汚れています。(^_^;)

羽化から4日目の末っ子ももちゃんは・・・

20160623_12.jpg

こちらはおしっこばかりで産卵をしていません。

お蚕さんは四齢目にたくさん桑の葉を食べさせないと
たくさん糸を作れないのだそうです。
たくさん糸を作れないということは、
たくさん卵も産まないのかも?という感じがします。

そういえば、末っ子は完全に桑の葉を食べなくなってからではなく、
長女二女が繭を作り始めたので
「もういっか?」とキッチンペーパーの芯に入れちゃった感じもあります。

そんなことも関係してるのか、いないのか・・・・。



羽化から9日目の三ちゃんは
だいぶ動きが鈍くなっていますが頑張っています。

20160623_14.jpg

箱の中のあちこちで卵を産んでいます。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぽちの和 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お蚕さん、繭を作る