schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年04月22日

ナガミヒナゲシ

アスファルトの隙間から健気に芽を出し、最初は1輪。
翌年にはあちこちに増えているという、危険な繁殖力を持つ外来種のナガミヒナゲシ。

20170419_5.jpg

だいたいお花見が終わった頃から咲き始め、今はあちこちで花が咲いている時期です。

パッと見、オレンジ色のかわいい花なのですが、旺盛な繁殖力が怖いので、ウチの猫庭で発見したらこの状態から即刻抜きます。

20170405_4.jpg

できれば開花前の駆除がおすすめ。
特徴的な葉っぱなので簡単に識別できます。


実は、お隣でも咲いています。
・・・が、よそのお宅のは引っこ抜けないので・・・、来年が怖い。(*´Д`)

 → ナガミヒナゲシ緊急情報
 → 国立環境研究所 新入生物データベース

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年04月21日

16歳になりました♪

ぽちさん、めでたく16歳となりました♪

Facebookやメールでたくさんのお祝いメッセージをいただき、本当にありがとうございます!



手のひらサイズだったちっちゃな子犬が

temp_2001_0601.jpg

今では立派なおばあちゃん犬。

20170325_6.jpg
お昼寝中のぽちさんを外から盗撮(笑)

顏だけアップの写真では「白柴さんですか?」と聞かれることもあるくらい、お顔も白くなりました。

20170420_1.jpg
誕生日のスペシャルごはん(もちろんハーブ入り)

シニアわんこって、いろんな筋力が落ちて行きます。
舌の筋肉も衰えてくるのでごはんも食べにくくなります。
オスワリも、足を踏み踏みしながら、よっ・・・こ・・・らしょ・・・って感じだし、おしっこやうんちんぐスタイルも昔とは変わったなと思います。

20170420_3.jpg
クンクン

ぽちの場合、ここ1年で増えたのは “どこでもうんち” 。(小はちょい漏れ以外は今でも外専門)
モヨオシた時・モヨオシた場所がトイレ。(^_^;)
突然ベッドから立ち上がったかと思ったら、うんちんぐスタイルで歩き回ったり、雨の日のお散歩から帰って、抱っこで足を洗っている時とか、腹圧がかかった時に突然ポロリもありますし、うんちんぐスタイルを取ってもなかなか出なくて諦めちゃうときも・・・。(出したいのに出ないのって、本犬的にはかなり気持ち悪いと思います。(^_^;))
お客様の前でイタしたこともありました。(どーもスミマセン( ;∀;))

20170420_6.jpg
大好きなアジ、入ってますね?

20170420_8.jpg
うん、入っとるよ〜

寝姿からも、筋力の衰えを実感します。
例えて言うなら、新鮮な卵とちょっと古い卵。
採れたて新鮮な卵を割ると、黄身がぷりっと盛り上がってるけど、古い卵は黄身がでろんとなってますよね。
そんな感じ。
寝てれば一緒でしょ?と思うかもしれませんが、自分で姿勢を維持しようという感じが寝姿からも感じられなくなります。

20170420_10.jpg
食べる時は崩しちゃいます

でもね。

シニアわんこはかわいいです。
むっちゃかわいいです。

彼女がいるから今のワタシがあって、「ぽちの和」があります。
彼女の存在なしでは、植物療法の世界に足を踏み入れることはなかったと思います。


目指すは二十歳。

慢性腎不全と診断されてから、2年と2ヶ月が経過しました。
これからもぽちと一緒に歩いて行きます。


20170420_11.jpg
とりあえず、おいしいごはん希望ね

了解! ぽっちゃん♪


あっ、そうそう!
クッキーも焼いたからね〜。

20170420_14.jpg

-------------
夏の特別ワークショップ「ひと夏分のお散歩スプレー用ブレンド精油を作る」
5月11日(木)・・・まだ少々お席がございます。
5月13日(土)・・・あと1席ほどご用意できるかも?

お申込み&お問合せ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 10:09| Comment(2) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年04月20日

動物アレルギー検査

14日(金)の日経新聞の記事です。

20170414_5.jpg

相模原の[動物アレルギー検査] ← これが社名

ペットのアレルゲン特定
40種測定「ヒトより正確」



相模原とは、むっちゃご近所さんです。

記事を要約すると、

2日〜1週間で、虫、食物、雑草、樹木を含めて40種類のアレルゲンが測定できる検査で、「ヒトよりも正確」な特許技術。

これまでは、アレルギー反応があれば、炎症などを抑える薬での対処が一般的だったが、アレルゲンが特定できれば原因物質を取り除くようアドバイスができる。

検査事業の強みを生かしてペットフード事業も3年前から展開。

社長自身も獣医師で、2年半の臨床経験あり。



ん〜、どのくらい正確なんでしょうね。

食材に関しては、(+)であっても必ずしも陽性とは限らない、(-)であっても必ずしも陰性とは限らない。
環境要因に関しては、ほぼ検査結果の通りと考えて良い・・・と言われています。

ぽちのアレルギーに悩んでいた頃にあった検査機関は、スペク〇ラムラボとサルーンだったかな、確か。
今はさらに増えてるのかしらん?
最初に受けたのはスペク〇ラムラボの検査で、その後、皮膚専門の動物病院でサルーンの検査を受けたのでした。(ググればわかるのでリンクは貼りません。もしかして、動物アレルギー検査(株)の前身はサルーン?全く無関係?)


