schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年08月08日

ごはんの器、製作中

7月30日に、早速彫り始めた木の器です。

20170730_7.jpg

器のように内側が深いものは、普通の丸刀では彫れません。

丸曲刀で彫るのですが、この丸曲刀がワタシはうまく研げない。(>_<)

20170808_10.jpg


切れない刀にワタシがキレながら、なんとかここまで。

ちょっと小さいかな?

20170808_1.jpg

最初は外側も丸く角を取るつもりでしたが、木の器は軽いです。

器がコケないように、底は平らなままにしておこうと思います。

ごはんを舌ですくい取りやすいよう、横と奥に少し返しを付けています。

しっかりペーパーをかけたら、クルミのオイルを塗る予定。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

膣炎(?)のその後のその後

ぽちさんの、膣炎疑惑のその後のその後です。

尿臭もだいぶ薄らぎ、トイレの間隔もほぼ通常モードになりました。(3〜4回/日)
ピーク時は4時間置きにトイレでしたので、正直ほっとしました。(^_^;)
ぽちも落ち着いて過ごせているし、正直お世話係も落ち着けませんでしたので。

多飲についても、このところ少し落ち着いています。
多飲多尿は腎臓の問題なので、膣炎には直接関係がないのですが、結果的におしっこの量が増え、菌を溜めないという点で膣炎の改善に一役買ったようにも思います。


泌尿器トラブルにもいろいろありますが、膣炎や膀胱炎だったらワタシはクランベリーを使います。
刻んでごはんに混ぜれば普通に食べてくれます。

20170808_8.jpg

多分、雄わんこの包皮炎にも良いと思います。

「1頭だけ尿臭の気になる子がいて・・・」 と、昨年の『Enjoy Herb!』のおしっこトラブルの回にご参加いただいたお客様がおられるのですが、先日お会いした際にも 「クランベリーいいです!」 と喜んでおられました。

昔は、サプリメントで販売されているクランベリーパウダーなんかも使っていたことがありますが、パウダーよりもフレッシュクランベリーの方が頼もしいというのがワタシの実感です。

自然のものでケアできるっていいですよね。


クランベリーとは別に、膣炎対策のハーブケアはもう少し続けます。


今日のぽちさんは、ちょっとハァハァしています。

20170808_3.jpg

が、これは尿意ではなくて、多分、気圧かな。

台風5号が日本列島を北上中。
各地で大きな被害が出ているようです。
わんこも人もお気を付けください。
発作のあるわんこ、ヘルニアをやったわんこ、シニアのわんこは特に・・・。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽちの腎不全

2017年08月07日

ぽちに車イスを作るのだ!(vol.1)

ぽちに車イスを作ることにしました!

歩けなくなったからではありません。

花小金井塾のメンバーには、介護も学んだメンバーがいます。
彼女たちの 「歩けなくなる前に作ったほうがいいよ〜。」 をきっかけに、車イスの購入を考えることにしました。


犬がシニアになるにつれ、活動量が減り、寝ている姿ばかりを見るようになります。

20170807_2.jpg

そうは言っても以前は家の中で頻繁にベッドの移動をしたり、日向と日陰を行き来したり、外の気配に窓辺に来てヤジウマをしたり、「お散歩行くよ〜」 でテーブルの周りを追いかけっこしたり・・・がありましたが、それらが今ではほとんどありません。

「立って」 と言われると以前はシュタッと立ち上がっていたのが、今はふにゃりとしていて立ち上がらない(立ち上がりにくい)状況もあったりします。

ベッドからお尻が落ちていても、「面倒くさいからこのままでいいや」 って感じもあったりします。

20170807_3.jpg


お散歩も、ほとんど前足で歩いています。
ごはんを食べながら、いつの間にか尻もちをついてオスワリで食べていることもあります。
後ろ足を軸にして、前足だけで方向転換をするようになりました。

日によって歩様も変わります。

20170807_4.jpg

今日は快調という時もあれば、足取り重くダラダラ歩きの時もあり、コケッとなる時はハーネスでちょっと吊り気味に歩いたりもします。
前足が出にくい時には、軽く引っ張り気味に歩いたりもするのですが、もしかしたらそれも車椅子で自由に行きたい方向に動けるようになったら変わるのかも?


