schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2019年08月20日

コルセット ver.2

先日の、大型のお嬢さん犬の介助グッズは、32kgのシェパードさんのコルセット。

、、、ではなくて、後ろ半身の介助グッズなのですが、着用写真をいただいて気になった点がいくつかあり、飼い主さんにも確認しながら作ったver.2。

ver2.jpg

犬の体は柔らかいし、平坦でもないので、あちこちカーブがつきました。

yuzu1_2b.jpg

後ろ半身だけの介助グッズ、腹巻きタイプ。

ぽちでも試して断念した理由は、犬の体型。
腹巻タイプで持ち上げようとすると、どうしてもお腹の細い部分に生地がシュルシュル寄ってしまうのです。
たかだか6kg程度だったぽちでもそうなのだから、体重のあるコはなおさらです。
なので、お腹への食い込みを避け、面で支えるために、お腹側にポケットを付けています。
そこにちょっとハリのある、でも硬過ぎないものを入れて使う仕様です。
(寝ている時や、お洗濯の際はポケットから出していただきます。)

確実に後ろ半身を介助できるのは、おパンツタイプなのですが、おパンツではお散歩時に排泄ができないし、火急の際に着脱ができません。
なにより、ただでさえ後ろ足の筋肉が落ちてるシニアわんこに、足を上げて履かせるのは大変なのです。
必要な時にササッと巻いて使っていただく、、、そんな形にいたしました。

お散歩時は、クルクル巻いてお散歩バッグに入れておけるサイズと軽さ。

さて、コルセット ver.2 のご本犬と飼い主さんの評価はいかに?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

2019年08月15日

マイナーチェンジを繰り返しつつ

大型台風の影響で、関東エリアも昨日から不安定なお天気です。
進路にあたる地域の方は、どうかお気を付けください。

Sweet Dogさんの愛犬@クッキーの介助ベストを作らせていただきました。

658CDF0A-C293-4783-8A20-1F8F1AC11EA7.jpeg

AF166059-C584-44E3-B1F6-D5B6CEE13764.jpg

尻尾ブンブン振って、なんだかうれしそう?(笑)

同居犬のチョコちゃん(同じくMダックス)も着られるけど、マルプーのココアちゃんにはちょっと大きい。

CB42195B-9E2C-4A78-B4D1-38F0CE442021.jpeg
マルプーのココアちゃん

ダックスサイズだから、着丈も長いし、ね。(笑)

写真をもらって、ちょっとデザイン変更しようかな?と思ったのは、首の部分。


肩から胸元に掛けての部分は、なるべく幅を広く取りたいのです。
何故なら、この部分の幅が狭くて介助時に首に食い込むのがイヤだから。

型紙モデルをお願いしていたはなちゃんから、「襟みたいでかわいい」と言っていただけたので、デザインを変えずに折り返して使っていただく形にしていたのですが

Cookie_2.jpg

肩〜胸元にかけての幅は維持したままで、背中のマジックテープの位置までゆるやかにカーブを付けても良いのかな?

----------------

それから、こちらは大型犬のお嬢さんからのご依頼で作らせていただいたのですが・・・。

0B31AB0A-B192-45DB-8D01-A4FA5A12F809-0a3d9.jpg

もう少し調整が必要みたいです。

引き続き、飼い主さんからのご意見・使用感をお伺いしながら、改良していきたいと思っております。


介助ベストも介助グッズもより良いものにしたいので、ぽちでの経験と、皆様からのご意見をいただきながらマイナーチェンジをしております。


介助ベストについて、詳しくはこちらをご確認ください。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブ(植物療法)とものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

2019年07月13日

らぶりぃちゃんの介助ベスト(その2)

ブログでのご紹介をお許しをいただきましたので、らぶりぃちゃんの介助ベストのご感想と写真をお披露目させていただきますね。


Ver.1

最初に着せようとしましたら、ガブガブゥッ!っと抵抗されましたが、 二人掛かりで着せる事ができました(汗)
着せてしまえば、意外と普通にしていてくれましたよ。
それでもってすごい可愛いぃvvv似合ってます!(親ばかをお許しください)

らぶりぃ.jpg


親ばかではありませんよ。
とっても似合ってます♪


着せて見た感想ですが、現在お薬を飲んでいるので、凄い食欲で体重が 少し増えてしまったのと、換毛が止まってしまっているのでマジックテープをちゃんと 合わせて着せるとパツパツ感がありますが、苦しそうではなさそうです。
ちょっと痩せてしまったら、ちょうど良くなるのでは?と思います。

でも、この生地がとても良いなって思いました。
しっかりしているのに柔らかくて、軽くて 少し伸縮性があって、厚みが有るのに下に手に入れると透けて見えるって事は通気性もありそう。
お洗濯してもすぐ乾きそう←ここも大事ですよね?


