schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年04月18日

ローゼルも発芽♪

二度とやらないと誓ったはずが、なぜか日曜日は自治会の総会でした。^_^;
引継ぎが終わったらとっとと帰宅してハーブの植え替え。


セントジョーンズワートの種を蒔いた鉢には小さな芽がいっぱい出ています。

20170416_9.jpg
(ピンクの〇で囲った部分がセントジョーンズワート、黄色い〇で囲ったところが正体不明植物。)

これって、再生土だったっけ?
再生土だとしたら、カタバミの可能性が高いのですが、新しい土を使っていたならセントジョーンズワートの可能性もゼロではない?

形は非常に似ていますがこれだけサイズが違うってことは、多分違うと思うんですよね。
いずれにしろ、もうしばらくしたら正体がわかると思います。

仮にセントジョーンズワートだとしても、花を咲かせてくれるのはピンクの〇で囲った方のセントジョーンズワートかなぁ・・・という気もします。


コーンフラワーは、4年目となったエキナセアのプランターに定植。

20170417_4.jpg

マロウブルーも

20170417_1.jpg

マロウムスクもポットから鉢に移しました。

20170417_2.jpg



マロウムスクは草丈50cmくらいなので鉢のままでも良いかも?ですが、マロウブルーは草丈1mくらいまで成長するので、この鉢では窮屈になるはずです。
地植えしちゃう?


そして、11月のセリシンセミナーにご参加くださった方にいただいたローゼルも、種を取りポットに蒔いてから1週間ほどで、一気に発芽。

20170417_3.jpg

発芽したということは、育てよということ。
ますますプランターのやりくりに困ることになりそうです。(笑)


玄関脇の鉢で過ごしていたクロモジの苗も地植えしました。
背丈は35cmくらいのまだまだ小さい苗です。
門扉を越え、剪定が出来るようになるのは何年先かな。

明け方から雨だけじゃなくて風も強くなりました。
根っこが弱々しかったので、ちょっと心配。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年04月17日

さくらの香りを抽出するPart.2

一晩置いたさくらの香りの蒸留水ですが、、、、。
あくまで個人の感想かつ、希望的観測もあるかもですが、昨日よりも青っぽい感じが若干薄れた気がします。

2回の蒸留で40mlほどの蒸留水ができたので、いよいよ 「さくらの香りを抽出する Part.2」 に入ります♪

Part.2ではオイルに香りを移します。
昨日、塩を加えたのはその前処理です。


ハーブにしても、野菜や食材にしても、自然の恵みをいただく場合、資源を無駄にしない、作ったものを 「ちゃんと使う」 ってとっても大事な部分です。

なのに去年は、香りはすばらしく桜餅だったのですが、その工程から 「これってお肌につけて平気なのかな?」 と、なんとな〜く使用を躊躇しての 放置 → 処分 でした。(>_<)

「ちゃんと使う」 ためには、 「これなら使える!」 という安心と、使いやすくするための加工が必要。

Part.1の蒸留は、ワタシにとって「お肌に塗っても平気かな?」 の不安を払拭するための工程でした。(しょっぱい海水だって、蒸留したら真水として飲めると言いますからね。)

でも、蒸留水のままではあんまり長持ちがしないし、用途も限られます。
もっと使いやすく加工するための工程が Part.2のオイルに香りを移す作業です。

20170417_7.jpg

今年はホホバをチョイス。

超楽しい♪♪♪
早く明日にならないかな。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

ホリスティックを知る強み

実は昨年から、獣医さんと、(ヒトの)漢方・鍼灸のプロフェッショナルが主催している、動物のための漢方セミナーに参加しています。
もちろん、ワタシは獣医療について語れる立場ではありませんので、一番後ろで静かに聞いてメモを取るのみです。

あのセミナーに参加されている獣医さんたちは、これまで西洋医学の獣医学を学び実践してきて、その後、東洋医学も治療に取り入れておられる方や、取り入れ始めようとされている方々。
人間の世界にも西洋医学と東洋医学の融合、統合医療へという流れができていますが、動物医療にも ですね。

諸先生方の話を聞いていて、「あぁ、やっぱりこの方たちは獣医さんなんだな」 と思ったのが、飼い主さんの訴えに対する答えが “薬” や “治療” になるところ。

一飼い主であるワタシ自身の経験から言うと、飼い主が動物病院に行く理由には、病気ももちろんあれば、病気未満のお悩みの場合もあったりします。

病気には、薬や治療が必要。
でも、病気未満のお悩みには、お薬じゃない方法 (ごはんとか、ハーブとか、生活とか、トレーニングとか etc...)、いわゆるホームケアでなんとかなる部分もあるのにな・・・と思います。