歩くことで内蔵の動きも良くなります。
適度な運動は、ぽちのような腎不全のわんこであっても必要だと思います。

それと、脳への刺激。
匂い、足裏の感触、空気、音、風、よそのわんこや景色 etc・・・と、お散歩には刺激がいっぱいです。

短距離を時間をかけてだらだら・・・だったぽちのお散歩ですが、車イスで自由に動けるようになるとお散歩の質を変えられるかも?と期待しています。



というわけで、ぽちの車イスを「ポチの車イス」さんで作っていただくことにしました♪
メールをしたところ、週末に予約が取れました。
ちょっとワクワクしています♪


「ポチの車イス」
「大型犬の老犬介護」 → 車椅子は犬の足の代用じゃない!心と体にリハビリ効果


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
posted by ぽちの和 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアわんこ・介護

2017年08月06日

真っ赤な桃ジャム

今年もこの季節になりました♪

20170805_9.jpg

ワタシ、果物の中で一番桃が好きかも?です。
桃は繊維質が豊富なので、便秘がちな方にもおすすめです。


いろんな品種がある桃ですが、8月になると甘くて固い桃が出てきます。

固い桃に包丁を入れ、半分にパカッと割ってリンゴのようにシャキシャキ齧って食べるのがおいしいんです♪
でも、今回の桃はちょっと柔らかめかな。


もうひとつ、この時期のオタノシミが真っ赤な桃ジャム♪

20170805_1.jpg

よーく洗ったら半分に割って種を取り出し

20170805_6.jpg

ザクザク刻んで

20170805_3.jpg

三温糖をちょこっと足して

20170805_4.jpg
(我が家は酸味のあるほうが好きなので、砂糖控えめです)

皮ごと煮たら真っ赤な桃ジャムの完成です。

20170805_5.jpg

美味でございます♪

20170805_8.jpg

パイでも焼こうかな?

ムースもいいね♪

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つくる・育てる・実験くん

2017年08月05日

歯磨きしてる?

先日、3ヶ月通った動物歯科学の講座が終了しました。

20170721.jpg
(終了と修了は違うそうです。
講座の受講を終えたということであれば「終了」、試験を受けて合格すれば「修了」だそうです。
ナルホドそうだったのですね!)


一緒に学んだメンバー内では、「花小金井塾」 と呼んでいました。
午前中から夕方までみっちり・・・の日もありましたが、この3ヶ月、この講座が楽しみでなりませんでした。
最終日には、「終わっちゃったね〜。なんか寂しいよね。」と全員が口にしていました。

ぽちの歯科治療経験も照らし合わせながら、知識や情報をアップデートし、歯学博士でもあり獣医師でもある林先生から、動物歯科学について学ばせていただきました。


口腔ケアが重要なのは、犬も人も同じです。

最近は、愛犬の口腔ケアの重要性を伝えるところも増えてきました。
歯磨きや口腔ケアの方法を伝えているところも多いのですが、
あおむけにしてスケーラーでガリガリ・・・なんて問題外。
その道具で本当にいいの?
その姿勢でいいの?
それってちょっと違うよね
と思うものが、学んだ後ほど目につくようになりました。


根本原因が歯で、そのために他の部分に大きなトラブルが出じる場合もあるのです。
そうならないためには、予防こそが最大の治療です。

予防を考えるなら、パピーのうちから歯磨きに慣れさせるのが一番です。
トレーナーさんに歯ブラシに慣らしてもらえれば・ポイントを抑えて教わることができれば、家での歯磨きも楽に継続できるようになると思うのです。