検査とフードの販売、、、。
さすが、経済新聞に掲載されるだけあるなって感じ。

でも、検査結果の精度が高いのであれば、アレルギーが原因で手作りごはんへの移行を考えてる飼い主さんにとって、むっちゃ頼れる指標にもなるかも?です。

ただ、NG食材が一生NGか?というと、そうでもなかったりもします。
もちろん程度にもよるでしょうし、あくまでぽちでの経験上のお話ですが、、、。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年04月19日

さくらの香りを抽出するPart.3

2017年のさくらの香りシリーズ、いよいよ最終章です。

分液ろ紙で濾したオイルは、すっきり透明なオイルになりました。

20170418_3.jpg

当初は、普通のクリームを作ろうと思っていたのですが、オイルの香りを嗅いで方向転換。

「これはリップでしょ!」

ということで、精製した白いミツロウとさくらの香りのホホバオイルで2本のリップクリームが完成。

20170419_1.jpg
左)ミツロウとさくらの香りのホホバオイルのみ
右)ハイビスカスパウダーで色付けしたもの

唇に塗るものですし、ここに来て着色料はあり得ないし(そもそも持ってないし)、ワタシはハーブをやってる人間ですので・・・ね。

ハイビスカスで色付けしたリップクリームは写真で見ると濃い色ですが塗ってもほとんど色づきません。
ハイビスカスをミルして、我が家で一番目の細かいメッシュで振るった微粉末なので、ザラつく感じも全くありません。

20170419_2.jpg
点々と見えるのがハイビスカスパウダーです


ただね、唇に塗っても思ったほどには香りません。(^_^;)
この程度なら、あえてリップじゃなくても良かったか〜。

となると、ハイビスカスのパウダーがちょっと邪魔。
ということで、一旦固まったクリームを再度湯煎で溶かして不織布で濾し、ハイビスカスパウダーをさらに減らしたのがこちら。

20170419_4.jpg

リップ以外で使っても気にならない程度の柔らかい色になりました。

ハイビスカスの色をどう使うか。
実はいろいろ試行錯誤して 「今年はここまで」 とあきらめた結果のパウダーでしたが、その実験も今となっては余計だったかも。(>_<)


ただね、「ハーブの水溶性の色素をオイルに移す」 は、ワタシにとって、忘れた頃にふっと出てくる数年越しの課題です。
その都度思いついたことを試してみるのですが、どうもうまく行きません。
理系の頭があれば、「おっ!」というひらめきもあるのかなぁ・・・。



さくらの香りはミツロウの香りに負けちゃうくらいにほのかですし、持続しません。
来年は花びらの量を増やし、オイルの量を減らして再チャレンジしてみることにします。

もしリップで色付けまでを考えるなら、オイルは無色透明のオイルが良いかもね。

・・・ということで、来年のための備忘録を兼ねて、Part.1からのリンク集をば。

2017.4.14 さくらの香りを抽出するPart.1
2017.4.16 さくらの香りを抽出するPart.1(蒸留2回目)
2017.4.16 さくらの香りを抽出するPart.1(急いては事を仕損じる?)
2017.4.17 さくらの香りを抽出するPart.2
2017.4.18 さくらの香りを抽出するPart.2(ここからが長いのだ)
2017.4.19 さくらの香りを抽出するPart.3

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年04月18日

さくらの香りを抽出するPart.2(ここからが長いのだ)

一夜明けて、今朝の状態。

20170418_1.jpg

ん〜、デフォルトがこの状態 ↓ ですから

20170417_6.jpg

オイルがかなり濁ってますね。

これってつまり、オイルと蒸留水がきっちり分離できてないって事でしょ?

当初は上澄みのオイルだけスポイトで吸っちゃえばいいやと思ってましたが、これはやっぱり分液ろ紙が必要だよね・・・ということで、濾過開始。(この工程がやたら時間がかかるのだ・・・( ;∀;))

20170418_2.jpg

ろ紙で濾せばオイルはクリアな透明になるはずです。


香りはどうか?
ふふふ、当然気になりますよね。

桜餅のおいしそうな香りです♪
香りも結構濃いです。

ただ、塗った時にはすごく香りますが、その後に残らない香りです。
なので、逆に使いやすいかも。

オイルは20ml程度ですが、気長に待つとしますか〜。

次回はいよいよPart.3♪

超楽しい♪♪♪


ただ・・・・。
次回ろ紙を買う時は、もっと大きいサイズにしよう。(*´Д`)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん