schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年06月26日

自家製桑の実酵母でパンが焼けたよ♪

6月24日、夜。
気泡が見えたことで勇気百倍!(笑)
元種に、さらに強力粉と酵母液を足して常温で放置。


翌日、25日の朝の状態。

20170625_1.jpg

輪ゴムの位置が前夜の位置なので、ちょうど倍に膨らんでます♪

ちゃんと生きてた!酵母!

種をもう少し増やすべきかどうか悩みましたが、桑の実を漬けてから既に12日。
元種作りにチャレンジし始めてから5日が経過しているので、生地作りに入ることにしました。
さらに置くことでカビたり変な菌が入ると嫌ですから〜。

そもそも元種作りもテキトーでしたので、生地作りもテキトー。

強力粉210gに、元種全部(150gくらい)を入れ、塩ひとつまみ、水をまずは50cc、生地の様子を見ながら最終的には合計80〜100cc弱くらい入れたかなぁ? で捏ね捏ね。

元種はすっごいもっちり。
捏ねるのに一苦労したくらいに弾力がありました♪

一次発酵前。

20170625_2.jpg

一次発酵後。

20170625_10.jpg
(瓶の大きさを同じにしてみました)

丸一日かけてゆっくりじわじわ発酵し、ようやく夜に干し桑の実を入れて成型。

20170625_11.jpg


・・・で寝ちゃったワタシ。

そして今朝。
型ごとビニール袋に入れていたので、袋一杯まで膨れていました。

20170626_1.jpg
(ビニール袋を外す時に生地がよれちゃった(>_<))

予熱なし、170度のオーブンで40分。

もっちりふわふわのパンが焼けました♪

20170626_2.jpg


お味は・・・。
ほんのり甘くて、ドライイーストとはちょっと違う・・・、小麦粉と桑の実だけでもない、ちょっと酸味を感じる香り。
あちこちの工程でちょっと時間がかかりすぎたのが影響してるかも?

20170626_3.jpg

まさか本当にできると思わなかった、自家製桑の実酵母でパン作り♪


今回は、桑の実・・・酒?からの方向転換だったので、お砂糖が結構入っています。
待つ&管理も面倒なので、次回は最初から “パンを焼くために” 桑の実酵母を作り、ストレート法で焼いてみたいと思います。

自家製天然酵母でパン作り。
ちょっとハマっちゃうかも?


自家製桑の実酵母でパン作りまでの道のり
 ・桑の実・・・酒?(6月21日)
 ・元種のその後(6月23日)
 ・発酵してる?!(6月24日)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年06月25日

ウッディ系終了しました

今日は午前中に、お散歩スプレー作りと、火傷や神経系のペインケアのためのクリーム作り。

20170625_3.jpg

最近腰が痛くて・・・という方に、お試しでスティックタイプのセントジョーンズワートの軟膏をプレゼントしたのが2ヶ月ほど前?
「病院に行く前に治っちゃったらもったいないから、使うのをやめました。(笑)」とおっしゃったくらいに痛みを取ってくれます。(痛みの原因をきちんと調べることは大事ですからね。)

そして、主婦なら一度や二度ならず経験があると思うのが火傷の痛み。
冷水や氷をあてている間は良いのだけれど、冷やすのをやめた途端にズンズンヒリヒリとうずく痛み。

ウチではそういう時は、セントジョーンズワートの軟膏を使います。
これ、本当に痛みが取れます。
軟膏なので、塗ったまま水仕事もできます。
しかも、早めにこれを塗っておくと、治りも早いです。


セントジョーンズワートは伝統的に傷や痛みに働いてくれるハーブ。

20170625_4.jpg

その浸出油は赤いオイルになります。
残念なことに、ドライハーブを漬けても赤いオイルにはなりません。
夏至の頃に咲く、黄色い花を漬けることで赤いオイルができます。


(2014年に1度だけ咲いた我が家のセントジョーンズワート)

ワタシも、カレンデュラオイルは自作しますが、セントジョーンズワートオイルはやっぱり買います。

今日は、たっぷり量の贅沢ペインケアクリーム。
めったに使わない(使う機会が少ない方が良い)クリームなので、冷蔵庫に入れて保管してくださいね。

もちろんこれも 我が家の「緑の薬箱」に入っています。
(セントジョーンズワートオイルは、使用直後に屋外で紫外線にあたらないようご注意ください。)


そして、急遽のリクエストで、夏のお散歩スプレーもお作りいただきました。

20170625_5.jpg

今年のお散歩スプレー用ブレンド精油は、柑橘系・ウッディ系・フローラル系の3種類をご用意しておりましたが、一番人気のウッディ系が本日終了〜。

20170625_6.jpg

7月2日(日)の、新宿のadopt animals SLEEPERSさまでの「お散歩スプレー作り」は、柑橘系とフローラルウッディ系の2種類からお好きな香りを選んでお作りいただくことになります。




~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

メディカルハーブ検定対応講座のご案内

NPO法人 日本メディカルハーブ協会(JAMHA)主催の「メディカルハーブ検定」は、毎年3月と8月に開催されています。

次回のメディカルハーブ検定は、8月27日(日)。
受験の申し込み期間は、7月31日までとなっております。

ぽちの和では、8月27日の検定に間に合うよう、8月3日(木)、17日(木)の2日間集中のメディカルハーブ検定対応講座を開講します。
受験を考えておられる方にもお役立ちの講座となります。




メディカルハーブ検定(試験)の受験は任意ですが、試験に合格しJAMHAに入会のうえ既定の研修プログラムを修了すると、JAMHA認定 「メディカルハーブコーディネーター」 の資格が取得できます。

普段の暮らしに役立てたり、医療・健康・介護に従事する方のキャリアアップに、薬に頼りすぎないセルフケアに、ご自身やご家族の健康管理にとお役立ていただけるのがメディカルハーブです。


カリキュラムは、以下のJAHMA既定のカリキュラムとなります。

【第1回】
 ・メディカルハーブの世界
 ・ハーブ各論(ウスベニアオイ、エルダーフラワー、エキナセア)
 ◎実習・・・ハーブティーのいれ方

【第2回】
 ・メディカルハーブの作用
 ・ハーブ各論(ジャーマンカモミール、セントジョーンズワート、ダンディライオン、ネトル)
 ◎実習・・・手浴

【第3回】
 ・ハーブの主要成分
 ・ハーブ各論(ハイビスカス、パッションフラワー、ペパーミント、マテ)
 ◎実習・・・チンキ剤作り

【第4回】
 ・ハーブの活用
 ・ハーブ各論(マルベリー、ラズベリーリーフ、リンデン、ローズヒップ)
 ◎実習・・・冷浸油作り

※毎回、ハーブティーの試飲があります。
※胃腸の不調、冷え性、花粉症、ダイエット、美容、風邪・インフルエンザ、不眠や抑うつ、ペットへの利用など、日々のちょっとした不調に対応するレシピなども学んでいただきます。

また、よりハーブに親しんでいただけるオプション実習もご用意できます。


ぽちの和は、JAMHA認定教室となっておりますので、既定の4コマを修了していただくと、JHAMHA既定の修了証を発行いたします。



メディカルハーブ検定は年々受験者数が増え、現在27,000名を突破しているそうです。
 → JAMHA メディカルハーブ検定のご案内ページ

この夏に、メディカルハーブへの第一歩を始めてみませんか?

JAMHA メディカルハーブ検定対応講座


日 程:8月3日・8月17日 2日間集中講座
  8月3日(木)
    10:30〜12:30【第1回】 ◎実習(ハーブティーのいれ方)
    13:30〜15:30【第2回】 ◎実習(手浴)
  8月17日(木)
    10:30〜12:30【第3回】 ◎実習(チンキ剤作り)
    13:30〜15:30【第4回】 ◎実習(冷浸油作り)
受講料:23,220円(税込)
    5,400円×4回+教材費1,620円(検定テキストで学ぶ15種類のハーブトライアルキット)を含む
    ※受講料は事前にお振込みいただくか、初回受講時に一括でお支払いただきます。
テキスト:「メディカルハーブ検定テキスト」
    ※書店にてお求めいただくか、事前にご連絡をいただけばこちらでご用意することも可能です。

※ランチ休憩(60分)を挟んでの2コマ連続の講座となりますので、ランチをご持参ください。
(近隣でランチのできるお店もご紹介いたします。)

オプション実習(例)
 ・しっとりハーブパック
 ・軟膏、クリーム作り
 ・コーディアル作り
 ・ハーブソルト作り など
その他、ご希望があればお気軽にお聞かせください。




ぽちの和では、授乳中の赤ちゃんの同伴と、以下の条件を満たす場合のわんちゃんの同伴が可能です。
・講座時間内を椅子の上(またはバッグの中で)おとなしく過ごせる小型犬のみ。
・他の受講者の同意を得られる場合。
その場合、
講座の進捗に遅れが出る場合、予定の講座時間を超える場合があることを留意ください。
また、排泄、吠え声などにより、講座の進行が難しいと判断した場合は、以降のペットの同伴はお断りする場合があります。

お申込み、お問合せは
お申込み&お問合せ

メディカルハーブ検定対応講座は、 “ヒトの” 講座となっています。
愛犬のためのメディカルハーブ講座は、「犬の植物療法」セミナーをご受講ください。


詳細は、ぽちの和HP[メディカルハーブ検定対応講座]にてご確認ください。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | JAMHA

2017年06月24日

発酵してる?!

今朝の種。

20170624_2.jpg

変化なし。

やっぱダメか〜
と思いながら瓶底を見ると

20170624_3.jpg

おぉ〜!
小さい気泡がプツプツ。

少しずつですが
ちゃんと発酵しているようです♪

パン、焼けちゃうかも?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

温湿布でほっこり♪

今日は、ドッグカフェ「プティシアン」さんで、『Enjoy Herb!』愛犬のハーブふりかけ作り(夏編)と、「犬の植物療法」セミナーでした。

ハーブふりかけ作りにご参加いただいたのは、セナくんとハンナちゃん。

夏編でご紹したハーブはこの二つ。

20170623_13.jpg
Photo by 最近カメラをはじめたばかりのハンナママさん

この2つをブレンドしたハーブティーも試飲していただきました。

20170623_14.jpg

ハンナちゃん、セナくんの心音を聞いていただき

20170623_2.jpg

ハーブのプロフィールをご紹介して、ふりかけ作りの実習です。

20170623_3.jpg

興味津々でハーブをのぞき込むセナくん。

20170623_17.jpg

試しにローズヒップを1個差し出してみると、「パクッ」。

20170623_4.jpg

最初は、「なんですか?これは?」と慎重に味を確かめていましたが、2回目からはポリポリ。
どうやらローズヒップがお気に召したご様子♪


一方こちらは、ハーブ歴既に半年以上のハンナちゃん。

20170623_9.jpg
「おかあしゃん、あれはわたしのハーブですね?」 Photo by ハンナママさん

セナくんもミルする道具をお持ちということで、1週間分だけパウダーにして、残りはホールでお持ち帰りいただきました。

20170623_5.jpg

ハーブのブレンドって美しいですよね。
目にも美しく、働きもうれしいハーブなのです♪


2017年の『Enjoy Herb!』は、ワクチン対策編と夏編の2回をプログラムに組み込みましたが、秋編・冬編もあるとうれしいというお声もちらほら。
なので、番外編で組み込むこともちょこっと考え中です。

----------------

ランチを挟んで午後からは、「犬の植物療法」セミナー Step.3。
4月から始まったセミナーも、いよいよ後半に入りました。

Step.3でお伝えする「外用」は、本当にいろんなシーンでお役立ちで、なおかつわんこでとっても大事な使い方なのです。

この回では、「どう使えばいいの?」と使い方に悩む方も多いハーブウォーター(ハイドロゾル)もご紹介。

飼い主さんの化粧水から、わんこの皮膚ケア、菌系トラブル、ブラッシングスプレー、耳のケア、ちょっとした皮膚炎、そして虫よけにもと、本当に応用範囲が広く、1本あるととってもお役立ちなのがハーブウォーターです。

ハーブウォーターにはいろんな種類がありますが、「とりあえず、どれか1本!」なら、香りや働き、扱いやすさの点で、断然クロモジウォーターをオススメしたいワタシです。(だからこそ、ぽちの和でのお取扱いをさせていただくようになったのでした)


実習は、ハーブの優しい香りと、温かさと、働きを同時に取り入れられる温湿布。

この実習は、かならず飼い主さんご自身にまず体験していただくようにしています。
ご自身で体験すると、「あっ、これ、いいですね!これうちの子にもやってあげます!」とおっしゃいます。

20170623_7.jpg

正直、飲めるハーブティーを外用で使っちゃうなんて、もったいない!
と、当初はワタシも思っていました。(^_^;)
でも、一度体験すると「これはやってあげたい!」と思うんですから、不思議です。
(そのために、実習ではハーブのお持ち帰りもしていただいています。)

20170623_8.jpg
♪い〜い湯だな、アハハン♪ 

お腹を壊した時は、お腹と背中のツボを一緒に温めてあげてくださいね〜。
温湿布だけでなく冷湿布にも是非ご活用ください。

シャンプーがちょっと負担になってきたシニアや、術後のわんちゃんも、ハーブティーで拭きあげてあげるだけで清潔を維持できます。
下痢でお尻まわりが汚れてしまった時や、(ぽちみたいに)尿漏れがあるわんこや、介護中のわんちゃんにも、ハーブの外用はお役にたちますよ〜。
(ぽちも半年近くシャンプーしていません。)

20170623_12.jpg
Photo by ハンナママさん

腸管アレルギーということで、以前はよく下痢をしていたハンナちゃんですが、「ハーブを始めてからはそういえばもう半年下痢をしていません♪」と喜んでくださっています。
が、実は、セミナーの数日前にご連絡をいただき、しばらくハンナちゃんのハーブをお休みしていただいています。
ハーブは穏やかに作用します。
でも、お薬との併用が適さないハーブもあれば、体の状態によってはハーブを休んでいただくべき時もあるのです。


セミナーやワークショップでは、わんちゃんの状態をお伺いしながらブレンドをお作りいただいています。
わんこの身体も常に変化します。
病気が見つかるのはある日突然だったりもします。
こんな時どうしたら?と思ったら、漫然と使い続けるのではなく、必ずご相談くださいね。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