20170416_12.jpg

動物病院は “治療” をする場所で、獣医師は “病気を治す人” という立場もあるのでしょう。
獣医さんの治療が “薬” になる理由には、チャチャっと治れば 「あそこは良い病院」 、長引けば 「あの先生はヤブ」 そう判断しちゃう飼い主側の意識にも問題があると思うし、もしかしたら獣医さん側にも、「家でできることは全てやった結果の来院」 という思い込みがあるからなのかもしれません。

飼い主さんが、もう少しホリスティックな視点を持つことで、時にはとっても簡単な方法で・お薬以外の方法で・ちょっと何かを変えるだけで、解決できることもあったりします。

ぽちの尿漏れや、うみちゃんのごはん、りょうちゃんの抗生剤、ゴンちゃんの発作みたいにね。

ホリスティックに関心を持つ・・・ということは、実は 「愛犬のケアへの目覚め」 だと思います。
今までは元気いっぱいで、全くケアの必要性がなかったとしても、少しずつ犬も老いていきます。
そんな時に、わたしが 家で やってあげられること を持っておくのは、わんこにとっても、そして飼い主さん自身にとっても幸せな事だと思います。

でもね、ホリスティックを過信しないことも大事。
病院での治療が必要な場合と、ホームケアでできることの切り分けも必要ですし、何事もバランスです。

西洋医学にも東洋医学にも、その他の代替医療にも得手不得手があります。
ぽちの和を始めた当初から 「両輪」 という言葉を使っていますが、どちらか一方だけでなく、両方をうまく統合して、俯瞰して見ることができると良いなぁと思います。

植物療法をお伝えするワタシの仕事は、病院での治療とご家庭でのケアを繋ぐ事でもあるんだなと、改めて思うことの多かった 2017年の春。


20170416_14.jpg
ぽちさん、オムツが取れました♪


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年04月16日

さくらの香りを抽出するPart.1(急いては事を仕損じる?)

二回目の蒸留が終わりました。

今度の香りは、桜餅にちょっと青臭い香りが加わった感じ。
桜の品種が違うからなのか、ガクやら軸が入っていたからなのか・・・。

なんかちょっと違うなと思いつつ、二回分の蒸留水を混ぜてしまいましたが、混ぜずに最初の蒸留水だけで作ったほうが香りの良いオイルになっていたかも?

そうは言っても、混ぜちゃったものは仕方がない。(*´Д`)

20170416_11.jpg

とりあえず、塩を入れてシェイクして、一晩だけ置いてみます。


今年のさくらの香りシリーズは、順調に行けばPart.3まで続きます。

超楽しい♪♪♪

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

posted by ぽちの和 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

さくらの香りを抽出するPart.1(蒸留2回目)

昨日の強風で、きっとたくさん桜の花が落ちてるに違いない!
・・・と、今朝はカート出動でぽちのお散歩。

20170416_3.jpg

が、散っているのは花びらばかりで、ガクから落ちてるソメイヨシノはありませんでした。(>_<)

なぜカート出動か?
それは、ワタシが桜を拾う間、ぽちさんにカートで待機してもらうためです。

20170416_5.jpg

今日一番の収穫がこちら。
確か、アーコレードと書いてある桜の近くに落ちていました。

20170416_6.jpg

なんとか蒸留1回分くらいの花びらを拾い集め、帰りはぽちの歩調に合わせてゆっくりゆっくり帰宅。



老犬を連れてるとね、本当によくお年寄りから声を掛けられます。
(これって、若犬だった頃には経験しなかったことです。(^_^;))

往路で会い、復路で追い越された7歳の柴わんこの飼い主さん(還暦くらい?)にも「何歳?」と声を掛けられました。
「うちのもこんなになるのかな?」
はい、なります。
でも、ちっとも悲しいことではないですよ。
より愛が増します。
シニアわんこって、ほんとうにかわいいですから♪



帰宅後、再びのさくらの蒸留。

20170416_8.jpg

第一弾は、ソメイヨシノが9割でしたが、第二弾は、いろんな桜の品種がまぜこぜです。
香りも違ったりするのかな?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by ぽちの和 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん