schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年05月21日

またまたヤツらが

レモンマートルの根っこがヤツらに食い荒らされていました。(>_<)

ヤツら=コガネムシの幼虫です。

最近元気がないなぁと思っていたら、やっぱりです!
土がふかふかになっていて、幹を揺らすと頼りなくすっぽりと抜けました。
細い根はほぼ食い荒らされて、太い根っこしか残っていません。

20170520_8.jpg

新聞紙に鉢の土を開け、選り分けていくと10匹以上はいましたね。
土もヤツらもそのままに、さてどうしよう、、、と家に入って思案していると、チュンチュンと声がして、猫庭を出たり入ったりするすずめの御一行さま。

どうやら、選り分けていたコガネムシの幼虫を退治してくれていたようです。
ありがたや〜。


レモンマートルの鉢を置いている場所は、街灯の近く。
毎年被害に遭うのは、コガネムシが集まりやすい場所というのも関係してるかも?


去年もミカンネットで対策はしていたのですが、今年はさらにがっちりガムテープで止めておきました。

20170520_9.jpg

薬剤を使えばどうってことないのでしょうが、ハーブとして活用したいので薬品は使えません。
復活してくれるといいなぁ・・・。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年05月20日

雄しべだと思ったら・・・

前日にはここまで開いていたカレンデュラ(右京の方)が

5月19日 午後
20170519_25.jpg

今朝はここからスタート。

20170520_1.jpg

たまたまそういう個体だったのか、そもそもそういう種類なのか、花芯が濃いオレンジ色の「右京の方」は明らかに花びらが少な目で、花も少しだけ小振りです。

ただ、花の色は若干濃い目です。

20170519_11.jpg
左:前日に収穫した最初の1輪 / 右:右京の方(プランターに向かって右側なので(勝手に命名))

午後には満開となり

20170520_4.jpg

収穫。

20170520_7.jpg


カレンデュラって、きれいな花ですね。
ハーブをやっていなかったら、多分育てることがなかった植物で、こんな風に美しい花だなと思うこともなかったかもしれません。
この花にすごい働きがあると知って見るとなおさらです。

20170520_6.jpg

実は右京の方が開いて「あれ?」っと思ったのですが・・・。

最初の一輪にあるこれが

20170520_10.jpg

右京の方にはありません。

20170520_11.jpg

真ん中から放射線状に出ているヒゲのようなものを、てっきり雄しべだと思っていましたが、キク科の花は頭状花序という集合体からなり、いわゆる花びらと呼んでいる部分が舌状花、中央のポツポツした部分が筒状花の集合っぽい。(合ってる?)
で、筒状花(とうじょうか)の中に雄しべがあるらしいので、そうするとあのヒゲのような奴はいったいなに?
(右京の方の濃いオレンジの縁に、いくつか筒状花が開いている様子が見えますね。)


収穫は、開花から2〜3日ということは、筒状花が開く前(つまり受粉する前)に収穫するという事かぁ・・・。

ますますもって、大事に使わせていただかなくては!(>_<)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

セリシン入り夏のファンデーションお試し中

夏の紫外線対策。

今年は、これ。

アルガンオイル+ハーブウォーター+セリシン液で作った乳液に

20170519_21.jpg

ミネラルファンデーションの粉を足して

20170519_22.jpg

ブラシで混ぜ、リキッドファンデーション風にして使ってみる。

20170519_24.jpg

悪くないんだけど、乳液がちょっと固めかな。
もっとゆるめのサラサラ乳液に改良したいところ。


紫外線防御、抗酸化作用、保湿、コラーゲン産生と、セリシン液は女性がうれしい働きをたくさん持っています。
夏の日焼けにも、蚊にさされた後の痒みにも良いのです。

5月開催予定が伸びましたが、6月下旬にマルベリー&セリシンセミナーを予定しております。
夏の紫外線対策、虫刺され対策にもいかがですか?


◆◇◆ マルベリー&セリシンセミナー ◆◇◆


日 時:6月29日(木)11:00〜15:00
    初めてご参加の方は11:00〜(ランチをご持参ください)
    リピーター様は13:00〜お越しください
場 所:ぽちの和@セミナールーム(小田急相模原)
参加費:始めてご参加の方 ¥5500
     (10mlバイアル×15本お持ち帰り&作り方の資料・プチセミナー付き)
     リピーター様 ¥4500
     (10mlバイアル×15本お持ち帰り)

    マルベリーを使ったデザートをご用意いたします。

※ 必ずパッチテスト後にご使用ください。
※ 作ったセリシン液は、追加で1本300円にてお持ち帰りいただけます。
 (おひとりさま10本まで。)
※ +300円でさらに使用感をUpする美容液に加工したセリシン液を、追加で1本お作りいただけます。
※ わんちゃんへの使い方ももちろんご紹介します。

過去にセリシンセミナーにご参加いただいた方へは、ぽちの和にて保管しているセリシン液をお送りすることも可能です。



お申込み&お問合せ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マルベリー&セリシン

2017年05月19日

そして収穫

一輪目のカレンデュラが満開となりました。

収穫時期は、開花から2〜3日目だそうです。
ちょうど今。

このまま咲かせておけば、1ヶ月くらい花期があるはずなのに・・・。

なんだか申し訳ない気持ちがしますが、心を鬼にして収穫。

20170519_12.jpg

花は花で、根は根で、

一番充実している時期に

一番美しい時期に

これから最盛期という時に

次の年のためにしっかり蓄えた時に

植物からのパワーをもらう。

ハーブってそういうことなんだよねと、あらためて思う。

植物の命をいただいているのだから、大事に使わせていただかなくてはとしみじみ思います。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

ついに満開に

2017.5.18
20170518_1.jpg
朝には閉じていたカレンデュラの花が

20170518_5.jpg
午後にはほぼ満開にまで


今朝はここからスタート。
20170519_2.jpg

完全に閉じちゃう訳ではないようです。

20170519_6.jpg

お日様があたる午後には全開となり、何層にも重なった花びらに埋もれていた雄蕊が顔を出しました。

20170519_8.jpg

右京の方も開いてきました。

20170519_9.jpg

花びらの量はちょっと控えめですが、花色は濃いです。

20170519_11.jpg



コーンフラワーの蕾も日に日に大きくなっています。

20170519_1.jpg


苗から迎えたセントジョーンズワートも元気です。

20170519_4.jpg

夏至まであと1ヶ月ですが、今のところ全く蕾の気配はありません。



葉焼けしてしまったクロモジを、鉢と鉢の間の日陰になる場所に移動して2週間。

20170519_3.jpg

新芽が出てきました♪
元気を取り戻してくれて良かった。



ぽち、3歳の誕生日にいただいたカラーが



今年も芽を出してくれました。

2017.5.18
20170518_3.jpg

いつのまにか消えちゃうことの多い球根植物ですが、今年でなんと14年目。
去年は芽を出すのがやっとで花を咲かせる事ができず、少しだけ肥料を入れておいたのですが、今年はどうかな?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん