schedule.gif


個々のセミナーの内容と日程は、下記のセミナー名をクリックするとご覧いただけます
ぽちの和くらぶ / 犬の植物療法 / 
人と犬のための植物療法 / マルベリー&セリシンセミナー / 
Enjoy Herb! / メディカルハーブ検定対応講座 / コラボ&イベント

2017年03月10日

わんこの目をサポートするティンクチャー作り

何件かお問合せをいただき、昨年開催したぽちの和のマニアッククラフト 「わんこの目をサポートするチンキ剤作り」 を今年も開催することにいたしました。


ワタシがハーブを好きな理由。
いろいろあるけど、一番は、ぽちと一緒に使えるから。

ワークショップなどで作るハーバルケアグッズにはいろいろなものがありますが、ぽちだけでは消費しきれないものって結構あります。
市販品のように保存剤などを入れない手作りグッズはそんなに長持ちしないんです。
だから、「無駄なく一緒に使える」ってワタシの中では結構重要。

そんな、ぽちにも、ワタシにもお役立ちでずっとリピートしている手作りアイテムのひとつがビルベリーのティンクチャー。
夏の紫外線対策に、白内障の予防に、飼い主さんの眼精疲労にと、目の健康をサポートするチンキ剤です。


ビルベリーは目に良いだけではなく、毛細血管を保護してくれます。
糖尿病性網膜症や静脈瘤、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも用いられてきました。
そして、腎臓は血管のかたまりのような臓器とも言われます。
血液をろ過し、老廃物を尿として排出し、綺麗な血液にして静脈に戻すという働きをしています。
当初は白内障の予防にと、ぽちの目をサポートするために・・・でしたが、今は目だけでなく腎臓のためにも取り入れています。



ワークショップでは、30mlのスポイト付き遮光瓶に1本ちょっとができる量を漬け、さらに2回漬けられる量のビルベリーをおつけします。(ワークショップにご参加いただくと、ビルベリーティンクチャーが3〜4本作れることになります。)
昨年同様、スポイト付き遮光瓶もお付けしますので、チンキ剤が完成したらスポイト付き遮光瓶に入れてお使いください。


◆◇◆ わんこの目をサポートするティンクチャー作り ◆◇◆


会 場 : ぽちの和@セミナールーム(小田急相模原駅より徒歩6分)
開催期間 : 2017年3月〜8月のぽちの和クラブ(毎月1日)
       4月1日(土)、5月1日(月)、6月1日(木)、7月1日(土)、8月1日(火)
       上記以外の日程も可能ですのでご希望をお知らせください
       セミナーやワークショップ時のついで開催も可能です(所要時間30分))
参加費用 : 5000円(税、材料費込み)
       昨年ビルベリーのワークショップにご参加いただいた方は
       4400円(税、材料費込み)でのご参加が可能です。
募集人数 : 5名様程度

※ ビルベリーがなくなり次第終了となります。


お申込み&お問合せ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

甘味の正体は?

昨日は久〜しぶりのMちゃんとのマッサージ会♪

20170309_2.jpg

いそいそとMちゃん宅へ出かけて行きました。

ミモザサラダが主菜のMちゃん手作りランチ♪(もちろんビール付き(笑))

20170309_3.jpg
いつもありがとー&ごちそうさま♪

と、昨日はちょっと変わったものもお味見させてもらっちゃった♪

20170309_5.jpg

榮太樓&獺祭コラボの甘酒。
お味は酒粕の甘酒で、アルコールは1%未満。
「和菓子屋のあま酒」と書いてあるだけあってかなり甘い。(笑)

それともうひとつ。

20170309_4.jpg

こちらの紅茶もいただきました。

カロリーゼロなのに、口に含むと甘い!
口に残らない甘さなんです。
リコリスとかステビアとは違う甘さ。

なんだろう?この甘味の正体は?とパッケージを見たところ

20170309_4a.jpg

う〜ん、このブレンドで甘くなる理由がよくワカラン。
てかスイートクローブって何?(^_^;)

良い桂皮はそれだけで甘く感じるというのは知っていますが、それにしてもこの甘さは???

試しに、出涸らしにお湯を入れて数時間放置。
その後に飲んでみると、さらに甘い!
「甘く感じる」 のと 「甘い」 のとは違うと思うんですよね・・・。

ブレンドの妙で甘さを感じる事ができるとしたら、それはスバラシイ!!
そんなブレンドを作ってみたいものだとブツブツ言ってると、Mちゃんがティーバッグを少し分けてくれました。(Mちゃん、ありがとー!!(≧▽≦))

20170309_6.jpg

実はですね。
帰りの車内でFacebookに投稿したら、ハーブ仲間で「デカフェじゃない方を飲んでます」という方とのやりとりの中で、甘さの理由がわかりました。

natural and artificial flavor

つまり、天然&人口調味料的なものが入っている そうです。



帰宅してティーバッグをさっそく解体。

20170309_7.jpg

パッと見でわかるのは、紅茶の茶葉とオレンジピール。
シナモンとクローブは目視で確認できる状態ではなかったので、パウダーか、もしくは香料の形で入っているのかも?

茶葉を口に含むと甘い!(やっぱりか!)
そして、ニッキ(シナモンというよりニッキって感じ)の香りがむっちゃスパイシーで、舌がピリピリ痛いったら。( ;∀;)



Facebookに「羅漢果シロップ漬けの茶葉とか?(笑)」
なんて冗談で書いていたら、(羅漢果かどうかは不明ですけど)シロップ漬けの茶葉ってのはどうやら本当みたいです。

シロップ&香料漬けの茶葉ですね。

甘さの正体を知りたくて解体してしまいましたが、この紅茶、わたしは嫌いじゃないです。
(解体後の茶葉は、このあとチャイでおいしくいただきました。)



もともと珈琲党のワタシは紅茶に疎いのですが、アールグレーはベルガモットで香りをつけたもの・・・という話だけは知っています。
ベルガモットの何で香りを付けてるの?も気になってきた〜。
もしかしたら精油だったりする?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年03月09日

原因がわかりました

昨日の発疹と痒みのその後です。

実物とスマホ画面ではよくわかるのですが・・・。
わかるかなぁ・・・。

20170308_2.jpg

赤丸で囲ったところが、なんとなくぼやぼやっと腫れ、一番痒かった部分。
青丸で囲ったところも、写真ではわかりませんがちょっと発疹ができて痒かった場所。

塗ってわりと早い段階で痒みは消え、中央のぼやっとした腫れと赤味が引き、「く」の字を逆にしたような赤い輪郭線になりました。

20170308_3.jpg

昨日は午後から「犬の植物療法」セミナーだったのですが、セミナー中も全く気にすることなく過ごし、セミナーが終わった夕方に、腫れと痒みの原因がわかりました。

20170308_5.jpg

今朝、撮り直した写真。
    ↓
20170309_1.jpg

ちょっと皮がめくれて、ひっかき傷のようなものがあります。

つまり、今回の発疹、直接の原因は接触性の皮膚炎。
何かで引っかいたか、ぶつけて、それが刺激になって腫れたのだと思います。
(知らないうちに青あざができていたり、記憶がないのに傷ができてたりがちょいちょいあってヤバいなと思うお年頃。(^_^;))

アレルギー体質の人って、引っかいた部分が赤くミミズ腫れになったりしますが、それですね。
ワタシの場合、ミミズ腫れができるのは一年中ではありません。
このサインが出てくるときは、ちょっと身体のこと気を付けなきゃと思っています。

そういえば、先週も1日だけやたら鼻がズルズルだった日がありました。
なんだろ?花粉症再燃か?と思いましたが、ひどかったのは1日だけで、翌日は平気でした。
ここんとこ外出続きでちょっと食生活もいいかげんだったりもしていたので、気をつけなくては!です。

20170308_4.jpg

春は、いろんなサインが出てくる時期です。
いろんなものが動き始め、冬の間に溜めこんでしまったものを、排出しようとする時期です。
わんこの場合、春に皮膚トラブルが出てくる子も多いですよね。

冬の間に余計なものを溜めこまないようにしていくこともすご〜く大事。
わんこだけでなく、自分ケアも怠ってはいけません。


今回はぽちではなく自分の手だったこともあり、ハーブウォーターなどを使わずにいきなり多目的ブレンドを試してみました。
結果、悪化する前の早目のケアに利用するのは有効だと思いました。
(今後もチャンスがあれば試していきます。)

ただ、間違えて欲しくないのは、急性の症状に外用で使うということは、つまり医薬品と同じ対症療法です。
「症状を起こりにくくする」 ために精油を使うことはできません。

皮膚トラブルには様々な原因があります。
何かの疾患が根本にあれば、それを治療することが必要。
そうでない場合は、そこはやっぱり普段の生活や食事、体質改善だと思います。

それって、獣医さんでも病院でもなく、飼い主だけがやってあげられることです。

そして、そういう部分にもハーブが力を貸してくれます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年03月08日

動物へのアロマセラピー

2月から4日通った動物へのアロマセラピーセミナーが終了しました。

猫にアロマが禁忌ということは、ブログにも何度か書いていますが、セミナー初日からびっくりすることがたくさんでした。


ぽちの和の『犬の植物療法』の中では、アロマについてほとんど触れていません。
4日間学んだ結果、やっぱりアロマは最終手段だと思います。
「アロマの前にハーブでしょ」は、ゆるぎません。
そして、どうしてもアロマを使う必要がある場合は、正しく知って、正しく使うことこそが大事と思います。


犬とアロマについての講座は、いつかきちんと形にしたいと思っています。
が、その前に試験!!!
4日間のセミナーは、認定試験の受験資格にすぎません。
試験問題をいただいて帰りましたが、結構なボリュームです。( ;∀;)
セミナーの受講は終わりましたが、まだまだ先生とメールのやりとりをすることになると思います。


3.11からもうじき6年。
セミナーの休憩時間にいただく紅茶やコーヒー。
使う水、ランチ後のデザートなど、私達受講者が口にするものにもとても神経を配ってくださっていました。
しばらく通信教育しかやっておられなかった理由には、それもあったそうです。

動物へのアロマについて、正確な情報を得られたこと。
お二人の先生はもとより、一緒に受講した方が、アロマと真摯に向き合っておられる方と、ワタシと同じ犬軸の方だったことにも感謝しています。


最終日の実習で、多目的ブレンドを作りました。
実は今朝、左手の甲がちょこっと赤く腫れてむっちゃ痒かった。
掻きむしると蕁麻疹に発展しそう?なイヤーな痒み。
(過去に蕁麻疹で全身ボコボコになった経験アリのワタシ。^_^;)
これは、多目的ブレンドを試す絶好のチャンスでしょ。

image.jpg

ということで、早速塗って、只今、経過を見ています。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

2017年03月06日

皮膚&お腹ケアのハーブ

今日は夕方から、生活の木 町田校さまでの講座。
「愛犬と一緒にハーブ 〜ハーブでわんこにできること〜」



10月から 口腔ケアジェル、肉球クリーム、ブラッシングスプレー作りと開催してきましたが、3月はいよいよわんこのハーブをブレンドします

皮膚ケア&お腹ケアに役立つ温湿布体験と、ハーブのブレンドと盛り沢山の実習です。


(写真は「犬の植物療法」開催時のもの)

ハーブ初体験の子もいるのかな?

わんちゃんたちの反応が気になります。

※ 生活の木町田校さまでの講座は、わんこ同伴不可となります。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
ぽちの和は、人と犬のためのハーブ(植物療法)をお伝えしています。
HPはこちら ⇒ 「ぽちの和」


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
posted by ぽちの和 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