でも、歯磨きが難しいわんちゃんも多いのが事実。
いきなりがむしゃらに歯磨きをはじめて 「歯磨きなんて二度とごめんです…>_<…」 な不幸なわんこと飼い主にならないように・歯ブラシを見るとわんちゃんがイソイソとやってくるように、わんこと楽しみながら正しく歯磨きができるよう教えてくれるのが 動物歯科について学んだトレーナーさん だと思います。

トレーナーさんて、パピーや問題犬だけがお世話になる職業だと思っているかもしれませんが、違いますよ〜。
わんこに何かを楽しく教える” 事に長けている方達ですから、あの方達を利用しない手はないと思うのです。(笑)
パピーじゃなくても、問題犬じゃなくても、「歯磨き」というテーマに愛犬と飼い主が楽しく取り組めるようにお願いしてみるのもアリだと思います。

だからこそワタシ、全てのトレーナーさんに口腔ケアについて 正しく!(←これ重要)” 学んで欲しいと思っています。
(それともうひとつ、実は、犬の介護をやってる人達にも、口腔ケアをしっかり学んで欲しいと思っています。)


口腔ケアだけでなく、全てのケアはずっと人任せで良い訳ではなく、飼い主がやってあげるところに大事な意味があります。

歯磨きにしても、ぽちの和がお伝えしているハーブ(植物療法)にしても、ケア=健康管理だけではなくて、愛犬とのコミュニケーションという要素がとても大きいです。

ハーブもね、ケアに役立てられるようになると、愛犬の普段の様子をもっとよく見るようになります。
うんちは? おしっこは?
匂いや頻度は?
歩き方や姿勢は?
ごはんの食べ方は? と常に見て、常に触っているからこそ、病気も早く発見できます。

歯磨きも同じですよ。


9月の『Enjoy Herb!』のテーマは「愛犬の口腔ケア」です。
『Enjoy Herb!』では、口腔ケアについて正しい情報をお伝えし、ケアジェルを作ります。
その上で、ご希望があれば LLC動物歯科医学研究所 で 動物歯科学の講座を一緒に受講したトレーナーさん をご紹介できます。


ぽちの和では、ぽちの歯科治療経験から学んだ事などをベースに、これまでも愛犬の口腔ケアについてのセミナーを開催してきました。(しくじり先生だからこそ学んだし、伝えられる事も多々あるのです。)
今回、知識や情報のアップデートをすることができたので、過去にぽちの和の「口腔ケア」セミナーにご参加いただいた方へは再受講制度を設ける事にしました。

これまでにぽちの和の「口腔ケア」のセミナーにご参加いただいた方は、受講料の半額(1500円)にてご参加いただけますので、「再受講です」とひとこと添えてお申込みください。

申し訳ありませんが、再受講価格の適応は、ぽちの和@セミナールームのみとさせていただきます。m(__)m
『Enjoy Herb!』の日程が合わない場合は、別の日程でも開催いたしますので、ご希望の日程をご連絡ください。

また、通常700円にて販売している林先生オススメの歯ブラシを、「愛犬の口腔ケア」セミナー当日に限り、1本500円にて販売いたします。
(普段私達が手にする歯ブラシとは全く違いますので、是非触って比較してみてください。)

お申込み&お問合せ

※ 同じ内容の口腔ケアセミナーを、8月19日(土)のDog School Queueさんでの「はじめてのハーブケア」(第2部)でも開催します。
お近くの方は是非ご参加ください。m(__)m

---------------

実は、動物歯科学の受講をきっかけに、これを使い始めました。(ぽちではなくワタシがです)

20170723_1.jpg

30秒経過すると音が鳴ります。
上顎の左右、下顎の左右と4つに分けて、それぞれ30秒ずつ磨いてね〜のサインです。
つまり、2分で歯磨き完了です。

使い始めて思ったのが、意外と2分って短いのねってこと。
それと、(自覚してなかったけど)磨きやすい部分と磨きにくい(苦手な)部分があるということ。

ワタシの場合、下顎の方が磨きやすくて、上顎(特に右側)が苦手です。
下顎の30秒はあっと言う間ですが、上顎は同じ30秒が長いな〜と感じてしまいます。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の歯のこと