らぶりぃちゃんのベストは、当初のリクエストで少し小さめに作らせていただいています。
が、たしかにちょっとパツパツ感がありましたので(^_^;)、簡易の持ち手フォルダーを作って急遽送らせていただきました。
持ち手フォルダーをお使いいただくと、もう少し身幅に余裕を持たせられます。

ダブルコートの柴犬は、夏と冬では見た目が一回り以上変わってしまうので、ぽちも季節が変わるたびに「痩せた?」、「太った?」と言われていました。(笑)
メッシュ生地は生地そのものの伸縮性もありますし、ベスト自体も多少のサイズ調整ができるようにしてあります。

一度使ってしまうと、着てない時の不自由さを実感するので、乾きやすさはすごく大事。
お洗濯後は裏返して干していただくと、より乾きやすいと思います。

初めて手にした方は、軽さにも驚かれるようです。
確かに、コットンや麻よりはるかに軽いので、わんこが着ていて負担にならないと思います。

脇が太ももにあたってるな〜という長さだったのと、伏せた時に裾が膝にかかるということで、脇からお腹にかけての繰りを深くして、後ろ半身の持ち手を変更させていただくことになりました。



そして、ここからが、裾の長さとお腹の繰り、後ろ半身の持ち手を変更したVer.2が届いてからいただいたご感想です。

Ver.2

裾の丈も、後ろの持ち手の位置もちょうど良い感じです。
くれてるカーブが膝に当たる事もないですし、後ろの持ち手を前の持ち手と一緒に持ち上げてみると、ベストが前後に寄ったりする事もなく”真上から持ち上げている”安心感、安定感があると思います。

らぶりベスト20190710_a.jpg

ハイシニアの域になり、最近は我慢が苦手になり気に入らないと、”カッ”と歯を当てられますが、”何???”な表情をしながらも、嫌がらずに持ち上げられていました。

背中のマジックテープである程度のサイズ調整ができそうなので、今からまた痩せてしまっても、使えそうです。

らぶりベスト20190710_2a.jpg

なので、この仕上がりで、使わせて頂きたいと思います。
素早い対応をして頂いて、どうもありがとうございました。

この介助ベストを1枚持っておくと困った時にすぐつかえるので、助かりました。



我慢が苦手。
確かにあります。
ぽちの場合は、主にごはんと排泄だったかな。
多分、それまで機能していたストッパーが効かなくなるというか、感情がコントロールできなくなるというか、本能に忠実になるというか、、、。
どこかに入り込んでしまって、自力で脱出出来ずにフニャーと泣いてたことも、びっくりした時の「吠え」も、それもあったのかな?と思っています。(若い頃は年に数回も声を聞かないわんこでしたので)


でも、全部ひっくるめて愛おしかったですよ。
まさに赤ちゃん還りという感じ?
手がかかる子ほど可愛いっていう、アレです。
きっとらぶりぃちゃんもそうですね。


実は、闘病中のらぶりぃちゃん。
ごはんをしっかり食べて、体力、免疫力を蓄えて、乗り越えようね。



あっ!
念のため。
介助ベストは、足が床から浮くような「持ち上げる」事を目的としたベストではありません。
立ち上がりを介助したり、正しい姿勢の保持や寝返りの介助を目的としたパジャマです。
確かに6.5kgのぽちは、持ち上げてカートや車椅子に乗せていましたが、ちゃんと片手を添えていました。
ベストだけで吊るすような使い方は避けてくださね。

特に体重のある子の場合は、ご注意ください。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

2019年07月09日

らぶりぃちゃんの介助ベスト(その1)

柴犬らぶりぃちゃん(14歳9ヶ月)にご協力をいただき、介助ベストを作らせていただいています。

体重変動がわりとあるので、採寸結果よりちょっと小さめ&後ろ半身の持ち手希望とのこと。

採寸結果のご連絡をいただいて驚いたのですが、サイズがね、ほとんどぽちと同じでした。

Lovery.jpg

身体の大きいわんちゃんには、着丈を伸ばして付けた後ろ半身の持ち手が有効だったのですが、じゃぁ柴犬サイズにはどうなんだろう?


実は、ぽちの冬用ベストに連結していた腹巻きに持ち手を付けていたのですが

F39884B1-453A-4947-A8B6-FFE1260C757F.jpeg

裏地付きですべりが良かったのもあってか、腹巻きの持ち手はお腹の一番細いところにずり上がってしまい、お尻を持ち上げるという用途には適しませんでした。(>_<)

果たして役に立つのかな?という不安と、着丈の短い柴犬サイズのベストに持ち手をたくさん縫い付けるとゴタゴタするなぁ・・・という気持ちもあって、目立たないこんな形をご提案してお試しいただくことをお願いしました。

らぶりぃちゃん Ver.1
Loveryちゃん.jpg
(裾にピロッとつけた輪っかです)

結果、これで持ち上げるとやっぱりお腹に食い込む感じがあるそうです。

なので、位置は裾より前寄りになりますが、はなちゃんタイプの持ち手に変え、+裾丈のお直しをいれて再送付。

らぶりぃちゃん Ver.2
FC5D97D5-A209-4E28-A52A-AA7E329C8558.jpeg

今度はどうだろ?
仮に、後ろ半身の介助に適さなかったとしても、これならデザインとして許されるかな?^_^;


実はね、お尻の持ち上げについては、ぽちの介助をしていた頃にある形を想定していました。
ただ、その形だと、内腿が擦れそうなのと、急にモヨオしてオムツを外す時にも手間取るので、着脱式にして必要な時だけつける?とか、あれこれ考えておりました。

パジャマでもあり、部屋着でもあり、お散歩着でもあることを考えると、体の小さい子の後ろ半身の介助機能はいろいろ課題が多かったりします。


それから、標準タイプのベストでは、お腹の繰りは男子だけにしていましたが、着丈を延ばす時は女子でも少し深めに入れたほうが良いようです。(体の小さい子はなおさら)_φ(・_・

B885A836-C347-44D4-A684-7D02EE8ABA79.jpeg


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト

2019年06月28日

Prockyちゃんの介助ベスト♪

先日介助ベストをお届けした、17歳ボーダーさんからうれしいメールをいただきました♪
お許しをいただいたのでご紹介させてください。

先程、介助ベストが届きました!
まず手にしてみてその軽さと柔らかさににビックリ!
寝ているところを起こして(笑)早速着せてみました。
ぴったりです!そして可愛いです♪

今まで市販の短い介助ベストで持ち上げていたのですが、後ろ足が弱くなってきてからそれが難しくなってきていました。
今回、後ろにも持ち手を付けていただいたので両手で持ち上げて支えることができて、とても楽です。
17歳になるまでは自力で立ち上がって歩けていたので作るのが遅くなってしまいましたが、もっと早く作ってあげればよかったかなと思いました。

着せた写真を添付します。

Procky20199627.jpeg

着せたらまたすぐに寝てしまったので、寝ている写真ですみません(^_^;)
起きている写真が撮れたらまた送ります。


ということで、翌日、起きている時の写真もお送りくださいました♪


支えてあげて、お水を飲んでいるところです。

Procky20190628_1.jpeg

これまでは支えるのが大変だったのですが、今日はとても楽にできました!

作っていただいて本当によかったです。

Procky20190628_2.jpeg



17歳のProckyちゃん、優しいお顔をしています♪
頭をそ〜っとなで撫でたくなります。
シニアわんこって、本当にかわいい♪

介助ベストをお届けするようになって、シニアわんこと飼い主さんとの交流が増えました。
メールのやりとりを通して感じるのは、それぞれに十数年間の歴史があって、みんな大切にされているなぁ・・・ということ。
10頭のわんこがいれば、10の犬と飼い主の話があります。

いろんなご縁から、ぽちの和にたどり着いてくださった皆さんの、少しでもお役に立てると嬉しいワタシです。


そうそう。
介助ベストの使用にあたって、介助するニンゲン側にひとつだけご注意をば。

手だけで介助しようとすると、腰に負担がかかります。(ニンゲンのね)
6.5kgのぽちでも、うっかり手だけで介助すると腰にピキっときたりしていましたので、そこだけはお気を付けくださいませ。

しっかり体幹を使って介助してくださいね。

そして、使ううちに気になるところなどでてきましたら、是非ともお知らせくださいませ。
介助ベストは今後も引き続き改良していきたいと思っておりますので。


介助ベストは、介護未満の介助期からお使いいただきたいので、「介護ベスト」ではなく「介助ベスト」と呼んでいます。

何をもって介護期と言うか・・・は、ひとそれぞれだと思うのですが、寝たきり=介護とするなら、ぽちの介護期はほんの数日でした。
が、それ以前の8ヶ月も含めて、本当にこのベストに助けられました。

元気な頃は抱っこはあんまり好きではなかったぽちですが、遠慮なくぎゅ〜っとできたのも、介助ベストのおかげでした。(笑)

ぽちの赤ちゃん還りと言うような出来事も、「困った」ではなくて時々夫と顏を見合わせて「クスッ」と笑いながら過ごせたのは、体の負担を減らしてくれたベストのおかげも大きいかも?



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、犬とハーブとものづくりの教室です。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 介助ベスト